日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

幼児にもダイエットは必要?!幼児でも出来るダイエットについて

我が子がすくすくと成長してくれるのはとても嬉しいことです。かわいいから、育ちざかりだからと食べたいだけ与えてしまうと、体重の増減には気になるところがあります。

 

やはり、何事もやり過ぎはいけないもの、太り過ぎると対策が急がれます。太り過ぎが原因で生活習慣病になる子どももいます。そうならないために、気になり始めたら幼児でも適切なダイエットが大切です。

 

どのようなダイエットが適切なのでしょうか?

 

幼児の肥満とは?

 

最近は特に、肥満児と呼ばれる子ども増えてきています。食事の内容も昔に比べて大きく変化をとげ、食の欧米化が進んでいる事にも影響があるようです。

 

幼児期は一年間に約2~3kg増える

子どもの体重は1年で約2~3kgも増えます。あくまでも目安ですが、成長期の子どもたちはこのように1年での伸び幅が大きいのです。

 

急に大きくなりすぎて不安に感じる方もいるかもしれませんが、子どもは成長することが仕事でもあります。どんどん大きくなる子どもの成長を見ているのが楽しくなります。

 

ローレル指数で判断する

子どもの肥満度を見た目だけで判断するのはいささか問題です。見た目と肥満度は必ずしも比例しません。

 

そこで大切なのが、医学的に肥満かどうか判断する方法です。それは「ローレル指数」という計算方法から算出できます。

 

ローレル指数の計算方法

体重【kg】×(身長【㎝】×身長【㎝】×身長【㎝】)×10000000

 

この計算方法ででた数字と以下の表を照らし合わせてください。

 

・やせ過ぎ→100以下

・やせ気味→101~115

・標準  →116~144

・太り気味→145~159

・太り過ぎ→160以上

 

もし、お子さんが太り気味や太り過ぎに該当してしまうと、注意信号です。一刻も早く食などの対策をとることが必要です。

 

幼児向けのダイエットポイント

 

大人のダイエットも正しいものと間違ったものがあります。幼児の身体は成長過程であるために、ダイエットはより注意が必要となります。

 

食事、食生活の見直しがメイン

何を言ってもまずは、食事や食生活の見直しがメインです。

 

・よく噛んで満足感を高める

・家族で楽しみながら、ゆっくり食事をする

・お菓子は回数や時間などのルールを作る

 

・朝、昼、晩としっかり食事をとる

・盛り付けは食べられる量のみにする

・好きな物だけでなく、バランスよく食事をとる

 

・揚げ物や脂っぽいもの、味の濃いものなどの食事に気を付ける

・主食、汁物、主菜、副菜を心掛ける

・ファーストフードや外食など1ヶ月にいく回数を定める

 

・砂糖を含む飲物は避ける

・乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維を摂り、腸内環境を整える

 

項目は多いですが、どれも食事の面で気を付ける問題です。

暴飲暴食を防いだり、バランスよく食事をとるということは子どものみならず、大人にもいい景況を及ぼします。

 

子どものためだけと考えず、家族全員に大切なことと捉えると、取り組みやすいかもしれません。

 

運動ではなく遊ばせる

大人であれば、スポーツジムなどに通って強制的に運動することもあるでしょうが、子どもにそれを強制することは難しいといえます。

 

運動を考えるのではなく、外で思い切り体を動かして遊ぶ事のできる環境を作ってあげてください。

いつも家からあまり出ずに、テレビやゲームをしていませんか?

 

外で思い切り体を動かして遊ぶことこそが運動です。外遊びの楽しさを伝えてあげることが、結果的に体を動かすことにつながるのです。

 

自発ではない運動は続かない

運動は遊びに転換したらいいとはいいましたが、大人が強制的に遊ばせては何の意味もありません。それは運動と同じです。

 

自発的に、身体を動かしたいと思わなければ意味がないのです。子どもが自発的に身体を動かしたいと思う遊びに巡り合う必要があります。どんな遊びに夢中になれるのか、体験などに参加して一緒に探させることもダイエットの1つです。

 

早寝早起き

生活習慣を正すことも大切なことです。食事をしっかりとっても、規則正しい生活が出来ていないと、排出もうまくできなくなります。適切に食事をとって、腸内環境を整えて体調を整えることがダイエットに繋がります。

 

早寝早起きをすることで、生活のリズムが身に付きます。お腹がすいた時に食事をとり、食事でお腹が満たされれば、おやつを過剰に摂取することもありません。

 

幼児でもできる食事ダイエット

 

幼児の食事のダイエット方法をひとつひとつ見ていきましょう。

 

 

よく噛んで食べる

よく噛んで食べることで満腹感を味わうことが出来ます。大食いであまり噛まないでいると、より多くの食べ物を取り込んでしまうのです。

 

そうならないために、食べ物はよく噛むことを心掛けてあげましょう。

 

楽しくゆっくり食べさせる

早く食べることもよくありません。早く食べるということは、やはりよく噛んでいなかったり飲み込んでいたりするはずです。ゆっくり食べる、落ち着いて食べることを心掛けましょう。

 

家族でゆっくりと会話をしつつ、楽しみながら食事をとるといいでしょう。

 

食べる時間を決める

規則正しい生活を心掛けるためにも、食事の時間は決めておきましょう。現代社会では、どうしても大人の都合で生活を回してしまいがちですが、そうではありません。子どもが大人の都合で生活してしまうと、いろいろな問題がおこってくるのです。

 

子どもの事を考えると、食事の時間を固定して予定をあわせてあげましょう。

 

バランスのいい食事を摂る

好き嫌いの多い子どもの家庭ではどうしても、食事の内容が偏りがちです。子どもが毎回のように嫌がる姿をみたくない、というのも充分理解できますが、それで肥満を引き起こしてしまうとすれば改善しなければなりません。

 

バランスの良い食事をとることで、様々な栄養素を体にバランスよく摂りいれて成長に繋がっていきます。

 

ダイエットの注意点

 

大人のダイエットもいろいろな注意点があるように、幼児のダイエットも注意点があります。間違ったダイエットをしてしまうと、幼児では特に成長に大きく関係してしまうのです。

 

食事制限はNG 成長を阻害する

食事をとるから太るのだという安易は考えから、食事を制限する方がいますが、これは大きな間違いです。

 

食事を制限してしまうことは、成長を阻害してしまうことに繋がってしまうのです。幼児期は成長に最も大切な時期です。食事制限だけは絶対にしないでください。

 

量は減らさずにカロリーを調整する

量を摂りすぎているからと言って、初めから量を減らすといった行為も避けましょう。今まで、その食事量を摂取していたのに、急にそれが体に入ってこないというのは、身体にとって大きなストレスになります。

 

食事の時間や咀嚼回数を工夫して量が減ってくるのはいいのですが、最初から大幅に量を減らすことは注意が必要なのです。

 

親も一緒になって取り組む

子どもの肥満を改善するには、家族一丸となって取り組むことが大切です。子どもに正しい生活習慣を身に着けさせたくても、周りの大人が全くちがった生活のリズムでは何の意味もありません。

 

親も一緒に取り組むことが成功への近道です。無理のない範囲で、日ごろから子どもの様子や生活習慣を意識してあげましょう。

 

幼児にもダイエットは必要?!幼児でも出来るダイエットについてのまとめ

 

幼児のダイエットは最近、問題視されていることです。

 

だからと言って、大人と同じような過度なダイエットや間違ったダイエットは危険です。成長期の子どもですから、大人よりもその危険度は倍増です。

 

生活習慣を整えて、よく噛んで落ち着いてゆっくりと食事をとる、バランスのよい食生活を心掛けるなど基本的なことですが、そんなところから改善をしていく事が一番の近道といえます。

 

親も一緒になって取り組んで、子どもが健やかに健康的に成長できるようにしてあげましょう。

認定試験一覧