日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

今日から始められる!発酵食品のダイエット効果とダイエットのやり方ご紹介

毎日の食事に取り入れられている発酵食品は、何気に毎日の食事にも取り入れられているくらい身近な食品なんです。

 

発酵食品には、実はダイエット効果が高いと見直されているのです。ダイエットに効果抜群の発酵食と摂り方について説明していきたいと思います。

 

発酵食品のダイエット効果とは?

 

発酵食品にはダイエット効果が期待されています。それには様々な理由があります。

 

代謝の向上

発酵食品には代謝の向上が期待できます。人のエネルギー代謝に必要不可欠なビタミンB群が多く含まれ、酵素も豊富に含まれているので代謝向上に繋がり、新陳代謝が活発になるのです。

 

脂肪燃焼効果

発酵食品が脂肪燃焼効果って本当?と思いますが、新陳代謝が活発になり、代謝が促進されると、脂肪燃焼しやすくなります。

 

また、発酵食品には、脂肪を生成や吸収を抑える効果があります。それは、発酵によってタンパク質などが分解され、アミノ酸に変わる事に鍵があります。この必須アミノ酸、これが脂肪の吸収や生成を抑える効果があるのです。

 

また、キムチなんかには、唐辛子が入っていますから、更に脂肪燃焼効果が期待できます!

 

腸内環境を整える・便秘改善

発酵食品には腸内環境を整える効果もあります。代表的な物が、ヨーグルトです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は胃酸に強いので、生きたまま腸へ届く事が有名な話です。

 

この生きて届いた乳酸菌が、腸内の善玉菌を増やしてくれます。腸内環境が整う事で便秘改善効果も期待されます。腸内環境が整う事で身体は次第に快調になっていくはずです。

 

ダイエットに取り入れやすい発酵食品

 

発酵食品とはいっても、ダイエットに適した食材がきちんとあります。

 

 

納豆

まず、和食などにも良く食べられている納豆は生活にとても取り入れやすいですよね。納豆は大豆が原料となっていますから、大豆に含まれるイソフラボンという成分が入っています。

 

こちらは、女性ホルモンのバランスを整え、抗酸化作用を持ち、更には女性特有の症状やお肌のトラブル、アンチエイジングなどに効果が期待できます。

 

また、それだけではなく、納豆に含まれるビタミンB群は太りにくく痩せやすい身体を作る為の重要な栄養素なのです。更に、納豆に含まれるナットウキナーゼは、血流を促進し、代謝向上の効果があります。

 

代謝が向上すると、更に痩せやすい身体に近づく事が出来ます。

 

キムチ

韓国人の方が皆お肌が綺麗で、細いのはキムチのおかげ!とよく言われているキムチですが、キムチは唐辛子が必要不可欠です。唐辛子にはカプサイシンが含まれます。このカプサイシンは、発汗作用、脂肪燃焼効果が期待できます。

 

更に、キムチは野菜を発酵させて作られた物です。野菜が発酵した事によってビタミンB群も増加します。

 

そして、野菜に含まれる食物繊維が老廃物に水分を含ませる役目を果たしてくれ、そのまま絡めとり排出を促す効果が期待できるので、便秘に効果的です。

 

また、キムチに含まれる乳酸菌は、胃酸に強い事から生きたまま腸へ届き、腸の中の善玉菌を増やしてくれるので、便秘改善、腸内環境を整える効果があります。体内の血の巡りが悪くなると、リンパが詰まり、老廃物が溜まってしまい、それだけで痩せにくい身体となってしまいます。

 

味噌

味噌はダイエットだけでは無く、長生きするとも言われている健康食品です。1日1杯のお味噌汁は身体にとても良く、続けるべき習慣です。

 

また、赤味噌、白味噌、それぞれ効能が異なります。まず赤味噌は糖の吸収を抑えてくれる働きがあり、抗酸化作用もあります。

 

白味噌は、ストレス軽減などで有名な、GABAが含まれており、リラックス効果や、腸内環境を整える乳酸菌も含まれています。

 

お味噌汁は肥満にも効果があり、1日1杯食前に飲むのが良いとされています。

 

ヨーグルト

ヨーグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれています。乳酸菌は胃酸に強い為、生きたまま腸へ届き、腸内環境が整います。

 

腸の不調は様々身体の不調に繋がりますから、腸内環境を整える事で、免疫力も高まり、血液循環も良くなります。便秘が続いてしまっていると、ダイエットだけでは無く、むくみやクマなど身体に様々な支障をきたしてしまうのです。

 

また、ホットヨーグルトにする事で乳酸菌が活発になり、更に温める事によって体を冷やさずに済みます。ヨーグルトに含まれるカルシウムが不足していると体内に脂肪を蓄積してしまう為、手軽にカルシウムが摂れるのもヨーグルトの良い所です。

 

発酵食品ダイエットのやり方

 

発酵食品を使ったダイエットには様々なやり方があります。

 

1食につき1発酵食品

発酵食品は、大量に摂取すれば良いというわけではありません。むしろ、1食につき1発酵食品というよりは、少量の発酵食品を数種類摂り入れるというのが理想とされています。

 

1食毎に発酵食品を取り入れる

毎日3度の食事の際に必ず発酵食品を摂り入れるようにしましょう。

 

また、継続して適量の摂取が鍵となります。毎日コツコツ続けていきましょう。お味噌汁なんかは手軽に摂取出来ますし、おすすめですよ。

 

効果的に組み合わせる

発酵食品の栄養素の吸収を促してくれるような物を積極的摂るよう心掛けましょう。

 

例えば、キムチに含まれる乳酸菌はオリゴ糖や食物繊維を餌とし、腸内で増え、腸内環境を整えてくれる作用があるので、キムチを食べる際は、積極的にオリゴ糖や食物繊維を摂るようにするなどしてみて下さい。

 

発酵食品同士を組み合わせる

発酵食品同士の組み合わせは大丈夫なの?と思いますが、大丈夫です。むしろ、より良い効果が得られる場合もあります。

 

<納豆×キムチ>

納豆とキムチは、意外と知られている組み合わせでもあります。納豆は、血栓を溶かしやすくする作用があり、キムチに含まれるニンニクには、血栓をつくりにくくする働きがあるので、この2つの組み合わせは、最強タッグともいえます。

 

また、キムチの中には何億個ともなる乳酸菌が含まれています。この乳酸菌は納豆菌と一緒に摂取すると、乳酸菌を増やしてくれるのです。

 

その他の栄養素と組み合わせる

発酵食品同士の組み合わせ以外でも、きちんと様々な効果はあります。納豆と梅干しなんかを組み合わせますと、梅干しに含まれるクエン酸などの成分が、納豆に含まれる栄養素の消化吸収を助けてくれますし、サッパリ食べられるのでおすすめです。

 

<納豆(発酵食品)×雑穀米(オリゴ糖)>

納豆とオリゴ糖を含む雑穀米などの組み合わせは、お互いの効果を高めてくれるのでとてもおすすめです。雑穀米には食物繊維も含まれていますし、腸内環境の改善にも効果がありますので、結果的に痩せやすい体質作りへと繋がっていきます。

 

発酵食品ダイエットを行うときのポイント

 

発酵食品ダイエットを行うとはいえ、発酵食品だけを毎日食べていては、何の意味もありません。きちんと正しいやり方で、かつ健康的にダイエットは行いましょう。

 

他の食材との栄養バランスも考える

いくら発酵食品がダイエットや、身体に良いとはいえ、そればかり食べていては、栄養バランスが偏ってしまい、ダイエットはおろか、体調不良を起こしてしまいます。

 

必要な栄養素はきちんととりいれつつ、発酵食品を意識する事が大切なのです。

 

運動も取り入れる

発酵食品ダイエットといってもただ発酵食品を食べていれば痩せるなんて事はありません。

 

発酵食品だけでも、確かに脂肪燃焼効果や代謝向上効果が期待できますが、そこへ適度な運動を取り入れる事によってグンとその効果は増します。

 

発酵食品がダイエットに良いからと言って、好きなだけ食べていては何の意味もありません。ダイエットには食事制限や、こういった発酵食品を使ったダイエット法がありますが、どんなダイエットにも適度な運動はつきものです。

 

身体を動かす事で、血の巡りが良くなり、代謝が上がりますからプラスアルファーで是非とも取り入れてみて下さい。

 

今日から始められる!発酵食品のダイエット効果とダイエットのやり方ご紹介のまとめ

 

発酵食品には様々な種類がある通り、物によっての効果も様々です。

 

ですが、発酵食品がいくら身体に良く、ダイエットに効果的な食べ物だとはいえ、適量が基本です。食べ過ぎてしまっては塩分の摂り過ぎで逆に血圧を上昇させてしまいます。

 

また、塩分の摂り過ぎはむくみへも繋がります。むくみはダイエットの大敵です。何事もやり過ぎは逆効果となってしまいますので、気を付けましょう。

認定試験一覧