日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

手づくりパンをおいしく食べたい!ふんわり焼くコツを知ってあなたもパンマスター

パンがブームになっている今、自分でつくる方が増えています。パン作りをすれば、おいしいパンをいつでも食べられると思うでしょう。

 

しかし、理想のふわふわのおいしいパンを作るのは難しいです。なんとかして、理想のパンを作りたいと奮闘している方もいらっしゃいますが、それにはコツがいるのです。ちょっとしたコツを知ることで、理想のふわふわパンが仕上がります。

 

どんなことに注意して作ればいいのでしょうか?

 

ふわふわのパンをつくるには?

 

理想のふわふわパンってありますよね。これを作るにはどうしたらいいのでしょうか。おいしいパンをつくるために基本を押さえておきましょう。

 

○パン作りの基本工程

パンの基本工程を確認しましょう。

 

捏ね→一次発酵→ベンチタイム→二次発酵→焼成

①まずは、材料を混ぜましょう。

小麦粉・水・塩などをしっかりと混ぜます。

 

②次に、捏ねる段階です。

ここでしっかりと捏ねないと、柔らかくふわふわのパンは仕上がりません。

 

③捏ねる段階の間に一時発酵と二次発酵を行います。

生地を休ませるベンチタイムも忘れてはいけません。

 

③その後、オーブンで焼成をして完成です。

オーブンから出したら、粗熱をとってから食べましょう。

 

 

材料、生地作り、焼成をきっちりおこなうことでふわふわになる

パン作りの工程はしっかりとおこなうことが大切です。全てのステップをきちんとおこなうことで、パンがふわふわになります。

 

レシピ通りにおこなおうとしても、気温や湿度などが影響してしまうことも多いです。パンに適した状態でおこなえるように、気を付けましょう。

 

ふわふわのパンをつくるポイント

 

ふわふわのパンを作る時のポイントを押さえておきましょう。どんなことに注意すればいいのでしょう。

 

材料は正確に測る、目分量はNG 

まずは、材料をしっかりと計量することがポイントです。家庭で料理をする際、目分量で行ってもおいしく仕上がることも多いですが、パンに関して目分量はご法度です。

 

全ての材料は正しい量であれば、それぞれにいい影響がでますが、過不足があれば悪い影響が出てしまいます。しっかりとレシピ通りに材料を計量しましょう。

 

イーストが古くなっていないかを確認

また、材料の状態も要注意です。イーストが古くなってはいませんか?長期で保存できることが特徴のドライイーストも、保存期間は1年です。

 

保存状態が悪かったり、保存期間が過ぎてしまっていたりするとイーストの状態がよくありません。

そんなイーストを使うと、パンがしっかり膨らまなくなります。

 

卵、バター、牛乳は常温に戻しておく

また材料は基本的に常温に戻しておく必要があります。卵、バター、牛乳など、使う際には冷蔵庫から出しておきましょう。

 

手順

パン作りの手順はどれが抜けてもおいしいパンはできません。

捏ねる、一次発酵、捏ねる、二次発酵、ベンチタイムなど、沢山の工程と沢山の時間がかかりますが、それを手順通りにしっかりとこなしましょう。

 

砂糖とイーストは相性がいい(入れる場所は近く)

また、材料を混ぜるときにもポイントがあります。砂糖はイーストと相性がよく、結び付くことで発酵を促します。そのため、入れる位置は近くにしましょう。

 

逆に、塩は殺菌効果があるため、イーストを殺してしまう可能性があります。そうならないように、イーストとはできるだけ離して、直接触れない位置に入れましょう。

 

捏ね

捏ねる工程はとても大変です。

 

しっかりと捏ねる

しっかりと捏ねなければグルテン膜が作られません。

 

グルテン膜ができていないときちんと膨らまない

グルテン膜は発酵時に発生する炭酸ガスを生地の外に逃がさない役割をするため、それがないと生地がうまく膨らまなくなってしまうのです。

 

捏ねる工程を怠らないようにしましょう。

 

発酵

発酵時間はレシピに記載されているものの、実際にチェックするようにしましょう。

 

フィンガーテストで完璧な発酵をする

それには、フィンガーチェックをするといいでしょう。

 

<一次発酵>

一次発酵は指で押して、穴がそのままになれば発酵完了です。

 

逆に、穴が反発して戻ってくればまだ発酵が浅く、指で穴を開けたらプシュッという音がしてへこんでしまったら過発酵ということになります。

 

<二次発酵>

二次発酵では指でなく、指のはらで生地の側面を押さえましょう。同じようにそのままの形が残れば発酵完了です。

 

反発して生地が戻ってくればまだ発酵ができていない、生地全体がへこんでしまっては過発酵ということです。

 

形成

パンの形を整える作業です。

 

パンの表面をピンと張る

ポイントはパンの表面をピンと張ることです。焼成の段階で表面がピンと張っていないと火が均等に入りません。

 

とじ目をきちんと閉じる

パン生地のとじ目をきちんと閉じることで、そこから炭酸ガスが漏れずに、きれいに膨らみます。

 

焼成

パンの最終工程である「焼成」です。ここにも大きなポイントがあります。

 

必ず予熱をする

まずは必ず予熱をすることです。予熱をしなければ低温から焼くことになり、パンがオーブンの中にある時間は、長くなってしまいます。オーブンの中は乾燥しているため、時間が長くなるとパンがどんどん乾燥してパサパサになってしまいます。

 

焼き時間は絶対にのばさない

同じように、焼き加減が足りなかったといって、焼き時間を伸ばしてはいけません。ふわふわの生地がどんどん失われて行ってしまいます。

 

ふわふわなパンにするコツ

 

ふわふわパンは、プロでも意外と難しいものです。そんなプロも悩むふわふわパンを家庭で実現させようと思うとコツを知っておかなければいけません。おいしく作るコツは何なのでしょうか?

 

水分を保持する

ふわふわのパンを作るには、水分がとても重要です。パン生地からできるだけ水分が飛ばないよう、乾燥を防がなければいけません。

 

オーブンのスチーム機能を使う

オーブンにスチーム機能が付いている場合は、利用することをおすすめします。オーブンの中はとても乾燥しているため、パンのふわふわが失われてしまう可能性が高い工程です。

 

予熱の段階から耐熱容器にお湯をいれておく

スチーム機能がない場合は予熱の段階から耐熱容器にお湯をいれておくといいでしょう。

 

ふわふわになりやすい材料

リッチなパンの方が、ふわふわの生地を作りやすいです。

 

卵、バター、生クリームを使用

卵、バター、生クリームを使用することでパン生地の保水力が高まって、乾燥からパン生地を守ることができます。

 

粉の種類に注意

質の低い小麦粉だと、もともと小麦粉から水分が抜けている為、もともと水分が不足している状態のため、パンにした時にパサパサの状態になります。

 

粉の種類で固くなりやすさが異なる

価格だけではありません。小麦粉がどんな状態で保存されていたかも影響してきます。粉の状態を確認することを忘れないようにしましょう。

 

失敗しやすいポイント

 

ふわふわのパンを作ろうと思っても、失敗することもあります。失敗しやすいポイントを把握することで、それを未然に防ぐことができます。

 

材料、生地の温度

パン作りには温度が重要です。

 

冷たいと発酵不足、温かいと過発酵になる

パン生地が冷たいと発酵不足、温かいと過発酵になってしまいます。季節によって気温が違いますから、パンを作る際には注意しなければなりません。冬場の寒い時期であれば、水をぬるま湯にしたり、夏場では水を冷水にしたりして温度を調節するようにしましょう。

 

材料を目分量で測る

材料を目分量で測ることは失敗の原因になります。

 

パン作りは1gの誤差でも失敗する

パン作りは1グラム間違うだけでも、失敗してしまいます。しっかり計ったつもりでも、誤差が生じる場合があります。それは、計量器に原因がある場合もあります。デジタル式でグラム単位がきちんと計れるものにしましょう。

 

霧吹きのタイミング

パンに霧吹きで水を吹きかける人がいますが、それはNG行動です。

 

水分が多すぎる、少なすぎる

焼く直前に霧吹きで水を吹きかけてしまうと、オーブン内で急激に水分が蒸発してしまい、結局水分が多く蒸発してしまいます。

 

どうしても水分を吹きかける場合には、発酵段階まででとどめておきましょう。

 

家庭のオーブンを理解していない

オーブンはそれぞれにクセがあります。ご家庭のオーブンのクセを理解していますか?クセを理解していなければ、レシピ通りに作っていても失敗してしまうことがあります。

 

予熱不足、焼き時間を伸ばす

まずは、オーブンのクセを把握しましょう。そうすることで、予熱の時間や温度を微調整することができます。

 

手づくりパンをふんわり焼くコツについてのまとめ

 

パン作りで失敗はつきものといえますが、できれば毎回ふわふわでおいしいパンに仕上げたいですよね。ここでご紹介したように、ふわふわに焼くのは沢山のポイントとコツがあります。

 

細かいポイントにはなりますが、そんなコツをマスターしていくことで、パンをおいしく焼き上げることができますよ。

認定試験一覧