日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

無塩バターと有塩バターの違いは?2つの役割と代用するときの注意点について

バターを買いに行ったときに、無塩バターと有塩バターの2つがあって戸惑った経験はありませんか?料理のレシピには有塩バターと無塩バターは、使い分けて書かかれています。

 

両方のバターが家庭に置かれていることは少ないでしょう。2つのバターの違いや役割はどんなことなのでしょうか?代用することはできるのでしょうか?

 

無塩バターと有塩バターに違いについて知っておくと、いろいろな料理で便利です。パン作りでも大切な知識です。

 

今回は、無塩バターと有塩バターの違いや役割、代用する時の注意点についてまとめてみました。

 

パン作りにおけるバター

 

リッチなパンを作るにはバターが必須です。どんなバターを使うかで、パンの仕上がりが大きく変わってきます。パン作りから見たバターを考えてみましょう。

 

パン作りのバターは基本的に「無塩」

パンを作るうえでバターを使うことが多くありますが、無塩バターと有塩バターではどちらが適しているのでしょう。

 

パンを作るときに、有塩バターを使うと塩の味が邪魔になってしまったり、仕上がりに影響が出たりしてしまいます。無塩バターは塩が入っていませんが、有塩バターにはどれほど塩が入っているかはっきりと分かりません。

 

有塩バターの塩が邪魔になるのであれば、その分の塩を差し引けばいいのですが、レシピから塩を差し引くとしても、有塩バターにどれくらいの塩が入っているかわからなかったら、調整ができません。

 

その点、無塩バターは塩がはいっていないので、何の問題もなく使用することができます。パンやお菓子作りには基本的に無塩バターが好ましいです。

 

フランスでは無塩バターが主流

フランスでは無塩バターが主流です。料理でバターを使うことが多いフランスでは、家庭でも無塩バターを常備しています。フランス料理などでもよくバターが使われますが、塩分はチーズなどで摂ることが多いようで、有塩でなくても構わないのです。

 

そんな風に考えると、パンだけに限らずいろいろな料理で無塩バターの方が使いやすいということです。

 

バターの役割

バターの主な役割は次のとおりです。

 

適度な油分を含ませる

パンにバターを加えることで、適度な油分を含ませることができます。味にも大きく影響していきます。

 

 

生地の表面を滑らかにする

また、生地も滑らかになるので、食感が変わってきます。バターを多く使っているクロワッサンと、バターを使用していないフランスパンとでは、食感も味も風味も全く違います。2種類のパンの見た目や食感、味を考えると、バターの役割が理解しやすいでしょう。

 

バターの種類と特徴

 

それぞれバターの特徴を知っておくと、料理やパン作りに利用できます。どんな特徴があるのでしょうか?

 

無塩バター

無塩バターは、製造過程で食塩を加えずに作られています。塩分がないため、バター本来の風味が出せることが特徴でしょう。

 

他にも、小麦粉の風味も感じられるので、パンやお菓子作りに向いています。塩分が入っていないので、パンの味に影響がなく、無塩バターを使うことをおすすめします。

 

有塩バター

有塩バターは、製造過程で食塩を加えて作っているバターです。

 

基本的100gに対して1.5%程度の塩が入っています。塩が入っているために、無塩バターよりも長持ちすることが特徴です。

 

有塩ですので、口にした時に塩味を感じることができます。塩分を感じるという特徴を生かして、トーストパンケーキやコッペパンなど塗るといい塩味がアクセントになってくれます。

 

無塩バターを有塩バターで代用できる?

 

無塩バターと有塩バターを常時家庭に置いている方は少ないでしょう。作る料理によっては、どちらかを指定させる場合も多くあります。

 

無塩バターしかない場合には、レシピに有塩バターと書かれて入れば塩を加えればいいだけです。

では、その反対の時はどうしたらいいのでしょう。有塩バターは無塩バターとして代用できるのでしょうか?塩が入っているため、無塩バターには代用できないのでしょうか?

 

代用できるかどうか、その方法について見てみましょう。

 

できないことはないけど塩気がでる

レシピに無塩バターと記載されている場合、有塩バターに含まれている分の塩分が余分になります。バターを使う量が少量であればあまり影響はありませんが、多く使う場合は塩分を感じてしまうでしょう。

 

レシピによっては不可のものもある

有塩バターで代用できるレシピもありますが、できないものもあります。バターが多く利用されているレシピや塩分が邪魔になってしまう料理には、適しません。

 

バターの量が少ないパンであればOK

バターの量が少ないパンであれば、問題なく代用することができるでしょう。

 

有塩バターでの代用方法

少量であれば有塩バターを無塩バターの代わりとして、そのまま代用すればいいのですが、大量にバターを使用する場合、仕上がりの味に影響が出てきてしまいます。

 

レシピの分量の半分の量を無塩バター、残りは油で代用

大量にバターを使う場合の代用は、レシピにある無塩バターの量の半量を有塩バター、残りの分量は油で代用するといいでしょう。そうすることで、パンや料理に塩分が入りすぎることを防ぐことができます。

 

有塩バターと油をうまく利用しましょう。

 

バターの扱い方

 

パンを作る時にバターの扱いには気を付けなければいけません。どんなことに注意すればいいのでしょう。

 

バターを温めない

バターを溶かして使うという概念があるかもしれませんが、パンを作る際にはその行為はNGです。

 

パン生地の温度を上げないこと

バターを溶かすためにバターを温めると、バター自体の温度が上がってしまいます。それをパン生地に入れるのですから、パン生地自体の温度が上がってしまう訳です。

 

パン生地を捏ねる際に、手が熱い場合は冷やしながら行う必要があったりと、生地の温度を上げないようにしなければなりません。そのことから考えても、温めたバターを入れることはNGです。

 

室温を低く保つ

バターをパン生地に練りこむ時には、室温に戻しておきましょう。室温を低く保つことで溶けすぎず、生地にも影響が少ないバターの状態を保つことができます。

 

柔らかくするときは綿棒で叩く、こねる

バターの状態をコントロールしたい時には、綿棒を使うことをおすすめします。ジップロックやビニール袋などに入れて、綿棒で叩いたり捏ねたりします。

 

分厚いバターを薄くすることで、より使いやすい状態にすることができます。

 

バターは温度にとても敏感です。バターが溶け始める温度は20℃くらいです。使いやすい状態にするには少し温度が高いといえますので、13~18℃くらいの温度がベストです。指でさわった時に滑らかな断面図になるバターが一番よい状態です。

 

冷蔵庫から出した時の温度は、だいたい5℃くらいです。それを綿棒で叩いて伸ばしてこねて・・・と繰り返すと、いい温度にすることができます。

 

冷蔵庫から出してすぐに使うのではなく、ひと手間をかけることでよりよい材料となり、おいしいパンを作ることができます。

 

無塩バターと有塩バターの違いは?2つの役割と代用するときの注意点についてのまとめ

 

無塩バターと有塩バターは同じバターですが、その使い方は違いがあります。キーワードは塩分です。塩分が邪魔にならない料理であればどちらを使っても構いませんが、そうでない場合もあります。

 

バターを多く使う場合、有塩バターを無塩バターに代用するのは危険です。そんな場合は、有塩バターを半量、油を半量にして代用しましょう。

 

そもそも、無塩バターの方がいろいろな場面で便利です。有塩バターにするには塩を加えればいいのですから。家庭に有塩バターではなく、無塩バターを置いてみるのも、1つの手かもしれません。

 

有塩バターと無塩バターを上手く使って、いろいろな料理やパン作りをしましょう。

認定試験一覧