日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

幼児食の味つけについての基本的な知識や注意点

幼児食の味つけは離乳食とどう違うのか、大人用の味つけと一緒でも良いのか悩みますよね。人間の味覚は、3歳までに決まると言われています。

 

それ程、幼児が口にする味は、重要なのです。どんな味つけが幼児食に望ましいのか、好ましくない味つけはどういったものなのか、幼児食の味つけについての基本的な知識や注意点についてご紹介致します。

 

幼児に与える食事の味つけが体に及ぼす影響や幼児食では避けた方が良い食材などを知り、ぜひより良い幼児食作りの参考にしてください。

幼児食の味付けの基本

なるべく味付けは薄く(2〜3歳頃までは薄味が理想)

人間の味覚は、3歳までに決まると言われています。幼児食の頃から濃い味に慣れてしまうと大人になるにつれ、食事の濃さが増してしまう可能性があります。濃い味つけの食事を取り続けると塩分や糖分を取りすぎてしまうため成人病や糖尿病になる恐れがあります。

 

幼児食の味つけは、2~3歳頃までは薄味が基本です。子どもの舌は、敏感なので薄味に慣れさせ、食材本来の旨味や甘みを感じられるようにしましょう。大人の食事も薄味を心がければ肥満や成人病などの予防になります。

 

最初から薄味で調理すれば子どもの分だけ別に用意する手間が省け、家族みんなで同じ食事が食べられます。子どもにとっては噛みづらい、飲み込みにくい食材もありますので細かく切る、潰してあげるなどして与えましょう。

塩分や脂肪分などが多い食事はできるだけ避ける(消化不良、高血圧・糖尿病などの可能性も)

1歳を過ぎたら大人と同じ味つけでも大丈夫ですが、塩分や脂肪分が多い食事は出来るだけさけるようにして下さい。幼児は、消化機能が未熟なので大人と同じ濃い味つけや塩辛いもの、脂っこい物や甘い物ばかり与えていると消化不良や高血圧、糖尿病など大人と同じ疾患になる可能性があります。

 

食事以外でもスナック菓子や炭酸飲料水、ジャンクフードなどは、多くの塩分や脂肪分を含んでいるのでなるべく与えないようにします。

辛い物、刺激物は日常的に与えない(消化不良の原因に)

離乳食が完了した時点で大人と同じ味つけの食事を与えている家庭もありますが、辛い物や刺激物は日常的に与えないようにします。内蔵が未熟な幼児では、消化不良の原因になります。

 

インスタント食品は、塩分や添加物がたくさん含まれているので与えるのを出来るだけ控えるようにしましょう。アレルギー持ちの子どもの場合には、食品に含まれている成分に注意する必要があります。

 

幼児食の味付けの注意点

お酒やみりんには、アルコールが含まれるのでしっかり加熱

煮物などを作る時に料理酒やみりんを使用する事がありますが、調理の過程でしっかりと加熱してください。アルコール分を飛ばせば、子どもに与えても問題はありません。

加⼯食品は味覚の麻痺を引き起こす可能性があるので注意

(インスタントラーメン、スナック菓⼦、だしの素(粉末)、お吸い物の素(粉末)など)

幼児食は、味覚を育てる時期です。加工食品ばかり与えていると味覚の麻痺を引き起こす可能性があります。加工食品や濃い味つけのものばかりに慣れてしまうと薄味の食事が物足りなくなってしまい、素材本来の味が分からなくなってしまいます。

 

インスタントラーメンは、塩分過多になります。スナック菓子やファストフードなどは、ハイカロリーで塩分や油分が多く、内臓の未熟な幼児にはかなりの負担がかかります。ピザ、パスタなどの冷凍食品などは、保存料、化学調味料、着色料などの添加物ばかりです。

ソーセージやベーコンなどの加工肉は塩分や油分が多く、食品添加物も多量に含まれています。ちくわなどの加工食品を与える時には、湯がくなどして塩分を落としましょう。

 

だしの素やお吸い物などの粉末で汁物を作るのではなく、出来るだけ昆布や鰹、にぼしなど食材自体から出汁を取るようにしましょう。市販の粉末を使う場合は、無添加の物を選びましょう。

市販のお惣菜を与える時は、熱湯で茹でてから余分な味付けを流す

どうしても市販のお総菜を与える時には、表面だけでも水などで洗い流して濃くついた調味料を落としましょう。簡単に追加できる水や具材を足して薄味にしてみます。揚げ物などの衣は、剥がしてください。

 

毎日手作りばかりでは疲れてしまう時もあります。市販のお総菜に頼るのは決して悪い訳ではありませんが、子どもに与える時には出来るだけ薄味になるように注意してください。

 

与えてはいけない食材・食品

大人と同じ味つけでも構いませんが、幼児に与えてはいけない食材や食品があります。生の玉ねぎや葱、明太子やキムチ、大人用のカレーやスパイシーな物など刺激が強い物は胃腸に負担がかかります。

 

刺身や生卵などの生ものは、雑菌がある可能性があります。3歳頃までは、しっかりと加熱して与えてください。鮮度の良い生ものなら2歳を過ぎた頃に少量なら与えても良いでしょう。漬物やイクラ、かずのこなどは塩分が含まれてすぎているので避けてください。どうしても与える時には、水で塩分を洗い流すなどして少量だけ与えます。

 

餅やキャンディ型のチーズ、ナッツ類やこんにゃくなどは、誤飲の可能性がありますので3歳を過ぎるまでは控えるようにしましょう。糸こんにゃくなどは、2歳を過ぎていれば短く、細かく切っていれば与えても問題はありません。

 

牛タンや牛スジ、イカやタコ、サザエなどの貝類や海藻などは、噛みにくいので注意してください。細かく切ってもこれらの食材には、弾力があり、噛みにくく飲み込みにくいのでわざわざ幼児に与える必要はありません。

 

また、食物アレルギーがある場合、離乳食が終わったからといって自己判断で与えてはいけません。医師に相談しながら症状や症状の改善に合わせて食べ方や量を変えていきましょう。

 

幼児食の味つけについての基本的な知識や注意点まとめ

幼児食は、2~3歳頃までは薄味が基本です。幼児食の頃から濃い味つけに慣れてしまうことで成人病や糖尿病になる恐れがあります。薄味に慣れさせ、素材本来が持つ旨味や甘みを感じられるようにしましょう。

 

塩分や脂肪分が多い食事は、避けるようにしてください。幼児は、消化機能が未熟なので消化不良を引き起こす、高血圧や糖尿病になる可能性があります。食事以外にもスナック菓子やジャンクフード、炭酸飲料水などは塩分が多く含まれているのでなるべく与えないようにします。

 

内臓が未熟な幼児には、消化不良の原因となる辛い物や刺激物は与えないようにします。調理の過程で使用する料理酒やみりんなどは、しっかりと加熱をしてアルコール分を飛ばせば幼児に与えても問題はありません。加工食品は、味覚の麻痺を引き起こす可能性があるので幼児に与えることはおすすめ出来ません。

 

インスタントラーメンや冷凍食品、スナック菓子やジャンクフードなどは、塩分や油脂分が多くハイカロリーで幼児食には好ましくありません。市販のだしの素などを使用する場合は、無添加の物を選びましょう。市販のお惣菜を与える時は、熱湯で茹でてから余分な味付けを流すなどして与えましょう。

 

刺激物や塩分の多いもの、生ものや誤飲の可能性があるもの、噛みにくいものや飲み込みにくい食品は、なるべく与えないようにします。生ものなどは、3歳を過ぎた頃に少量ずつ与えても良いでしょう。

認定試験一覧