日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

マクロビオティックとビーガンは何が違うの?

野菜を中心に食べると聞くとベジタリアン、ビーガン、マクロビアン(マクロビオティックをしている人)などが思いつくのではないでしょうか?

 

マクロビオティックの考え方、ビーガンの考え方、マクロビオティックとビーガンの考え、食べ物への対応の違い、似ている点や間違われる理由をご紹介致します。

 

東京オリンピックも近くなり海外の方も増え、ビーガンやマクロビアンの方にお会いし食事をする機会もあると思います。ぜひこちらを生かしてください。

 

■マクロビとは?

 

まずはマクロビについて詳しくご紹介します。

 

日本人が考案し、提唱しているもの

日本人である桜沢如一が、同じく日本人である石塚左玄の「食物養生法」の考えと、中国など東洋で用いられている「易」の陰陽を組み合わせを食養法として提唱しています。

 

桜沢は医師や栄養士ではないのですが、体が弱ったときに自身が独自に行った食養法で健康になった体験を元に提唱しています。

 

陰陽論をもとにした食事法

昔から中国では「易」の陰陽で、すべてのものをみる価値観があります。このため、食べ物、調理法なども陰陽に分類しています。

 

陰陽と言われると2つのみの善悪に分類されていると思いますが、極陰性、陰性、中庸、陽性、極陽性の幅があります。5つに分類されているのではなく、陰性寄りの中庸などもあることから完全に分類されるのではなく、配置されているイメージをもつと分かりやすいです。

 

色々な陰陽の食べ物、調理法などを使い、陰陽のバランスをとることで健康を維持できると考えられている食事法です。

 

陰陽に分けなくともバランスよく食べることは健康を維持することに必要と考えられているため、似ている部分になりますが、マクロビオティックでは、陰陽論を用いてバランスをとるように勧めていることが特徴です。

 

白砂糖を使用せず、肉類や乳製品を使わない

極陰性、極陽性のものを多く利用すると陰陽のバランスを保つのが難しくなります。このため、特に、極陰性食品で避けるべきものには白砂糖、化学調味料、合成日本酒などあります。反対に陽性食品は肉類、乳製品、塩などです。

 

白砂糖に関しては、血糖が上昇し下降しやすいため身体に負担がかかると考えられています。

そのほかに、ビタミンB1不足になりやすく疲れやすくなること、必須な栄養素がないことも陰陽のバランスを取りにくくすること以外に使用しないということが挙げられます。

 

皮や根なども一緒に摂る

マクロビオティックでは「一物全体」という考えも取り入れられています。一物全体とは、ひとつのものを丸ごと食べるということです。

 

つまり、野菜の皮、葉は捨てずにそのまま、精白米にせず玄米のまま食べる、ということです。

野菜の皮や葉の部分には栄養が豊富である場合が多く、食べられる部分であるため残飯が減り、コストパフォーマンスも良くなるので身体にも自然にも財布にも優しいですね。

 

ただし、そのまま食べるため農薬が残存していると良くないため、できるだけオーガニックなものを利用をおすすめします。

 

地産地消している

マクロビオティックでは「身土不二」という考えも取り入れられています。身土不二とは、身体と土地は二つにできないという意味です。つまり、自分が住んでいる土地、環境は一体であるということです。土地で採れた物を食べ、季節に合った物、旬の物を食べることをすすめています。

 

土地で採れた物を食べるために家庭菜園を絶対にしなければいけない訳ではありません

 

地元で採れた物は輸送時間がないために保存料を使用していないこと、トラックや飛行機で輸送しないためガソリンが消費されないこと、輸送の手間がないためコストが安いことなどのメリットがあります。身体にも自然にも財布にも身土不二の考えは優しいですね。

 

ビーガンとは?

 

次に、ビーガンについて詳しくみていきましょう。

 

純粋菜食者、完全菜食主義者

ビーガンとは、日本語訳では「純粋菜食者、絶対菜食主義者」のことです。ベジタリアンの一種です。ベジタリアンとは、穀物、豆類、種実類、野菜、果物を中心に食べ、動物性食品を食べない人たちのことです。

 

ベジタリアンになる理由は、菜食が勧められているヒンドゥー教などの宗教を信仰している場合、動物を殺したり、苦しめたりさせたくない気持ちを強く持っています。

 

また、環境保護のために肉食は良くないという気持ち、菜食は身体に良く肉食は身体に害と考えているなどの個人的な思考を持つ場合、肉や乳製品にアレルギーがあり健康的に食べられない場合があります。

 

動物性食品を摂らない

ベジタリアンは、ラクト・オボ・ベジタリアン、ラクト・ベジタリアン、オボ・ベジタリアン、ビーガンに動物性食品のうち食べて良い許容範囲によって分けられています。

 

ビーガンは、動物性食品である肉、魚、卵、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルトなど)、ハチミツを完全に食べません。

 

ラクト・オボ・ベジタリアンは、卵、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルトなど)、はちみつは食べて良いとするベジタリアンです。ラクト・ベジタリアンは、乳製品(牛乳、ヨーグルトなど)、はちみつは食べても良いとするベジタリアンです。

 

ただし、乳製品の中でチーズは作り方に気を付けて食べている。牛を殺し胃の消化液を集めた凝乳酵素を使用したチーズは食べない。

 

オボ・ベジタリアンは、卵、はちみつは食べても良いとするベジタリアンです。卵はどの種類も食べても良いが、無精卵に限定する人もいます。

 

ウールやシルクなどの衣類も着用しない!インフルエンザの予防接種もしない

ビーガンは食事の面でも許容範囲もなく、すべての動物性食品を食べませんが、それは動物の殺生を避けることを理由にしています。そのため、毛皮(熊など)や革製品(ワニなど)、ウール(羊毛)、シルク(蚕の繭)などの動物を使った製品も着用しません。

 

熊の毛皮、ワニの皮は殺さないと手に入れることができないので分かりやすいですね。インフルエンザの予防接種も受けません。インフルエンザのワクチンには問診票に卵アレルギーがないか書いてあることから分かるように卵が使われています。

 

マクロビとビーガンの違い

 

では、マクロビとビーガンの違いについてわかりやすく比べてみましょう。

 

マクロビオティックとビーガンの考え方

 

<マクロビオティック>

・極陰性や極陽性のものを避け、陰陽のバランスを取ることを大切にする陰陽思想

・食材を丸ごと食べるなど一物全体の考え

・地元の物を旬に食べるなど身土不二の考え

 

<ビーガン>

・動物の命を尊重しているため、動物性食品だけでなく、動物由来の製品も避ける

 

動物性食品への対応

<マクロビオティック>

・陰陽のバランスを取るために避けるべきと提唱しているが、絶対に食べてはいけないと禁止されていないため、食べても良い。

・白砂糖を避けるべきとしているのに対し、はちみつは白砂糖に代わるものとして積極的に取り入れられている。

 

<ビーガン>

・動物を殺すことになるため、絶対に食べてはいけないと禁止している。

・肉に限らず、卵や乳製品、はちみつも禁止している。

 

マクロビとビーガンが似ているところ

 

マクロビとビーガンは違いますが、似ていることもあります。

 

なぜ一緒くたにされるのか

マクロビオティックといえば、玄米を中心とした野菜を食べ、動物性食品を避ける食事だという認識が強いです。ビーガンも、野菜のみを食べ動物性食品は食べない食事だと認識されています。

 

野菜を中心、動物性食品を食べないという点から一緒くたにされてしまうのです。マクロビオティックをしっかりしている人はビーガンのことには詳しくないですし、反対にビーガンの人はマクロビオティックのことは詳しくないためお互いに違いが言いにくい状況も原因です。

 

植物性中心の食生活

ビーガンは、植物性食品であれば、すべて食べて良いです。

 

マクロビオティックは、植物性であればすべて食べて良いのではなく、陰陽のバランスをとることから、なす、トマトなど陰性の強い野菜は避けられています。

 

陰性の強い野菜であるなす、トマトも調理方法で火を通すことで陰性から中庸に近づける工夫もすることもでき、食べることを禁止されているわけではありません。

 

動物性食品を控えている

ビーガンは動物性食品を絶対に食べません。

 

マクロビオティックでは、避けた方が良いとされる陰性の食品に牛乳など乳製品があり、避けた方が良いとされる陽性の食品に豚肉、牛肉、鶏肉などの肉類、ぶり、さば、まぐろなどの魚介類、卵などがあります。絶対に食べてはいけないわけではありませんが、避けた方がよいとされています。

 

マクロビオティックとビーガンは何が違うの?のまとめ

 

マクロビとは桜沢如一自身が独自に行った食事法です。中国の易の陰陽を食べ物に当てはめ、陰陽のバランスをとる考え、ひとつのものを丸ごと食べるという一物全体の考え、土地で採れた物、旬の物を食べる身土不二の考えが大きな軸です。

 

ビーガンとはベジタリアンの1つで、動物の命を尊重することを大切にして、穀物、豆類、種実類、野菜、果物を中心に食べ、動物性食品を食べない人たちのことです。さらに、毛皮や革製品、シルク、インフルエンザワクチンなどの動物を使った製品も利用しません。

 

マクロビとビーガンの違いは、陰陽思想、一物全体、身土不二の考え方と動物の命を尊重し、苦しめたり殺したりしない考えと違います。

 

動物性食品はマクロビでは陰陽のバランスを考え避けるのに対し、ビーガンでは絶対に食べないと許容範囲が異なります。

 

ビーガンは動物性食品以外はなんでも食べることができるのに対し、マクロビは、陰陽のバランスの取りにくい白砂糖、アルコール、なす、肉類などを量や頻度、調理方法の工夫などを気を付けて食べる必要があります。

認定試験一覧