日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

蒸留酒のとは? 醸造酒との違いと種類について

普段あなたはどんなお酒を飲むことが多いでしょうか?まずはビール、その後は料理に合わせてだけど最近カロリーが気になる、という方は多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのは醸造酒よりも蒸留酒です。蒸留酒、と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、代表例は焼酎です。霧島、森伊蔵などの名前を耳にしたことはないでしょうか。焼酎は、糖質が低いこと、度数が高いこと、ちびちび楽しめることから低カロリーに楽しめるお酒です。この記事では、焼酎を含む蒸留酒とは何か、どんな種類、特徴があるのかをご説明します。

蒸留酒とは?

蒸留酒とは作り方からされるお酒の分類の1つです。そのため、まずはお酒の製造方法による分類3つ「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」をご説明します。

製造方法は「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒(再製酒)」の3種類

醸造酒:原料に酵素や酵母を加えアルコール発酵させたもの

これは、果実や穀物などの原料を酵母や酵素の働きを利用し、発酵させることでアルコールを得て、お酒をつくる方法です。この説明だけだとイメージしづらく感じますが、樽詰めされたワインやビールをイメージしていただければ問題ありません。実際のところ樽の使用は高級ワインなどに限られ、近年ではステンレスタンクで大量に醸造することが多いです。

蒸留酒:醸造酒をさらに加熱して蒸発させ、アルコールを摘出したもの

これは、醸造酒を加熱しアルコールを先に蒸発させることで、余分な水分や不純物を残して、純粋なアルコールを抽出したお酒です。代表的な蒸留酒は焼酎、ウイスキー、ブランデーなどです。

混成酒:醸造酒や蒸留酒にハーブや果実、香辛料や糖分などを加えたもの

これは、醸造酒や蒸留酒にハーブ、果実、香料、糖分などを加えて作るお酒です。そのため、居酒屋でよく飲まれているチュウハイ、バーでよく飲まれているカクテルは全てこの混成酒に含まれます。

代表的な蒸留酒は焼酎、ウイスキー、ブランデーなど

蒸留酒にも多くの種類がありますが、見聞きする機会が多いのはこの3種類です。

焼酎

日本酒を蒸留して作られるので、日本人にとても馴染み深い蒸留酒です。

また、日本で1年間に飲まれるアルコール飲料の約10%が焼酎(平成28年度)のため、沢山の人に親しまれていることが分かります。

ウィスキー

実は、ビールを蒸留して作られる外国のお酒です日本での消費量は焼酎と比べると少ないながらも、小雪さん、ローラさん、吉高由里子さんなど著名な方のCMが沢山放送されているため、知名度の高い商品が多いです。

ブランデー

ワインを蒸留して作られるお酒です。ちょっと高いお店でないと置かれていませんが、ヘネシーなどが有名です。ワインを蒸留して作られるため、他の醸造酒にはない特有の甘さから、チョコレートに合うお酒としても有名です。

正式なルーツは不明

今では世界中で作られている蒸留酒ですが、そのルーツは大半が記されておらず、多くが謎に包まれています。分かっているのは、蒸留という技術自体の始まりが紀元前に栄えたメソポタミア文明までさかのぼるということです。

発掘された土器などからすると、蒸留することで香水を作っていたのは確実とされています。

同時にお酒の蒸留も行っていたのかは不明ですが、中世ヨーロッパの錬金術の流行とともに世界中に蒸留酒が広まっていき今日に至ります。

醸造酒との違い

蒸留酒と醸造酒が製造方法の異なるお酒、ということは分かりました。ここからは、他にどのような違いがあるのか解説します。

醸造酒

アルコール度数は5~15度程度

醸造酒は、果実や穀物をそのまま、または糖化させたあと、酵母の働きにより発行させることでアルコールを得ます。あくまで菌の働きでアルコールを作ってもらうため、アルコールの度数はそこまで高くならず、5度~高くても15度程度になります。

製造工程の不純物が残る

醸造酒は、製造工程に糖化、発酵などのために様々な物を加え、時間をかけて製造するため、不純物が混ざりやすいです。この不純物とは単なる汚れなどではなく、香りや風味、雑味などとして醸造酒に作用します。

複雑な味わいがある

先の項目でも記載したように、醸造酒は不純物が混じりやすいため、お酒だけでは出せない、複雑な香り、風味を持つことが多いです。

代表的なのは、高級ワインの評価のポイントの1つである樽の香りなどです。長期間樽の中で熟成させることでワインに樽の風味が混ざり込み、それが複雑な味わいとなって現れます。

カロリー

同じ100mlあたりのカロリーで換算すると、ビールなどの醸造酒よりも蒸留酒の方が一般的に高カロリーです。参考までに、サントリーによると一般的なウイスキーのカロリーは100mlあたり233kcal、ビール(ザ・プレミアム・モルツ)100mlあたり47kcalです。

しかし、これは醸造酒と蒸留酒を同じ量で比較した場合です。実際にアルコール度数の高いウイスキーをビールと同量飲める人は多くいません。アルコール度数で比較すると、ビールが5度前後、ウイスキーが40度前後と大きな差があります。

そのため、ビール2缶(700ml)を飲んだ時と、ウイスキーをシングルで2.6杯(87.5ml)飲んだ時のアルコール摂取量がだいだい同じになります。これは一般的な人がお酒を楽しんだ、と感じるアルコールの摂取量です。

そこでカロリー摂取量を比較すると、ビール2缶(700ml)が330kcal、ウイスキーをシングルで2.6杯が203kcalと100kcal以上の差が生じます。

つまり、蒸留酒の方が低カロリーでお酒を楽しむことができるといえます。

蒸留酒

アルコール成分が濃縮されるため、アルコール度数が高い(40~60度)

蒸留酒は醸造酒を文字通り蒸留して作ります。つまり、醸造酒の成分を濃縮させているようなもののため、必然的にアルコール度数が高くなります。

例えば、サントリーの角瓶は40度、霧島酒造の黒霧島は25度と、ビールが平均的に5度前後の度数だと考えると、かなり高いアルコール度数であることが分かります。

蒸留により不純物がとぶ

蒸留酒は、蒸留工程で様々な不純物を取り除けるため、純粋なお酒を作ることができます。

不純物には香りや風味だけでなく、2日酔いにまで作用する様々な成分が含まれています。

そのため、きちんと蒸留された蒸留酒は、2日酔いになりにくいとされています。

糖質も抜けるため、糖質量が低い

蒸留によって不純物だけでなく、糖質もほとんど取り除くことができます。全て取り除くことはできませんが、ビールなどの醸造酒より確実に糖質量は少ないです。

糖尿病などの原因となる糖質の摂取量を気にされている方には蒸留酒がおすすめです。

蒸留酒の種類

ここまでで、蒸留酒は低カロリーで楽しめることをご説明しました。そんな蒸留酒について、どんな種類があるのかもっと知りたい、という方のためにここからは様々な蒸留酒の特徴、おすすめの飲み方について解説します。

焼酎

主な原料は米や麦、芋です。それぞれ米焼酎、麦焼酎、芋焼酎とよく耳にする焼酎になります。口当たりや風味はそれぞれ異なりますが、どの焼酎も素材の香りが活かされており、濃いながらも主張しすぎない味はやはり和食に馴染みます。

ウイスキー

主な原料は大麦、トウモロコシ、ライ麦などです。ウイスキーというと外国のお酒のイメージが強いですが、日本を含む、アメリカ、スコットランド、カナダ、アイルランドの5か国のウイスキーは5大ウイスキーと呼ばれ世界中にファンを持っています。

特徴はスコットランドのウイスキーが顕著ですが、燻したような香りです。ウイスキーだけでも成り立つ深い味わいと燻製のような香りは、食事よりもナッツなどのおつまみとの相性がいいです。

ブランデー

主な原料はリンゴ、ブドウなどから作られた果実酒です。その果実酒を蒸留して作られるため、口当たりがまろやかで甘みの多い銘柄が多いことが特徴です。ウイスキー同様にそれだけで味や香りが立っているので、ナッツなどのおつまみと相性がいいです。

また、ブランデーはチョコレートとの食べ合わせの良さも有名です。是非、良いチョコレートを食べる機会にはブレンデーも一緒に楽しんでください。

ジン

主な原料は大麦、ライ麦、じゃがいもなどでウイスキーと似ていますが、特徴的なのはジュニパーベリーと呼ばれる果実などボタニカルを加えて香りづけされるところです。

そのためジンは爽やかな香り、風味をもつ銘柄が多く、様々な食事にも合いやすいです。

ウォッカ

ジンと同様、主な原料は大麦、ライ麦、じゃがいもです。ジンと異なるのはボタニカルなどでの香りづけはせず、白樺の木から作った炭でろ過する、というところです。

このろ過のおかげで他の蒸留酒よりもくせのない透き通った味わいのため、蒸留酒のような強いお酒は初めて、という方にもおすすめです。

また、コンビニなどでよく売られているスミノフもウォッカから作られたお酒です。

泡盛

沖縄のイメージが強い泡盛ですが、原料はインディカ米(タイ米)です。そのため、原料のお米の種類が違いますが米から作られた、という点では米焼酎と同じです。異なる麹を使用する等製造工程で細かな違いもあり、米焼酎とはまた違った味わいが楽しめます。

沖縄料理店に行く機会には是非試してみてください。

テキーラ

原料はアガベと呼ばれるアロエのような植物です。他の蒸留酒と原料が大きく違うため香りも一風変わっており、ショットグラスで飲んでいるイメージが強いなど、普段飲むお酒としては敬遠されがちといえます。

しかし、実はソーダやジュースで割ってもおいしく飲むことができます。

また、メキシコ産のお酒ということもあり、タコスなどの濃い味の料理と相性が良いです。

蒸留酒の飲み方は、お湯割り、水割り、ソーダ割、ロック、ストレートと沢山ありますが、まずは自分でどの飲み方が好きか探してみることをおすすめします。

その後に気に入った飲み方に合う蒸留酒を探す、という方法であれば数ある蒸留酒の中から自分の好きなものを見つけやすいです。

醸造酒より蒸留酒で低カロリーに!焼酎など蒸留酒の種類を詳しく解説!のまとめ

蒸留酒は蒸留酒との製造方法の違いから、アルコール度数は高くなりますが、水や炭酸水で割ったり、ロックやストレートでちびちび飲んだりすれば、カロリーを抑えて長く楽しむことができます。

蒸留酒には普段の食事に合うものから、おつまみとの相性がいいものまでたくさんの種類があります。

度数の高さや、種類が良く分からない、などの理由で今まで敬遠してきてしまった方も、まずは自分の普段の食生活に合う焼酎などから探してみてはいかがでしょうか。

認定試験一覧