日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

毎朝美味しい焼き立てパンを!パン作りの魅力と趣味としての始め方

どんなに焼き立てパンを食べたいと思っていても、身近な所に焼き立てパンを提供するお店がないことがあります。パン屋さんの開店時間まで待てないこともあります。自分で焼き立てのパンを食べたいと思ったらどうしますか?仕事にするほどではなくても、自分でパンが焼けたら、楽しいですね。

 

今回は、パン作りを趣味として始めたい人のために、パン作りの魅力についてご紹介しましょう。

 

パン作りの魅力とは?

 

パン作りを始めると、機会をみてはパンを作りたくなります。用もないのに、自然食材のお店に入って、国産の強力粉を買ってしまいます。バターが不足すると聞くと、買いだめをしたくなってしまいます。

 

そして、せっかくの休みの日なのに早起きをして、パンを捏ねている自分の姿に、思わず笑ってしまいます。

 

自分でつくるから焼きたてが食べられる

自分でパンを作ると、捏ねて発酵して焼き上がった時、上手く行った時も、そうでない時も、不思議と美味しく感じます。失敗した時は、パンがふっくら膨らまず、生地が固くなることもあります。それでも、買ったパンよりも美味しいのです。

 

どうしてでしょう。買ったパンなら、きっと不満に思うことさえ、自分で作ったパンなら、満足してしまいます。自分で作ると、ホカホカの焼き立てだからでしょうか。そう、自分でパンを作る一番の魅力は、なんと言っても、焼き立てパンが食べられることです。

 

熱々の焼き立てパンは、家中に良い香りもします。普段は調理パンを2個も食べればお腹いっぱいなのに、香りに誘われて、つい手が出てしまいます。

 

これが、自分で作った焼き立てパンの魅力です。

 

添加物が含まれないパンを食べられる

お店で販売しているパンには、2種類のパンがあります。パン職人が提供する焼き立てパンと、製パンメーカーが作る袋入りのパンです。

 

製パンメーカーが作るパンは、日持ちさせるために、酸化防止剤や防カビ剤などが含まれます。着色料を含むこともあり、原材料の原産地も不明です。

 

以前、菓子メーカーで賞味期限が切れているアンコを使った、バターを使った製品を販売して、問題になったことがあります。製パンメーカーが作るパンは、こういったことに関して、消費者は何もわからないという不安があります。

 

個人店やフランチャイズ店のベーカリーでは、パン職人が手作りパンを焼いて販売しています。

 

そのため、添加物が含まれず、日持ちしません。添加物が入っていない分安心ですが、原材料の原産地はわかりません。

 

また、平台にパンを乗せて販売しているお店では、パンがそのままむき出し状態で、子どもが指でつついていたり、中には購入している人のカバンの底がパンに触れているということもあります。パンを掴むトングを下に落として、そのまま素知らぬ顔で戻すという人を見たこともあります。

 

スーパーの惣菜売り場で食中毒問題がありニュースになることがありますが、むき出しのパンを販売するベーカリーでも、いつこういったことがあるかわかりません。

 

しかし、自分で手作りするパンは、小麦粉やバター、卵と材料から自分で選ぶことができます。そのため、こだわる人は、地元の強力粉や卵、国産バターを購入して作ることができます。子どもにアレルギーがあれば、強力粉の代わりに米粉を、牛乳の代わりに豆乳を使って作ることもできます。

 

自分でしっかりと手を洗い、焼き上がるまできれいなキッチンでパンを作れば衛生面での不安もありません。特に、小さい子どもや高齢者の家族のために、パンを食べさせてあげたいと思ったら、手作りパンが一番安全です。

 

オリジナリティのあるパンがつくれる

前の日の惣菜が余っている、そんな発想で作られた惣菜パンもあります。家庭も同じで、前日の揚げ物を挟んだり、賞味期限が近い缶詰を乗せて焼くと、オリジナリティのあるパンが作れます。

 

甘いものが好きなら、チョコレートを乗せたり小豆の缶詰を開けて中に詰めるのもいいですね。一緒にバナナを乗せてチョコバナナパンを作ることもできます。

 

野菜が不足していると思ったら、お焼きのように野沢菜の漬物を中に詰めてその上にチーズをのせて焼いてみてはいかがでしょうか。

 

ベーカリーで「これとこれが一緒に食べられるパンがあればいいのに」と思ったことがあるなら、ぜひ自分だけのオリジナルパンを焼いてみましょう。

 

好きな味、自分好みのパンを追求する

チーズが大好きなのに、チーズパンといったらオニオンやホワイトソース、ハンバーグと定番のものばかり、と思うことはありませんか。

 

そんな時は、自分だけの好きな味で自分好みのパンを作ることもできます。時には失敗することもありますが、追及していくうちに当たりが見つかることがあります。

 

他の人に話すと、「えー?それ合うの?」と驚かれるかもしれませんが、そんなことを試すことができるのも、手作りパンならではの楽しみ方です。

 

会話が弾む

パン作りを家族としてみませんか。パンの生地を捏ねるのは一苦労ですが、中学生や高校生の子どもがいたら手伝ってもらいましょう。小学生でも力自慢の子どもがいたら大助かりです。

 

好き嫌いがある子でも、自分が作ったことで、残さずに美味しく食べられるかもしれません。小麦の配合や温度、水加減などを工夫して、子どもの夏休みの自由研究にしても面白いかもしれません。

 

パン好きの家族がいれば、パン作りは趣味だけでなく、家族との会話のきっかけにもなります。

 

1人暮らしの人なら近所の人や友人、会社の同僚を誘ってホームパーティーを開いても楽しいです。

 

パン作りを趣味にするおすすめ理由

 

テニスやゴルフ、絵画に映画鑑賞と趣味は千差万別ですが、パン作りの趣味は実用性も兼ねます。

 

食事やおやつにできる

趣味のパン作りが食事になります。朝、焼き立ての手作りパンを食べて一日を過ごせたら、こんなに贅沢なことはありません。

 

また、おやつ替わりにもなります。成長期の子どもたちが学校から帰ってきたら、早速焼き立てのパンを出してあげましょう。遊びに来た子どもの友達も喜びますよ。いつも、おやつにスナック菓子を食べていた子どもには、手作りパンの方が、ずっと健康的です。

 

トッピングに、玉ねぎやツナを乗せてピザ風パンを焼いてあげれば、野菜嫌いの子どもでも、大喜びです。

 

少ない材料で始められる

手芸や油絵と違い、少ない材料で、しかも家にある材料で始めることができます。必要なものは、オーブンとボウルだけです。ほとんどの家庭にあるものばかりです。

 

他にも強力粉とバター・卵、ベーキングパウダーと、近所のスーパーで何千円もかけることなく揃えることができます。少ない材料と家庭にあるもので気軽に始めることができる趣味です。

 

作業自体は難しくない

小学生の子どもが、夏休みの自由研究でチャレンジできるパン作りです。作業は、決められた材料を捏ねて、発酵し、成型してさらに発酵しオーブンで焼くだけです。

 

簡単で、しかも美味しく食べることができるパン作りに趣味は、楽しみながら続けられます。

 

家族や友人におすそわけ、プレゼントしやすい

たくさん焼きあがったら、近くに住む家族や、ご近所・友人にもおすそわけをしてみたらいかがでしょうか。誰でも食べるものをもらって嫌な顔をする人はいません。

 

服やアクセサリーは好みもありますが、焼き立てパンならだれでもうれしいものです。もちろん、アレルギーやグルテンフリーにこだわる人なら、強力粉で作ったパンは食べられません。あらかじめ知っていれば、米粉のパンを焼いてプレゼントするのも1つです。

 

焼き立ての米粉パンをプレゼントされたら、小麦粉アレルギーの子を持つお母さんもうれしいですね。

 

趣味での始め方

 

それでは、パン作りを趣味で始めるためには、いったい何から始めたら良いでしょうか。

 

本・ネット

まずは、製パンの本やネットの料理サイトを調べてみましょう。手作りパンのレシピは、色々なところで探すことができます。ネットのレシピサイトには、初心者でも始められるような、簡単親切なものもあります。

 

料理教室

料理教室の中には、一日体験からパン作りの講座があります。本格的なものになれば、パンコーディネーターやパンシェルジュ・パンアドバイザーといった資格を取るための講座もあります。

 

通信教育でパン教室が開校できるまでの講座もあり、料理教室で学ぶ方法は人それぞれです。実際にプロの手で教えてもらうことができますので、簡単に本格的なパンまで作れるようになります。

 

独学でもレシピがあれば簡単に始められる

お菓子作りが得意、料理が好きという人なら独学でパン作りを趣味にすることもできます。はじめは、ネットで探したレシピで始めて、次々と自分だけのオリジナルパンを作ってみましょう。可愛くて楽しいパンを作れば、それだけで趣味が広がります。

 

毎朝美味しい焼き立てパンを!パン作りの魅力と趣味としての始め方まとめ

 

パン作りはとても楽しくで、焼きあがったパンを食べると美味しさも味わえる、二重にお得な趣味です。美味しくて安心安全な手作りパン、そして焼き立てのパンは味だけでなく香りも最上級です。

 

焼き立てのパンを食べられるだけでも、魅力的な趣味です。

 

パン作りは始めるのも簡単です。お金も、ほとんどかからず実用性のあるパン作りは、家族の健康にも役立ちます。ぜひ、パン作りの趣味を生かして、毎日美味しい自分だけのパンを作ってみてはいかがでしょうか。

認定試験一覧