日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

マクロビアンの正しい意味と、ベジタリアンとの違い

マクロビオティックを実践している人を「マクロビアン」と呼ぶことがあります。マクロビオティックは、玄米菜食を中心にした食生活で健康な暮らしを目指す生活スタイルですが、いわゆる「ベジタリアン」と呼ばれる菜食主義の生活とは大きな違いがあるようです。

 

マクロビアンの正しい意味とベジタリアンとの違いについて説明します。

 

マクロビアンとは

 

一般的には、マクロビオティックを実践する人=マクロビアンという意味で使われています。マクロビオティックは、単なる食生活のことでなく生活全般に至る考え方、思想であり、学問ともいえるべきものでマクロビアンは、2大原則(身土不二、一物全体)と陰陽論に沿った食事法を実践しマクロビオティックの考え方を大切にしながら生活している人のことを指しています。

 

また、日本をはじめ海外でも健康意識の高いセレブリティの中にもマクロビアンは多く、健康志向と同時に美容、アンチエイジングの面からも食生活を変えマクロビオティックを実践する人が増えています。

 

マクロビアン以外のヘルシーな食事法

 

よく混同され、比較されるのが、マクロビアン以外のヘルシーな食事法を実践する「ベジタリアン」です。ベジタリアンには、実は多種多様なタイプがあり、「食べるもの・食べないもの」、また主義や理由により名称も異なり区別がされています。代表的なベジタリアンの名称をあげてみましょう。

 

ベジタリアンの種類

・Vegetarian(ベジタリアン)

菜食主義者です。道徳的、健康的、宗教的理由などから動物性食品を避けることを実践している人を指します。

 

以下にあげる名称の実践者のこともベジタリアンと総括されることもあります。

 

Vegan(ヴィーガン)

肉、魚、卵、乳製品、またそれを含む全ての食材を食べません。厳格なヴィーガンの場合は、毛皮や動物実験をした製品も使用しません。

 

本来は、「人間は動物を搾取することなく生きるべき」という主義から起こった運動で倫理的、宗教的などの理由から主義として実践している場合が多いとされています。

 

ただし、皮製品などは使用し、食事のみに限った制限を行う人達のことを「ダイエタリー・ヴィーガン」といいます。日本で指す菜食主義は、こちらのことを意味する場合が多いようです。

 

Lact Vegetarian(ラクト ベジタリアン)

乳菜食者です。乳製品と野菜など植物性食品を食べます。

 

Lact-0V0 Vegetarian(ラクト オヴォ ベジタリアン)

乳卵菜食者です。乳製品、卵、植物性食品を食べます。

 

OVO Vegetarian(オヴォ ベジタリアン)

卵菜食者です。卵、植物性食品を食べます。

 

Fruitarian(フルータリアン)

果実食主義者です。肉や魚、卵、乳製品も食べず、果物、豆、ナッツなどを食べます。

 

マクロビアンとベジタリアンの違い

 

ベジタリアンには細かな分類がありますが、一般的にイメージされる「ベジタリアン」は「菜食主義」と呼ばれ、肉魚を食べない人のことを指しています。

 

ここでは、総括して「ベジタリアン」と分類し、マクロビアンとベジタリアンのポイントを比較してみましょう。

 

ベジタリアン

・菜食主義

・動物の肉(魚、乳製品、卵など主義によって異なる)を食べない

・主義によっては、動物製品も使用しない

・健康的、道徳的、宗教的理由による食制限を行う

 

マクロビアン

・穀物菜食を基本とする

・動物の肉、卵、乳製品を避ける。白砂糖、添加物なども避ける

・マクロビオティックの2大原則(身土不二、一物全体)及び陰陽論の思想に基づくルールを理由した食事法を行う

 

このように、避けるべき食材は同じようなものだとしても大きな違いは、その理由にあります。マクロビアンは、動物に対しての愛護や反論思想、倫理的思想という主義ではなく、肉や魚は日本人の食生活にあまり適しておらず、積極的にとる必要がないと考えているため食べることを避けています。

 

また、マクロビオティックでは、同じ穀物は食べますが、例えば白米より玄米といった精製されていない状態の穀物を選ぶことをします。

 

調味料にも添加物や農薬が使われていないものを選び、製造過程にもできるだけ自然に近い製法を選ぶなど細かなルールでも違いがあると言えるでしょう。

 

ベジタリアンとマクロビアンは、食事方法だけを見ると似ているようですが、根本的な思想と内容からは大きく異なるスタイルだといえます。

 

マクロビオティックはそもそも玄米菜食主義なのか?

 

マクロビオティックは、基本的に玄米を中心とした穀物菜食ではありますが、「玄米菜食主義」ではありません。

 

ベジタリアンとは違い、マクロビオティック独自の基本ルールである2大原則と陰陽論により、その食生活が行われます。また、ガイドラインによると体調にあわせて肉や魚をとることもあり、完全に禁止されているわけでもありません。

 

肉や乳製品、卵は、月に数回程度、食事の移行期には食べることが許されており、避けるべき食材はあっても原則として食べてはいけない食材はありません。

 

マクロビオティックの食生活で大切にされることは、ガイドラインに沿うように食材を選び、適した調理の仕方をして独自の区分である陰陽のバランスをとること、そしてその結果が健康で快適な生き方につなげるという考え方なのです。

 

マクロビの基本ルール

 

では、ここでマクロビオティックの基本ルールである2大原則と陰陽論を説明していきます。

 

身土不二(しんどふじ)

「自分の暮らす土地でとれる旬のものを食べる」という意味です。身体と環境は切り離せないと考え、人が健康に暮らしていくためにはその土地の季節にあった食べ物を食べることが大切だとされています。

 

また、地元の食材を使うことは、環境負荷、農薬使用、添加物使用の軽減にもつながると考えられており、エコロジー、環境保護の面にも貢献できるとされています。   

 

一物全体(いちぶつぜんたい)

「ひとつの食材を丸ごと食べる」という意味です。食材全体をひとつの命と考え、野菜なら皮ごと根、種も含めて丸ごと食べることが大切だとされています。

 

食材を丸ごと使用することは、捨てる部分が少なくなり、ゴミの削減にもつながります。また「もったいない」という意識への啓蒙にもなり感謝の気持ちを育むことだと考えられています。

 

陰陽調和

東洋の易である陰陽を融合させた独自の思想であり、マクロビオティックの提唱者である桜沢如一が考案した理論です。食材や調理法を「陰」「陽」「中庸」という区分に分け、身体を締めるもの、温めるものは陽性で、身体を緩めるもの、冷やすものは陰性、という分類がされています。

 

陰陽どちらに傾くのもよくないとされ、そのガイドラインに沿ってバランスよく食事をする「中庸」の状態を保つことが大切だと考えられています。

 

マクロビアンの正しい意味と、ベジタリアンとの違いまとめ

 

マクロビアンの正しい意味とベジタリアンの違いを説明してきました。一般的に混同されやすいこの二つの食事法ですが、ベジタリアンは菜食主義として動物などに対する考え方により食材を制限し、マクロビアンは自分の身体へのバランスがとれて健康になるために食材を選択しているという理由が大きな違いでした。

 

また、マクロビオティックは、食生活だけでなく暮らし全般に2大原則や陰陽論を適用して実践されます。食生活が社会に及ぼす影響など興味深いテーマにも触れることができますのでぜひ、深く学んでみることもおすすめいたします。

認定試験一覧