日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

効果ある?高カカオチョコレートダイエットを詳しくご紹介!

強い抗酸化作用を持ち、様々な健康効果が期待できるスーパーフードとして注目を集めているカカオです。そのカカオが高配合された「高カカオチョコレート」を食べて、ダイエットを成功させたという声が数多くあります。

 

チョコレートといえば、ダイエット中は我慢する食べ物の代表格のようなイメージですよね。そんなチョコレートを食べて痩せるには、コツがあります。

 

チョコレートの選び方やダイエットの成功に導く食べ方など、詳しくご紹介していきます。

 

高カカオチョコレートのダイエットとは?

 

高カカオチョコレートダイエットとは、カカオ含有量が70%以上の高カカオのチョコレートを効果的に摂取するダイエットのことです。

 

カカオマスにはダイエットに効果が期待できる成分が含まれている

チョコレートの原料はカカオ豆です。このカカオ豆を砕いて取り出したものをカカオニブと呼びます。焙煎したカカオニブをすり潰すと、脂肪分のカカオバターが分離し、ペースト状のカカオマスになります。

 

カカオマスに更にカカオバターを練りこんで、砂糖などの材料を加えて固めたものがチョコレートです。このカカオマスに含まれている成分が、ダイエット効果に期待できるといわれています。

 

日本チョコレート・ココア協会のホームページでは、「チョコレートの成分であるカカオマスには、肥満すなわち脂肪蓄積を抑える効果がある」という報告が紹介されています。

 

高カカオチョコレートがダイエットに良い理由

 

ダイエットに良い理由を詳しくみていきましょう。

 

脂肪の蓄積を抑える効果

カカオポリフェノールの主成分は、お茶にも含まれるエピカテキンです。カカオポリフェノールについては様々な研究がされていますが、脂質代謝の促進や、脂肪の蓄積を抑制する効果が報告されています。

 

また、糖代謝を促進し、高血糖の予防改善が期待できるといった報告も多くあります。

 

代謝を高める効果

カカオポリフェノールには強い抗酸化作用があります。悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血管をしなやかにしてくれます。血液の循環が良くなると代謝が高まり、効率の良いダイエットにつながります。

 

便秘解消効果

カカオには、カカオプロテインというたんぱく質の一種が含まれています。カカオプロテインの一部は難消化性の性質を持ち、小腸では消化吸収されず、大腸まで届きます。

 

また、リグニンという不溶性食物繊維も含まれ、こちらもカカオプロテイン同様、消化されずに大腸まで届きます。大腸に届いたカカオプロテインやリグニンは、便のかさを増やすことでスムーズな排便を促し、排泄回数の増加にも役立ちます。

 

さらに腸内細菌のエサにもなるため、善玉菌が増え整腸作用も期待出来ます。

 

リラックス効果

カカオの苦味成分テオブロミンは、カフェインと同じメチルキサンチン類といわれます。カフェインよりも穏やかに神経系に作用し、リラックス効果が得られます。ダイエット中はストレスからの過食に走りやすいものです。カカオはそんなダイエット中のイライラを和らげてくれます。

 

さらに、テオブロミンは体脂肪の分解作用、体重増加の抑制作用も報告されています。

 

ダイエットによい高カカオチョコレートの選び方

 

高カカオチョコレートにはたくさんの種類があって目移りしてしまうでしょう。おすすめの選び方をご紹介します。

 

ダイエットにはカカオ含有量が70%以上のものを選ぶ

ダイエット効果を得るには、カカオの含有量がポイントになります。カカオが70%以上含まれている商品を選びましょう。

 

 

カカオ含有量の表記がない場合はカカオポリフェノールが100g中、800mg以上のものを選ぶ

パーセンテージでの表示がない場合には、カカオポリフェノール量は100g中800mg以上が目安となります。選ぶ際には栄養成分表示をチェックしてみましょう。

 

高カカオチョコレートには、70~99%まで幅広い含有量の商品があります。カカオの量が増えるほど、カカオポリフェノールをはじめとした有効成分も多くなり、ダイエット効果や健康効果もより期待できます。

 

しかし、その分糖質が減って苦味も強くなっていきます。はじめから無理してカカオ含有量の多いチョコレートを選んでも、美味しく感じられないかもしれません。ダイエットは継続することが大切ですから、まずは、適度に甘さも感じられる70%から試してみるのがおすすめ。

 

 

ダークチョコレートやビターチョコレートは高カカオチョコレートではないので注意

手に入りやすのが、ダークチョコレートやビターチョコレートですが、これらは高カカオチョコレートとはちょっと違います。

 

カカオマスが40〜60%のチョコレートのことをダークチョコレートといいます。ビターチョコレート、ブラックチョコレートというのがこの仲間になります。これらは糖分も多く含まれている為、あくまで嗜好品としてのチョコレートといえるのです。

 

チョコレートダイエットの方法

 

チョコレートでダイエットができるなんてとても気になりますよね。詳しくご紹介しましょう。

 

高カカオチョコレートダイエットの基本

チョコレートダイエットとは、正確には高カカオチョコレートダイエットといいます。

 

カカオ70%以上のチョコレートを1日50g、数回に分けて食べる。

高カカオチョコレートダイエットは、カカオ70%以上のチョコレートを1日50g、数回に分けて食べるのが基本の方法です。ポリフェノールの抗酸化作用が持続するのは、食べてから数時間内のみです。多く摂っても尿と一緒に排泄されてしまうので、一度にたくさん食べても意味はありません。

 

食べ忘れを防ぐには、1日3回、食事のタイミングに合わせて食べるのが良いでしょう。

 

食後でも良いのですが、おすすめなのは食前です。食事の前にゆっくり食べれば、適度に空腹感が満たされ、過食の予防になります。

 

食事のタイミングで難しければ、間食でも有効です。ご自分の生活リズムに合わせて取り入れてみてください。

 

高カカオチョコレートは低GI食品

GI(グリセミック・インデックス)値とは、食後血糖値の上昇するスピードを数値化した指標で、この値が小さいほど、血糖値の上昇は緩やかになります。

 

低GI食品とは、この数値が55以下のものを指します。あるメーカーの報告によりますと、カカオ含有量72%のチョコレートのGI値は29というデータがあります。

 

血糖値が急上昇すると、血液中の糖を脂肪に変えるインスリンを過剰に分泌させてしまいますので、体脂肪が蓄えられやすい状態になってしまいます。

 

食前、食後にゆっくり食べ、満腹感が得られるようにする

ただでさえ空腹時は血糖値が上がりやすい状態です。食前や間食に低GI食品の高カカオチョコレートを取り入れることは、効率の良いダイエットにつながるといえますね。

 

食事は1日3食、しっかり摂ること

このダイエット方法は、チョコレートを食べるだけで痩せるというものではありません。チョコレートはあくまでも補助食品として考えましょう。ダイエット中は、主食・主菜・副菜の3点を揃えたバランスの良い食事を摂ることが基本です。

 

ドリンクでもOK

固形のチョコレートに限らず、高カカオパウダーを使ったココアでも代用できます。

 

注意点は、砂糖や香料などが添加されているミルクココアではなく、純粋なピュアココアパウダーを選ぶことがポイントです。缶入りのココア飲料は糖分が多く含まれていて、その分カカオの含有量は少なくなりますので、このような商品はダイエットにはなりません。

 

食べ過ぎには注意

ダイエット中にメリットの多い高カカオチョコレートですが、食べ過ぎには注意が必要です。カカオ含有量が多いほど脂質も多く含まれ、適量以上食べればカロリーオーバーを招きます。

 

「1日50g」

 

を限度に、甘い誘惑に負けないようにしましょう。

 

効果ある?高カカオチョコレートダイエットを詳しくご紹介!のまとめ

 

高カカオチョコレートを使ったダイエット方法について、お分かりいただけたでしょうか。食事を制限するような我慢の必要がないので、ストレスフリーで取り組めそうですね。

 

スーパーフードとして注目を集めるカカオのパワーを借りて、美味しく食べてキレイと健康を手に入れましょう。

 

 

※リパーゼ活性の阻害効果について

エピガロカテキンガレードには認められるが、エピカテキンには認められないという報告があるようですので、リパーゼ活性の阻害効果については明記していません。

 

 

 

 

認定試験一覧