日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

実践してほしい!幼児の牛乳の正しい飲み方について

幼児の子どもの成長に牛乳は欠かせません。多くの栄養素からなる牛乳を飲ませたいと思うのは、親として当然のことです。

 

しかし、心配要素もあります。ネットでも牛乳は幼児にとってあまりよくないと書かれていたり、アレルギーの事も心配です。今回は、幼児の牛乳の摂取の正しい方法について、またその知識について詳しく解説していきましょう。

 

牛乳を飲むメリット・デメリット

 

学校や保育施設でも当然のように飲まれている牛乳ですが、実は幼児期の子どもにとってはメリットとデメリットがあるのです。

 

カルシウムが摂取できる

牛乳を摂取する最大のメリットと言えば、その気軽さにあるでしょう。コンビニでもどこでも牛乳を購入することができ、加熱してもさほど栄養素は変わりありません。料理でも簡単に工夫できる食材ということです。

 

特に、牛乳はカルシウムを多く含んでいます。カルシウムは骨や筋肉を作ることに欠かせない栄養素です。大人でもカルシウム不足が懸念されているので、子どもにとってはより大切ということです。

 

鉄分が少ない

牛乳が健康にいいからと言って、オールマイティーということではありません。鉄分が少ないのです。鉄分は、乳幼児の身体にとってとても大切な必須ミネラルです。血中のヘモグロビンとなって酸素を全身に送り届けるという重大な任務を果たしています。

 

優先的に鉄分を摂取すべきなのですが、牛乳にはそれがあまり含まれていないのです。

 

飲み過ぎると貧血になる

鉄分の摂取の際に吸収を低下させてしまうのが、残念ながら牛乳なのです。組み合わせはあまりよくありません。つまり、牛乳がいいからと常にのんでいては鉄分をいくら摂取しても、吸収が低下してしまうので結果的に鉄欠乏となり、貧血状態になってしまうのです。

 

アレルギーを誘発する可能性あり

牛乳を飲ませるということで、一番気になることはアレルギーではないでしょうか。牛乳アレルギーは乳幼児にとても多い食物アレルギーです。

 

牛乳の成分にはラクトースという乳糖が含まれています。人間はこのラクトースを分解する酵素をほとんど持っていないのです。分解されない牛乳がそのまま腸に流れていくと、免疫システムが反応してアレルギーとなってしまうことがあるのです。

 

幼児の牛乳の飲ませ方

 

メリットだけではない牛乳を安全に摂取するためには、どのように飲ませたらいいのでしょうか。

 

牛乳を飲ませられるのは1歳以降

幼児の身体には牛乳の栄養素が必要不可欠です。

 

しかし、あまり早い時期に与えると、アレルギーの問題や鉄分の吸収も問題があります。

 

目安として1歳以降を心掛けましょう。1歳を過ぎると、離乳食からだんだんと幼児食に移行していきます。その段階で、同時にコップ飲みも確率していきます。

 

生後半年を過ぎると母体由来の鉄分がなくなっていきますので、身体に蓄積されていた鉄分がなくなり、食事から鉄分を摂取するよりほかありません。牛乳は、そんな鉄分の吸収を低下させてしまうというデメリットがありますので、同時に摂取するのは考えものです。

 

1歳時で1日に最大で400ml

幼児に牛乳を与える場合、量を考える必要があります。目安として1日に最大で400ml程度です。これは、ヨーグルトなどの他の乳製品も含めた量です。

 

保育園などの施設では、朝や3時のおやつで合計して200mlを基準としているところがほとんどです。それ以外に、食事などで乳製品を摂取していますので、保育施設に通っている子どもはあまり家庭で摂取しすぎないようにしなければなりません。

 

 

最初は人肌に温めたものをあげる

いきなり冷たい牛乳を与えると、胃腸に多く負担がかかってしまいます。最初はひと肌に温めた温度で与えましょう。

 

その後に常温にして、次の段階で冷たいものにしていきましょう。何事も段階を踏んであたえなければ、体がビックリしてしまいます。焦らずに様子を見ながら徐々に与えていくことが、とても大切なのです。

 

牛乳の種類と特徴

 

牛乳といっても、いろいろな種類がありますよね。スーパーなどに行くと、どれを購入していいのか迷ってしまいます。牛乳というカテゴリーには大きく分けて4種類あります。

 

牛乳 

牛乳は水を加えたり、成分を除去したりすることなく生乳を加熱殺菌したものです。

 

成分無調整 

成分無調整の牛乳は、生乳から水分やミネラル、乳脂肪分を一部取り除いて、成分を調整した牛乳です。

 

乳飲料

乳飲料は生乳に乳製品以外の水分やミネラル、ビタミンなどを加えた飲料です。栄養強化のための飲料ではありません。コーヒーや果汁などを加えたものも、このカテゴリーです。

 

低脂肪乳

低脂肪乳は生乳から乳脂肪分の一部を除去したもので、乳脂肪分が0.5%以上、1.5%以下のものを指します。乳脂肪分が0.5%未満のものになると、無脂肪牛乳と呼ばれています。

 

飲ませる時の注意点

 

牛乳の種類を理解したところで、飲ませる時に注意点を押さえておきましょう。

 

小さなパックをあけた状態で保存しない

子どもが1日に飲む量は400ml程度ですので、牛乳パック1つを使いきることは難しいです。

そのために、パックを開けて冷蔵庫で保存していることが多いでしょうが、残念ながらそれは間違いです。

 

牛乳パックを開けておいていくと、いくら冷蔵庫でも雑菌は確実に繁殖していきます。

 

大人であれば、その程度の雑菌は全く影響ありませんが、胃腸が未発達な子どもではその影響力は計り知れません。少しの雑菌が大きな負担となってしまうのです。

 

水分補給としてあたえない(おやつなどと同じ考え)

栄養がとても多く含まれているので、摂取させてあげたいと思うのは当然です。

 

しかし、水分補給替わりに与えることはよくありません。牛乳はお腹にたまりやすいものでもあります。そのため、牛乳を水分補給代わりに飲んでいると、他の食事を摂取してもすぐにお腹がいっぱいになってしまいます。

 

牛乳は水分補給としてではなく、おやつの代わりとして間食の1つと考えておきましょう。

 

定期的に貧血チェックをする

何度もお伝えしている通り、牛乳は鉄分の吸収を低下させてしまいます。牛乳を飲むことが大事だからと、鉄分の摂取がおろそかになってしまうと、体調面でいろいろな影響が出てきます。

 

そのため、定期的に貧血をチェックしてあげることが大切です。

 

・顔色が悪い

・少し動いただけで元気がなくなる

・脈拍が早くなる

・目の粘膜が白い

 

等の項目から、子どもの身体をチャックしてみましょう。

 

それにより、貧血が疑われるときには、牛乳の摂取を一時中止して鉄分の摂取をメインに考えるようにします。食事からの摂取ですと、レバーや小松菜など毎日の食事気を配る必要があります。

 

組み合わせにより、吸収を高めるものもありますし、逆に吸収を妨げてしまうこともありますので、注意が必要です。サプリでの摂取は簡単でいいのですが、あまり過度に摂取しすぎると体調面に不備が出ることもありますので、よく注意しましょう。

 

実践したい!幼児の牛乳の正しい飲み方についてのまとめ

 

牛乳は栄養素の面からしてもとてもいい食材ですが、メリットやデメリットがあります。カルシウムを摂取できますが、鉄分の摂取を低下させてしまいます。アレルゲンになりかねない懸念もあります。

メリットとデメリットを理解したうえで、子どもに正しい牛乳の飲み方で与えたいものです。

 

また、牛乳の種類も理解しておくべきです。1日に飲む量は400ml程度でおやつとして与えるといいでしょう。牛には成長に必要な牛乳食品のひとつですので、上手に取り入れてあげるといいですね。

認定試験一覧