日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

薬膳茶とは?基本知識とおすすめの薬膳茶

薬膳茶と聞くと、薬のような独特の臭いのするお茶を想像する人も多いはずです。生薬独特の臭いがあるお茶もありますが、西洋のハーブティーのように飲みやすくあっさりとした味わいの薬膳茶もたくさん存在します。組み合わせによって風味・香りも異なるのでたくさんの種類から選ぶことも出来ます。

 

薬膳茶は毎日薬膳料理を食べ続けるのは難しい時でも、手軽に日常生活に取り入れることが可能です。仕事の休憩中や自宅でゆっくりリラックスしている時に薬膳茶で健康対策を始めてみませんか?薬膳茶の基本的な知識と、自宅でも手軽に出来るオススメの薬膳茶についてご紹介します。

 

薬膳茶とは?

 

薬膳の考え方をベースに季節や体質に合わせて作ったお茶

薬膳茶というと「苦く薬っぽいお茶」というイメージがある人もいるのではないでしょうか。薬膳茶の考えは薬膳料理と同じく、体のめぐりをスムーズに整え不調になりにくい体作りを目指す効果が期待出来ます。

 

しかし漢方を取り入れた薬膳料理よりも明確な定義が存在しないため、さまざまなものが「薬膳茶」として市場に出回っています。厳しい基準がないので手軽に身近にある食材を使ってオリジナルの薬膳茶を作ることも出来るのです。

 

使用する食材は花、草、果実、豆など、茶葉に限らない

薬膳茶の材料は西洋のハーブティーのように、花・草・果実・茶葉などを乾燥させたものを数種類ブレンドして使用します。しかし薬膳茶に使用する材料はそれだけに限りません。他にもこんな食材を取り入れることも出来ます。

・海藻…昆布など

・タンポポ茶(タンポポの根の部分)

・スパイス…生姜や八角など

 

また素材のブレンドだけで飲みにくい場合は、ベースに緑茶や紅茶といった中国茶以外の茶葉を加えて飲むことも出来ます。薬膳茶だから必ず漢方を使うといった決まりもないので、自分の使ってみたい素材を選んでブレンド出来る点も手軽に楽しめるメリットです。

 

効能や用途は薬膳茶によってさまざま

薬膳茶は中医学が元になっている薬膳の考え方を取り入れているので、同じ薬膳茶でも体質によっても相性が変化します。知り合い人に効果があっても、自分の体質にはあまり効果がわからなかったという場合もあります。また薬膳茶に使用する材料によっても用途は異なり、さらに組み合わせによっても得られる効能が変わってきます。

・風邪予防

・美肌効果

・体を温め血流を高めてくれる

・気持ちをリラックスさせストレスを緩和に導く

 

上記のようなさまざまな効果が期待出来ます。薬膳茶は暖かい状態で飲むとより香りが引き立ち、緊張した気分がほぐれリラックス効果が高まります。

 

さらに使用する素料によっても、味や香りなどの風味が変わります。自分と相性のよいオリジナルの組み合わせを見つけられるのも薬膳茶のよいところなのではないでしょうか。

 

はじめて薬膳茶に挑戦する時は、素材の組み合わせや薬膳の選び方に戸惑ってしまうこともあります。初心者でも作りやすく、飲みやすい薬膳茶を2種類ご紹介します。

 

おすすめの素材と薬膳茶

 

マイカイカ…マイカイ黒豆茶

冬になると手足が冷えて、眠りにくいという悩みを抱えている人も多いと思います。とくに女性は生理で血流が不足しやすく、冷え症になりやすく、めぐりが滞りがちです。しつこい冷えに困った時に簡単に出来てオススメなのが「マイカイ黒豆茶」です。

 

マイカイとはバラの花のつぼみの部分で、華やかな香りがする体を温める効果が期待出来る薬膳です。また黒豆には血流を補い高める効果が期待出来るため、血管が収縮しやすい冬の時期にぴったりの食材と言えるでしょう。

 

マイカイは煮出したり長時間お湯に浸けていると、苦みや渋みが出てきやすい特徴があります。お湯を注いでから1~2分蒸らす程度で十分成分が溶け出すので、薬膳茶をはじめて作る人でも扱いやすいのが嬉しいです。

 

マイカイ黒豆茶の作り方はマイカイ・黒豆をそれぞれひとつまみ分、カップに置きお湯を注いでフタをしてから1~2分程蒸らすだけで出来上がりです。マイカイの香りがゆったりとした気分にさせてくれるので、ストレス緩和にも効果が期待出来ます。特別な道具も必要ないので手軽に薬膳茶を自宅で楽しむことが出来ます。

 

ナツメ…ナツメ生姜茶 

ナツメ生姜茶はナツメの実と生姜で作る、刺激的な味わいのする薬膳茶です。生姜は体を温めてくれる効果に優れており、消化機能を高めてくれる食材として薬膳でもよく使われています。ナツメは消化機能を促進する効果以外にも、精神的に安定する効果も期待出来るため緊張で体が強張った時などにもオススメの薬膳です。

 

「ナツメ生姜茶」はスライスした生姜1枚に、ナツメ1個を使います。ナツメは事前にキッチンバサミなどで細かくしておくと、成分がより抽出されやすくなります。

 

作り方は上記の材料をカップに入れ、お湯を注いでフタをし3~5分程蒸らして出来上がりです。さらに鍋で5分程煮立たせると、より効果が高まった濃厚な「ナツメ生姜茶」を楽しむことが出来ます。

参考URL:https://halc.athuman.com/event/column/food-yakuzen-20180317.html

 

薬膳茶は特別な道具を使用したり、詳しい薬膳の知識がないと作れないというものではありません。薬膳茶のレシピに悩んだ時は、まず上記の薬膳茶を試してみてはいかがでしょうか。

 

慣れてきたらオリジナルの組み合わせの薬膳茶を作ってみるのもオススメです。自宅で薬膳茶を作る時はどんなポイントを押さえておくとよいかをまとめました。

 

自宅で薬膳茶を作るポイントは?

 

旬の物をいれてみる

それぞれ季節の旬を迎える食材を使用することもオススメです。旬を迎える食材はその季節に合った性質をもっているので、冬ならば体を温めてくれる食材や夏の場合は体にこもった熱を冷ます効果が期待出来るものが多いです。

 

寒さが厳しい冬場は体の芯から温める効果が期待出来る生姜・なつめ・黒豆などがオススメです。また花粉や埃が舞いやすくアレルギー症状が出やすい春には、オレンジやライムなど爽やかな柑橘系をプラスするのもよいでしょう。季節の旬の素材を合わせることで、お悩みや今の体調に合わせやすい薬膳茶を見つけることも出来ます。

 

豆と豆などブレンド素材を同じ大きさや形状にする

同じ大きさや形状に揃えた素材を使用すると、抽出時間が均等になります。薬膳の成分がお湯に溶け出しそれぞれの素材の栄養をたっぷりと摂取出来るので、お湯を注ぐ前に素材の形状をチェックしてみましょう。大きい素材はキッチンバサミなどで、お湯を注ぐ前にカットしておくのもオススメです。

 

ほんの少し気をつけるだけで、成分だけでなく風味や味も変わってきます。素材の形状や大きさにも気を配ることも、より美味しい薬膳茶を楽しむポイントとなります。

 

薬膳茶とは?基本知識とおすすめの薬膳茶のまとめ

 

薬膳茶は漢方のように独特の臭いが苦手な人でも、手軽に薬膳を楽しむことが出来ます。薬膳料理を毎日食べるのは難しい時も、素材があれば簡単に自宅で作ることが出来るので続けやすいのも大きな特徴です。

 

薬膳茶を試してみたいけれど、たくさんレシピがあって選べないという人は今回ご紹介した2種類のレシピからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。使う素材のブレンドも少量で済むので、シンプルな味わいを楽しむことが出来ます。

 

また慣れてきたらオリジナルの薬膳茶のブレンドを試してみてもよいでしょう。その時は先ほど挙げた薬膳茶を作るポイントを踏まえて、風味豊かな薬膳茶をぜひ楽しんでみてください。

認定試験一覧