日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

知って得する!発酵食品の効果とメリットとは?

発酵食品は誰もが一度は食べたり、飲んだりした事があるのではないでしょうか。

 

発酵食品は全て効果やメリットがあるとは一概には言えませんが、その中でもメリットが多い物、効果があるものはきちんとありますので必見です。

 

発酵食品とは?

 

まず、ザックリ説明しますと、発酵食品はその食材を微生物などの作用で発酵させる事で、加工した物です。

 

一般的な発酵食品は納豆、キムチ、ヨーグルト、チーズなどがあります。調味料のお醤油、お味噌、麹なんかも発酵食品です。

 

また、発酵食品とは言っても食べ物だけじゃないのも注目ポイントです。発酵してる飲み物ってなに?と思いますよね。実は身近にある「お酒」です。

 

果物を使った果実酒や、穀物を使った穀物酒は、発酵させて作る為、当てはまるのです。

 

また、それらのお酒には精神にもよい作用もあるともされていますよ。

 

酵母や菌により新たな成分へと生まれ変わったもの

発酵食品は、酵母や菌などが食品がもつタンパク質やでんぶん、糖を分解する働きをしてくれます。すると、分解されたタンパク質などはアミノ酸へと変わってくれます。

 

これが一般的に、旨味や風味となるものです。

 

微生物を用いた調理食品

発酵食品は食材をただ発酵させた食べ物やお酒だけではありません。発酵食品は、調味料にもあるのです。代表的な物がお醤油、お味噌ですね。

 

特に、お醤油なんかは大豆のタンパク質がほとんど分解され、アミノ酸になっていますから、大豆を食べるよりも、より大豆の栄養素の吸収も良いのがちょっとした豆知識です。

 

そして、今流行っているのが麹!塩麹など聞いたことはありませんか。スーパーなどでも前に比べて麹類を見る事が多くなってきました。それだけ世間に注目されている調味料の1つなのです。

 

なぜ麹が調味料として使われるか、それはまた発酵食品がタンパク質を分解し、アミノ酸にしてくれるからなのです。

 

よく、麹はお肉やお魚漬けなどに使われています。塩麹ですと、塩味がしっかり付くというのもありますが、麹がお肉自体を柔らかくする効果があります。

 

有名な発酵食品

 

一般的な発酵食品は納豆、キムチ、ヨーグルト、チーズなどがあります。

 

また、飲み物ではお酒、調味料ではお醤油、お味噌、麹です。そして、意外と知られていないのがお漬物です。お漬物も発酵食品なのです。

 

ご飯の次に主食となる事が多いパンも発酵食品です。

 

納豆やお味噌などは日本を代表する食材でもありますが、ヨーグルト、チーズ、キムチなんかは世界でも愛されている食品の1つでもあります。

 

日本で有名な発酵食品も、世界で愛されている発酵食品が入っているのです。

 

発酵食品のメリット

 

大豆を発酵させて納豆が出来る。というだけではなく、発酵食品にはきちんとメリットがあります。

 

栄養価が高くなる

発酵食品は、元の食材よりも栄養価が高くなり、物によっては身体の免疫力を高めると考えられています。

 

ですが、発酵させる事によって、より良い栄養素が生まれるものもあるという事で、全ての発酵食品がそうとは限らないのが現状です。

 

なぜ、発酵食品は栄養価が高くなると言われているかというと、発酵食品が持つ微生物や菌に鍵があるためです。

 

栄養価が高くなる、というよりは、微生物や菌によりタンパク質や、でんぷんや糖などを分解する事によって栄養素の吸収を助けてくれますし、物によりますが、酵母などの作用で胃の中の消化の準幅が整います。

 

ですので、発酵する事によってそのまま食べるよりも吸収が良い場合があるのです。

 

旨みや風味が増す

発酵食品は旨みや風味が増すことでも知られています。お味噌やお醤油の様な調味料での風味付けや納豆やチーズなどの食品がありますが、今とても注目されているのがお肉なんです。麹でお肉を漬け込む事で、お肉が熟成され、麹の作用でタンパク質がアミノ酸に分解されるので、お肉が柔らかくなり旨みも増します。

 

保存性が高くなる

発酵食品は良い微生物が一定以上に繁殖し、悪い腐敗菌を抑えてくれる為、保存性を高めてくれるのです。まだ冷蔵庫が存在するずっと昔から、保存食としても使われていたようですよ。

 

また、発酵により生まれたアルコールや酢酸そのものには殺菌作用があります。

 

発酵食品の効果

 

発酵食品にはきちんと良い効果があります。

 

食材への効果

まず、人の身体にとっての効果の前に、発酵させて発酵食品にする食材に対しての作用もあります。お肉、大豆などのそのまま食べるには硬いものは柔らかく、またお味噌やお醤油の様に風味付けで使えるものもあり、お醤油やお味噌は大豆から作られています。

 

大豆がお味噌やお醤油になるなんて、それだけでも見た目において発酵の効果もわかりますね。

 

発酵の過程で新たな栄養素が生まれる

発酵食品は発酵の過程で新たな栄養素が生まれるって本当?と思いますよね。新たな栄養素が生まれるというよりは、元々あった栄養素が発酵をする事により、増す、吸収が良くなる、という方が正しい言い方なのかもしれません。

 

ですが、元々の食材が持つタンパク質などの成分が発酵食品によって分解された時、アミノ酸などの成分が出来ます。

 

納豆なんかですと、血流促進の効果があったり、ビタミンを自ら作り出す効果が期待できますので、新たな栄養素が生まれるというのも間違ってはいません。

 

健康増進効果

発酵食品には健康増進効果が期待できるものがたくさんあります。

 

大豆製品はもちろん、ヨーグルトなどもそうです。

 

よくテレビでやっているのを見ますよね。ヨーグルトなんかは、アレルギー緩和の効果も期待できるといわれていますし、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸にも良く、便秘改善が期待できるのです。これらが発酵食品は免疫力を高めるといわれてる理由なのです。

 

消化吸収がしやすくなる

発酵食品が消化吸収しやすくなるといわれているのは、発酵食品の作用で胃の中の消化準備を整えてくれるので、本来消化に使われるエネルギー量が少なく済み、胃腸への負担が少なくなるという理由からです。

 

また、本来硬くて消化の悪い大豆なんかは発酵する事によって、十分に栄養素が摂れるというわけです。

 

食材の栄養素を細かく分解する

発酵食品は、元の食材の栄養素をきちんと分解して人の身体に吸収しやすい状態に変えてくれます。

 

体に取り込みやすい状態に変える

硬いものは消化が悪く、消化に時間がかかり、十分な栄養素が吸収出来ないまま体外へ排泄されてしまいます。

 

ですが、発酵食品は硬いものを柔らかくする効果もありますから、それだけでも消化吸収がしやすくなり、栄養素を素早く吸収できるようになります。

 

腸内環境の改善効果

発酵食品には便秘改善の効果もあります。便秘になってしまうと、身体の全てに不調をきたしてしまいます。腸は人の身体の中の免疫細胞の約7割が集まっている場所だといわれています。

 

発酵食品で腸内環境を整える事が、健康増進効果にも繋がります。腸からきちんと栄養素が吸収すれている場合、綺麗な血液がきちんと身体を巡ります。

 

ですが、これが滞ってしまうと、顔のむくみやくすみ、クマなどが起こってしまいます。また、アレルギーも引き起こしやすくなるともいわれています。

 

善玉菌が豊富に含まれている

発酵食品が何故便秘や腸に良いと言われているのか?それは善玉菌が豊富に含まれているからです。最近は生きて腸に届く、というキャッチフレーズの商品も多いですよね。

 

腸内の細菌を構成している善玉菌などの良い菌よりも悪玉菌が優ってしまい、腸内バランスが崩れしまうと免疫機能の低下につながります。

 

美容効果

近頃、発酵食品が美容効果をもたらすと話題になっています。食べたり飲んだりする事はもちろん、パックや洗顔など、スキンケア用品に発酵食品のお酒、ヨーグルト、大豆などが使われる事が多くなり、今ではどこへ行っても目にする商品の1つてもあります。

 

 

 

血流の促進

この場合特に納豆なのですが、大豆を納豆に発酵させる事によって、血流の促進をしてくれるビタミンEが豊富に生まれます。

 

ビタミンの吸収を助ける

発酵食品はビタミンの吸収を助けると共に、発酵する事でビタミンを豊富に生んでくれる場合があります。

 

発酵菌別の特徴

 

発酵菌にはそれぞれ特徴がありますよ。

 

乳酸菌

乳酸菌は代謝により、乳酸を産生する細菌であり、ヨーグルト、漬物、乳飲料に含まれます。そして、乳酸菌は腸内環境を整え、便秘や花粉症などのアレルギーにも効果が期待できるとされています。

 

麹菌

麹菌は米、麦、大豆などの穀物からつくられるものです。日本酒や焼酎などのお酒や、お味噌、お醤油などにも含まれます。

 

酢酸菌

酢酸菌は、あまり馴染みがない言葉ではありますが、エタノールを酸化発酵したもので、食酢や、カスピ海ヨーグルト、それからナタデココなどにも含まれています。

 

酵母菌

酵母菌はイースト菌とも呼ばれています。生活環の一定期間に栄養体が単細胞性を示し、出芽や分裂で増える真菌類です。パンやお醤油に含まれます。

 

知って得する!発酵食品の効果とメリットとは?のまとめ

 

発酵食品の効果とメリットはたくさんあります。

 

それぞれの食品でメリットも効果も違ってきますので、きちんと理解した上で摂取しましょう。

 

また持病などをお持ちの方ですと、稀に摂取しない方が良い物がありますので、担当の医師の方に相談の元摂取するようにしましょう。

認定試験一覧