日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

離乳食も大丈夫?マクロビの離乳食について解説

マクロビといえば、健康食のイメージが強く、海外セレブも取り入れていることで有名になった食事法です。

 

一方、離乳食といえば、子育ての中でお母さんたちがものすごく気を使い、悩むカテゴリの1つではないでしょうか。マクロビは意識の高い大人向けの食事方法というイメージもありますが、子どもにとっても良い食事であるのは間違いありません。

 

しかし、どうやって離乳食でマクロビを取り入れたらいいのか分からないという方が多いですよね。

ここでは、マクロビをどのように離乳食に活用するか、食材の取り入れ方など紹介していきます。

 

マクロビ視点の離乳食

 

マクロビとは、正式にはマクロビオティックといいます。

 

・「MACRO(長い)」

・「BIO(生命)」

・「TIQUE(術)」

 

という3つの意味から成り立っている言葉です。

 

マクロビは、日本発祥の食事法です。日本に古くから伝わる食文化などを組み合わせた考え方なので、日本人の体に合っている食事とも言えるでしょう。

 

また、マクロビは、自然とのつながりを感じられる食事方法と言えます。離乳食からマクロビを取り入れていくことは、食物の持つ自然の味を教えることができると同時に、質の良い栄養をあたえることができます。

 

マクロビで食べるもの

マクロビの基本的な主食は玄米で、副菜として野菜、豆や海藻、ナッツや果物を組み合わせていきます。マクロビと聞くと、肉や卵などは食べてはいけないと思うかもしれませんが、実は食べてはいけないものはありません。

 

“肉、大型の魚、卵、乳製品、精製された白砂糖、化学調味料などはできるだけ避けたいもの”とされてはいますが、厳密に制限されているわけではないのです。マクロビの考え方に沿い、人や自然、健康のためを考え、バランスよく食べる、というのを基本に考えていきましょう。

 

離乳食ではどのようにマクロビを取り入れる?マクロビ視点の離乳食

前述した通り、マクロビの食事というのは「自然派」と言われるものですね。自然に沿った食事をすることで健康的な食生活を送ることができる、というものです。

 

離乳食とした時も例外でなく、その土地のもの、旬のものを、バランスよく食べさせる、などといった自然に沿った食事にすればOKです。具体的には、次の3つを考えて取り入れていくと良いでしょう。

 

季節にあった食材を使う

旬の食材は、その時期の体が必要としているものです。

 

自然の味付け

離乳食はもともと薄味が基本ですが、マクロビでは特に、自然の風味を活かし、自然の味が分かる舌になるような食事作りをしましょう。

 

天然素材を使う

過剰な添加物や化学調味料はできるだけ避け、自然で安全なものを使いましょう。

 

そして、子どもの様子をみながら、その子に合った食事を探していきましょう。

 

離乳食期はエネルギーの上昇期

 

人は生まれた時から少しずつエネルギーの状態が変化していると言われています。

 

年齢とともに現れる5つのエネルギーの変化の時

 

0歳~

生まれたばかりの0歳からは成長エネルギーがとても活発な時期です。

離乳食期は、ここにあたります。

 

15歳位~

臓器の状態が安定し、消化吸収力が整い、基礎代謝も上がる頃です。

 

29歳位~

徐々に基礎代謝が低くなっていきます。

 

43歳位~

それまでの体に対する態度(食習慣や生活習慣)の結果が出る頃です。

不摂生の結果、体に不調があらわれるといったこともあります。

 

60歳位~

エネルギーは凝縮していくと言われ、体の状態を保つための最低限のエネルギーが必要になる頃です。

 

離乳食期の子どもの成長エネルギー

離乳食期の子どもは、前述した通り成長エネルギーが非常に活発な時期です。人が食べ物の味を覚えたり、食べ方を学んだり、体の成長、心の成長をする大切な時期と言えます。この活発な成長エネルギーに合った食材・食事を取り入れることが大切なのです。

 

例えば、上に伸びる葉野菜などがおすすめです。

 

そして、この時期にしっかりとしたエネルギーを摂取することも必須です。質の良いものを選んであげましょう。マクロビの考え方を基本軸とし、自然の食材を自然に与えることこそ、離乳食期の子どもの成長エネルギーと合ったものになるでしょう。

 

たんぱく質の取り入れ方

 

成長に欠かせないのが、たんぱく質です。マクロビの離乳食でもしっかりと取り入れていきましょう。

 

成長スピードの早い幼児にたんぱく質は必須

たんぱく質は、体の成長にとって大変重要な栄養素です。特に成長スピードの早い離乳食期の子どもにたんぱく質は必須。マクロビを取り入れた離乳食を考えるときは、このたんぱく質の摂り方を意識しましょう。

 

タンパク源として、豆腐、有機ひよこ豆などを使用

良質なたんぱく質を含んでいるため、マクロビ離乳食のタンパク源として、体の成長のためにはとても良い食材です。

 

豆類はピューレ状にしてあたえる

豆類の中には固いものも多く、小さい子どもの臓器では消化不良を起こしてしまったり、誤飲の危険性もあったりします。そのため、豆類は柔らかく調理した後ピューレ状にしてから与えるようにします。

 

たんぱく質は、子どもの成長に欠かせない栄養素ですが、たくさん与えれば与えるほど良いというわけではありません。内臓の機能が未熟な赤ちゃんには、たんぱく質を消化吸収するのがとても大変なことです。

 

消化不良などを起こしたときなど、どのタンパク源が原因なのか分かるように、与えるタンパク源の食材は1種類にしてあげましょう。

 

穀物の取り入れ方

 

マクロビの食事法を実践すると、いろいろな種類の穀物を利用することになるでしょう。

 

マクロビの主食は米・麦・粟・ひえ・きびなど

主食として、米以外にも麦、粟・ひえ・きびなどを摂取します。それぞれに多くの栄養素が含まれているので、離乳食にも積極的に取り入れたいものです。

 

全粒穀物をメインにあたえる

離乳食として穀物を選ぶ時は、全粒穀物をメインに与えましょう。

 

全粒穀物は中庸の食べ物

全粒穀物は中庸の食べ物とされているので、陰陽のバランスが取れます。

 

バランスを整える作用

穀物には食物繊維も多く含まれているため、体のバランスを整えるのに大きな効果があります。また、食物繊維が多いことで、離乳食を始めた時に気になる、子どもの便秘対策にもつながります。

 

フルーツの取り入れ方

 

マクロビを取り入れた離乳食を考えた時には、少し扱いが難しいフルーツです。

 

ですが、ポイントを押さえて、上手に与えていきたい食材です。

 

オーガニック果実を選ぶ

 より安全なものを子どもに与えましょう。

 

陰陽の果物のバランスを意識

フルーツには、陰の要素をもつスイカやバナナ、陽の要素をもつりんごやベリー系などがあります。マクロビで重要なこの陰陽のバランスに注意して与えるようにしましょう。

 

柑橘類は1歳以上、フルーツの過剰摂取に注意!

柑橘類を与えるのは1歳以上になりますので、注意しておきたいポイントです。フルーツは子どもにとってとても食べやすい食材で、よく食べるからといってついつい与え過ぎてしまいがちになります。フルーツの過剰摂取にならないように注意してあげましょう。

 

食後30分以上あけて、陰陽のバランスを整えるのに少量あたえる

フルーツを食べるタイミングは食後は30分以上あけてから取り入れるようにします。フルーツをメインや副菜の1品として与えるのではなく、陰陽のバランスを整えるために少量を取り入れるようにしましょう。

 

マクロビの離乳食を考える際は、ちょっと注意して与えていくようにすると安心ですね。

 

離乳食も大丈夫?マクロビの離乳食について解説のまとめ

 

マクロビと聞くと、ストイックなイメージを持つ人も少なくありません。

 

しかし、実はマクロビは、私たちの体に優しく、本来人が必要としている栄養を、自然に合わせた食事にすることで上手に摂取できる食事法なのです。

 

小さい頃の食事というのは、その人の一生の食習慣につながります。小さい頃からの考えや食習慣を、大人になってから変えることは、なかなか難しいものです。

 

マクロビの考えをもとにした、自然の食材の味を活かし、添加物や化学調味料に頼らない食事でも十分満足できるということを、これから食べ物の味や食べ方を学ぶ離乳食期の子どもに与えることです。

 

それは、その子の一生の食習慣を、健康的で自然なものにできるチャンスだと思います。日々の育児で大変なお母さんたちですが、無理のない範囲で、子どもにとって良いと思う食事方法を選んでいきたいですね。

認定試験一覧