日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

ワインを飲む時におすすめの温度とは?ワインでよく聞く常温は一体何度?

特別な日に、ワインを購入したり、お店でワインの注文をすることがあります。ソムリエがいるお店に場合は、ワインが最も美味しく味わうことができる温度に管理されています。

 

自分で購入した場合は、飲む直前までは、床下収納やクローゼットなど陽当りの悪い、涼しくて湿度の高い場所に保管します。これを取り出して飲んでも、美味しいものとそうでないものがあります。

 

それは、どうして違うのでしょうか。ワインの種類によっても飲む時に適した温度というのがあるのでしょうか。そんな疑問を持つあなたのために、ワインを飲む時におすすめの温度をご紹介しましょう。

 

ワインと温度の関係

 

よく、ワインの温度は赤ワインは常温で、白ワインは冷やしてと言われます。高級な赤ワインはタンニンが多いため、少しだけ高めの温度で飲むことをおすすめしています。

 

辛口の白ワインは、すっきりとした酸味を楽しむために、充分に冷やすと美味しく飲むことができます。

 

甘口のシャンパーニュなどの発泡酒のワインは、冷蔵庫で充分に冷やすくらいの温度で楽しみます。

 

ワインの香りや味わいは温度に影響される

ワインの香りや味わいは、ワインを飲む前の温度と、飲む時の温度に影響されます。ワインには赤、白といったワインがありますが、他にもスパークリングワインやロゼワインがあります。

 

ワインの香りや味わいは、中に含まれるものによって違います。タンニンを多く含む高級な重い赤ワインは冷やしすぎると、渋みが協調されてしまいます。そこで、常温で飲むと良いと言われています。

 

白ワインは、冷した方が良いと言われますが、あまり冷やしすぎるよりも少し温度が高めの方が香りが豊かになります。甘すぎる味を好まない人は、冷やすことで、すっきりとした甘さになります。

 

このように、ワインの香りや味わいは、温度によって違ってきます。

 

ワインをおいしく飲む温度は種類によって異なる

ワインは、甘味や渋み、香りを楽しむために、適した温度があります。ワインの美味しく飲む温度は、同じ赤でもフルボディと呼ばれる重いものと、ライトボディlと呼ばれる軽いものによって、違ってきます。

 

白ワインも辛口のものと甘口のものでは、適温が違います。

 

また、白の中でもスパークリングワインは、普通の白ワインよりも、適温が低めになります。このように、ワインを美味しく飲む温度は同じ赤や白と言っても、種類や作られた地方によっても違ってきます。

 

温度別の味わい

 

ワインは温度別に味わいが違います。同じワインでも、温度を少し上げたときと下げたときでは、甘味や渋み、酸味といったものが違ってきます。

 

同じワインでも、好みによって温度を変えると、味わいが変わるので楽しむことができます。

 

甘み

ワインは、温度が低いほど甘味がすっきりとします。

 

逆に、温度を上げると、甘味が強くなります。

 

白ワインの中でもシャンパーニュの発泡ワインは、冷やすことですっきりした甘味を感じることができます。これは、スパークリングワインだけでなく、ロゼワインも同じです。ロゼも冷やすことで、美味しく味わうことができます。

 

渋み

赤ワインにはタンニンが含まれています。特に重いフルボディの赤ワインは、タンニンが多く含まれるため、冷やすと渋みが協調されてしまい飲みにくくなります。

 

温度が高いと渋みはまろやかになりますので、重い赤ワインは、高めの温度で飲むことをおすすめしています。常温、高めと言っても15℃前後に温度が適温です。近年の初夏から秋にかけての、気温は20℃を超えてしまいます。梅雨に入ると、30℃を超えます。

 

常温に置くと言っても、室内が暖かい場合は、少し冷やすことも必要かもしれません。

 

酸味

ワイン用のブドウに含まれる3つの主な酸は、

 

酒石酸

リンゴ酸

クエン酸

 

になります。さらに、ワイン醸造時に、酢酸、酪酸、乳酸、コハク酸といった酸が味を作るために、関わっています。

 

酸味は、冷やすとシャープなものになり、温めると柔らかいものになります。ワインは、他の味との兼ね合いもあり、渋みが強い赤ワインは、甘味が少なく、甘味が強い白ワインは、渋みが弱いと言います・

 

そして、ワインは渋みと酸味を合わせて味わうか、甘味と酸味を合わせ味わうかによって、楽しむことができます。そこで、渋みの強い赤ワインは柔らかい酸味を楽しみ、白ワインでは甘味とシャープな酸味を楽しむことができます。

 

コク

ワインには、水分、アルコール、糖、酸の他に、ブドウを育てる土壌によって、微量なミネラル分が含まれます。

 

アルコール分やワインの中の不揮発性成分の量が高めか低めかで、

 

重い赤ワイン

軽い赤ワイン

 

と呼ばれます。

 

こういった成分量が高いワインは、コクがある、フルボディのワイン、重いワインと呼ばれます。

 

ワインにおける常温

 

ワインの適温は、白ワインやロゼワインは低めに、赤ワインは高め、または常温でと言います。

 

しかし、この常温は、中世のフランスの平均気温になります。地球温暖化によって春先でも20℃を超える日本はもちろん、フランスでの17世紀に比べると気温は上がっています。

 

そのため、当時の常温と現代の常温はかなり違ってきます。

 

17世紀頃のフランスの平均気温

17世紀は、ヨーロッパは、イギリスの「名誉革命」ドイツの「三十年戦争」、そしてフランスでは「フロンドの乱」と、多くの事変が起こります。天候も、小氷期という時期になり、農業生産にも影響が出てきます。

 

現在のフランスよりも、平均気温は2度ほど低くなっています。現在のフランスは、東京の気温よりも全体に5~10℃低いため、一番暑い夏でも25℃くらいになります。

 

17世紀のフランスの平均気温は、8月で23℃、春・秋は10℃~20℃になります。そのため、1年中の平均気温はおよそ15℃くらいで、それが赤ワインの時に言われる常温にといわれる理由です。

 

ワインを保存するときの温度

ワインを保存する時の温度も、常温でとなっていますが、およそ15℃前後が適温になります。赤ワインは、飲み時の温度も常温の15℃くらいになります。

 

14~17℃くらいのこと

17世紀のフランスでは、4月で10℃、5月で13℃、6月で18℃くらいでした。そこで、ワインにある常温とは、14~17℃のことを言います。現代の東京では3月から4月初めの気温になります。

 

フランスでの常温がワインの常温となりますので、日本での常温は3月から4月初めの気温で、それ以外では暑すぎる、または寒すぎるため、常温でと書いてあってもそれ以外の温度に調整することが必要です。

 

ワインの常温は少し肌寒く感じる温度

ワインの常温は、現代の東京の3月の終わりから4月初めの気温になります。私たちにとって少し肌寒く感じるくらいの温度が適温になります。

 

ワインを飲む時の適温は?

 

ワインには、渋みや甘味、酸味などを一番適温で飲むことができる温度があります。そして、その温度はワインの種類によっても違います。

 

それでは、ワインの種類による違いをご紹介しましょう。

 

赤ワインの場合

一般的に、赤ワインは高めと言われますが、赤ワインの中でもコクの高い、低いによって飲み頃の温度が異なります。

 

フルボディの重い赤ワインは、少し高めの16~18℃にします。

 

逆に、軽目のライトボディの赤ワインは、12℃くらいが適温になります。中口のミディアムボディなら、13~16℃が適温です。

 

白ワインの場合

白ワインも甘口と辛口によって、違います。

 

辛口の白ワインは、7~14℃で、ライトボディの赤ワインとほぼ同じくらいの常温になります。

 

しかし、甘口は5~8℃の低い温度まで冷やします。真冬でも暖房が効いた家が多い現代、冷蔵庫で冷やしてからすっきりと飲むと、甘味も爽やかになります。

 

スパークリングワインの場合

スパークリングワインは、5~8℃に冷やします。甘味の白ワインと同じで、しっかりと冷した方が甘味がしつこい感じになりません。

 

すっきりとした甘味を楽しむために、少し長い時間、冷蔵庫で冷やしましょう。

 

他にもロゼワインは、7~14℃、ライトボディの赤ワインと同じくらいにします。

 

ワインの温度の下げ方

 

スパークリングワインや甘口の白ワインは、5~8℃にしますが、冷蔵庫の庫内温度は3~6℃と少し低めです。そこで、専用のワインクーラーで保管、冷やすのが一般的となっています。

 

ワインクーラーが一般的

ワインクーラーはワインを冷やす容器です。シャンパンクーラー、ボトルクーラーとも言い、ワインが1本入るものと、5~6本入った大き目のものがあります。

 

冷蔵庫よりも短時間で冷やすことができますので、ワインを手早く美味しく飲用したいときに便利です。そのため、ワインを冷やすためには、ワインクーラーが一般的です。

 

液面がしっかりつかるまで氷水いれる

ワインクーラーには、ステンレス製、透明アクリル製、ヒノキ製などがあります。ワインクーラーは、液面にしっかりとつかるまで氷水を入れて冷やします。

 

透明アクリル製のものは、とてもおしゃれでテーブルコーディネートの時、演出効果もあります。

 

ヒノキ製は、クーラーの外側まで冷えないため、結露しにくいのが特徴です。

 

一般的に販売されているステンレス製のワインクーラーは、中のボトルを早く冷やすことができます。他にもガラス製、ホーロー製のものもあります。

 

氷を使うことができない場合には、保冷剤付きの包んで冷やす携帯タイプのものや、素焼きのテラコッタを使った自動冷却タイプのワインクーラーが便利です。

 

冷やしすぎに注意

ワインクーラーに入れると、ワインはすぐに10℃以下になります。そこで、あまり冷やしてほしくない赤ワインや辛口の白ワインなどは、飲む少し前に入れるようにしましょう。

 

甘口の白ワイン、スパークリングワインは長めに冷やしますが、冷やしすぎると冷たくなりすぎてしまいます。飲みやすい温度にするためにも、お店で飲んだ時の味を覚えておき、近い味になったら、ワインクーラーから出す方法がおすすめです。

 

ワインを飲む時におすすめの温度とは?ワインでよく聞く常温は一体何度?のまとめ

 

ワインの適温は、種類や味によって様々です。同じ赤ワイン、白ワインでも甘口辛口、コクの高い低いで違ってきます。

 

赤ワインは常温、と言いますが、これは17世紀のフランスの気温を常温としたものです。

 

例えば、東京の常温とは違います。基準となった常温がかなり低い気温だったため、東京で飲む場合は、少し低温にすることが必要です。

 

ワインの適温は、お店で飲んだ味に合わせると、一番美味しい温度で飲むことができます。ワインにふさわしい適温を知って、ワインの美味しさを楽しみましょう。

認定試験一覧