日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

完全攻略!タルト生地を型から外すコツについて

タルトを焼いたものの、キレイに型から外してお皿に乗せることができない、という悩みはありませんか。

型から上手に外せず、タルト生地が崩れてしまうということが良くあります。型から外すのが面倒なので、型に入れたままテーブルに並べてしまうこともあります。

そこで、タルト生地を型から上手に外すコツについて、ご紹介していきます。

タルト型からの外し方に関する困りごと

背が低めの金属のタルト型から外す時、上手く外すことができないという困りごとを持っている人が多くいます。

どこから外せばいいのかわからない、無理にフォークやナイフの先を入れると生地が崩れてしまうという失敗談もあります。

どうしたら、上手にタルト型から外すことができるのでしょう。

よく聞かれる困りごと

タルトが焼きあがったので、タルト型から外そうと思ったのに外れない、という経験はありませんか。

冷めたら外れるのだろうか、底をたたいてみたらどうだろう、と色々と試してみた人もいるのではないでしょうか。

それくらい、焼きあがったタルトが型から外れない、上手に外れないということで困った経験を持つ人は多いようです。

焼きあがったあとに型から外し方がわからない

タルトは、キッシュのようにタルト型と一緒に具も焼いてしまい型が多少崩れても気にならないというものがあります。

しかし、スイーツとして食べるタルトは、焼きあがったタルト生地にカスタードクリームやチョコクリーム、フルーツをトッピングします。

タルト型を崩れずにきれいに外して、利用したいです。

そのため、焼き上がったあとにきれいに型から外す方法が知りたい、という質問があります。

無理に外そうとして崩れてしまう

焼き上がったタルトを型から外す時、型にピッタリとくっついて外れないことがあります。そのため、無理に外そうとフォークやナイフの先を入れて、生地を崩してしまうこともあります。

カリカリに焼いた固い生地は、割れてしまうこともあります。

どうしたらよいのでしょう。

タルト型とは?

ホールケーキの焼き型は側面がつるっとした丸型です。

焼きあがったケーキの側面も、でこぼこのないきれいな円柱になり、そこにクリームをトッピングして飾ります。

しかし、タルト生地は、2つの型があります。

1つは波型の側面を持つ型です。もう1つはスープ皿のように側面のある、丸いアルミ製の型です。

焼き上がりも、波型のものとお皿型のものがあります。

側面が波型になった型

側面が波型になった焼き型は、タルト型独特のものです。パンやケーキの型で、タルト型のように側面に模様が出るものはありません。

深さ3cm以下の浅型、3cm以上の深型(具材の多いタルト向き)

タルト型で、波型のものは3cm以下の浅型のタルト型と、3cm以上のタルト型があります。深みのあるタルト型は、具材が多いタルトに向いています。

タルトの型で一般的によく使われるのは丸いアルミ製

ケーキの焼き型は、アルミ製と紙製、陶器製などがあります。タルトの型で一般的によく使われるのは、アルミ製のタルト型になります。

外しやすいように底がはずれるようになっている

アルミ製のタルト型は、型から生地が外しやすいのように、底の丸い板が内側へ外れるようになっています。底をほんの少し押すと、タルトの生地がきれいに型から外すことができます。

上手くタルト型から外すことができない人は、底が外れるアルミ製のタルト型を使いましょう。

タルト生地の上手な外し方

しかし、家庭にあるアルミ型のタルト型には、底が外れないタイプのものもあります。

色々やってみたけれど、難しいという人は、底が外れるアルミ型を用意しましょう。

外れないタルト型を使う人は、頑張って外しやすい方法を調査してみましょう。

型から外しやすくする方法がいくつかある

色々と調べてみると、タルト生地を型から外す方法は、1つではないようです。

多くの人が型から外すことができず、色々な方法を試した結果、独自の方法を紹介している人もいれば、製菓の専門家が紹介しているものもあります。

それでは、型から外しやすくする方法をいくつかご紹介しましょう。

型に生地を敷く前の下準備

タルト生地をきれいに型から外すためには、生地を敷く前にした準備が必要です。焼いた後の生地が型にくっつかないようにするための、準備ということですね。

焼いた後に外れやすい手順を踏む

それでは、焼いた後に外れやすい型の用意の手順をご紹介しましょう。

  1. タルト型を用意したら、洗って水気を拭きます。
  2. 乾いたタルト型の内側にバターを塗ります。
  3. 上から小麦粉をふっておきます。
  4. 冷蔵庫に入れて、冷やしておきます。

この手順を踏むことで、焼いた後に外れやすくなります。

外しやすい型を選ぶ

手順を踏むのは面倒という人もいます。

また、逆に手際が悪く冷蔵庫から出した型に素早く生地を敷くことができず、手順を踏んだのに上手くできない人もいます。

そこで、タルト型を購入する時に、外しやすい型を選びましょう。初めての人でも、比較的簡単に型から外すことができるのが、底が内側に抜けるタイプです。

焼き上がったあと底を持ち上げるようにすると、タルト型をそのまま上に外すことができます。

しかし、しっかりくっついていると持ち上げる時に生地が崩れることもありますので、手順を守るのは大切です。

型から外れやすくするための下準備

それでは、型からはずれやすくするための下準備をご紹介します。

細かい手順ではありませんので、習慣にしてしまうと良いでしょう。

型に生地を敷く前の下準備

下準備は、必要なものを適当に塗ればいいというわけではありません。

キチンと手順に添って、準備してください。

型にオイルを塗る

まず、型と生地との間を滑りやすくすることで、型から外しやすくします。滑りやすくするためには、油が一番です。

<バター、マーガリン、サラダ油など>

型の内側に、バター・マーガリン・ゴマ油などの油を塗っておきます。油なら何でも良いというわけではありません。できれば、くせのない油がおすすめです。

最適な油は、生地にも使われているバターでしょう。

<波型の部分にもムラなく>

波型のタルト型を使う時は、波のへこんだ部分にもむらなく塗りましょう。何となく塗っていると、肝心の波のへこんだ部分を塗り忘れてしまい、せっかくの形が崩れてしまいます。

オイルを塗ったうえに粉をふる

オイルを塗った後は、粉をふるっておきます。粉をふるうことで、混ぜ合わせた生のタルト生地が型にくっつくのを防ぐ効果があります。粉は、余った小麦粉を使いましょう。

<余分な粉は払い落しておく>

粉をふるった後、型を逆さまにして余分な粉を払い落してください。粉がダマになって残ると、その部分の形が悪くなってしまいます。

焼いた後に型から外すコツ

それでは、焼き上がったあとはどうでしょうか。焼き上がったあとにも、型から上手に取り出すコツがあるのではないでしょうか。

しっかりと冷ます

まず、焼き上がったタルト生地はしっかりと冷ましてください。熱いうちは、生地の中のバターがまだ柔らかいため、生地そのものも柔らかい状態です。しっかりと冷ますと、生地が固くなって外しやすくなります。

<熱いうちに外そうとすると崩れやすい>

焼き立ての生地は、バターが柔らかいためまだ崩れやすい状態です。そこで、熱いうちに外そうとすると生地が崩れてしまうこともあります。

<目安:室温で粗熱を取った30分~1時間後>

生地が固まる目安は、室温であら熱を取るための時間になります。

常温で30分から1時間を目安にして下さい。クッキーも焼き立ては柔らかいですね。タルト生地も同じことです。

冷めた後、再度温める

さらに簡単に外すためには、再度温める作業をするとよいでしょう。せっかく冷ましたのに、なぜ温めるのかと不思議になりますが、ここで溶かすのは、はじめに型に塗ったオイルになります。

<熱いタオルや直火であぶるなど、型全体を10秒程度あたためる>

型から外すために温めるのは、型の内側に塗ったオイル分です。そこで、周り全体を熱々のタオルで包んだり、直火で10秒ほどあぶるといった方法でも効果があります。

あぶるのは怖いということであれば、ぬらしたおしぼりをレンチンして、型の外側を包んでみましょう。

<固まっていた油分が溶ける>

型の周りを温めることで、器の内側に塗った油分が溶けます。すると、滑りやすくなり生地がタルト型から抜けやすくなります。

ひっくり返す

それではいよいよ、ひっくり返しましょう。タルト型の上に、お皿などを被せて返します。餃子や炒飯、オムライスを皿に返す時の要領です。

お皿やアミ、ケーキクーラーなどを上部にあててひっくり返す

タルト型よりも少し大き目のお皿やアミ、ケーキクーラーなどを被せて、しっかりと持ちます。そのまま、手首を使って勢いよく返しましょう。

上から下に1回振ってピタっと止める

型の下に皿がなるようにひっくり返したら、上から下に1回振ってピタッと止めます。その時、皿の方に重力が移動すれば成功です。

1回で外れなければ、もう1回振る

1回目で外れない時は、もう1回同じことをやってみます。数回繰り返してみましょう。

それでも外れないとき

ここまで手順通りやっても外れない時もあります。そんな時は、どうしたらよいでしょうか。

ヘラなどを使って少しずつはがす(欠ける可能性あり)

家で食べる時は、多少の欠けがあっても味は同じです。そう割り切って、周りをへらなどを使って少しずつ剥がしていきます。

どうしても、周囲の油が焼いているうちに中の生地と馴染んでしまうこともあります。

クッキングシートを使って方から外しやすくする方法

油や小麦粉を使わなくても、最近は便利なグッズが増えています。

その1つがクッキングシートです。

パラフィン紙になっているため、滑りやすくケーキを焼く時の型にも使われています。

下準備

粉を使わない下準備ですが、クッキングシートを使う場合はキッチンバサミを用意しましょう。

また、波型のタルト型はキレイに仕上げるのが難しいため、丸型や角型のタルト型で利用してください。

底部の形にあわせて切ったシートを敷く(丸型、角型など)

まず、底部の形に合わせた、丸、または四角のシートをカットします。

型の内側は、小麦粉をふるった時と同じように、オイルを塗っておきます。

カットしたシートを型の内側に敷きます。

幅3~4cmの帯状に切ったシートを十字、または一文字に敷く

次に、焼きあがったタルト生地を持ち上げやすいように、帯状のシートを敷きます。

幅3~4cmの帯状に切ったシートを、十字または一文字に敷いていきましょう。

長さはタルト型の直径より、10cmほど長くします。

あまり長いと、焦げてしまいますので型から少しはみ出して、持ち上げられるくらいがちょうど良いです。

帯状のシートを敷いたら、その上にタルト生地を敷き詰めます。

焼きあがったら

焼きあがったら、粉の時と同じように30分以上生地を冷まします。

この後、型を熱くする必要はありません。

帯の片方を固定し、もう片方を上に上げて型から生地を離す

クッキングシートを利用する場合は、生地の下に入れた一文字、または十字のシートが鍵となります。

帯状のシートの片方を固定し、もう片方を上にあげて型から生地を離します。

大き目のタルト型は、一文字よりも十字の方が安定します。

片側が型から離れたら、バランスを崩さないように全体にシートを上げる

片側のシートが型から離れたら、バランスを崩さないように気を付けて、全体にシートを上げましょう。

この時、早く持ち上げると崩れてしまいますので、ゆっくりと持ち上げて、生地全体が持ち上がったところで、粉の時と同じように皿を被せて、ひっくり返しましょう。

クッキングシートの代わりにアルミシートも使える

クッキングシートの代わりに、アルミシートを使う方法もあります。ただ、アルミシートはしわになりやすいため、しわが残らないように、そっと敷き詰めて下さい。

外しやすいタルト型の選び方

色々な手順を踏むのは面倒、という人は少しでも外しやすいタルト型を選ぶのも1つの方法です。

それでは、どんなタルト型が、生地を外しやすいのでしょうか。

底がはずれるタイプのタルト型

一番お勧めするのは、底が外れるタイプのタルト型です。アルミ製のものが多いですが、底が内側に外れるため、比較的楽に生地を外すことができます。

フッ素・テフロン加工の金属製

タルト型にも、フッ素加工やテフロン加工されている金属製のものがあります。フライパンと同じで、フッ素加工、テフロン加工の型は生地がくっつくのを防ぐ効果が期待できます。

長く使っていると効果が落ちて来る

ただし、フッ素加工・テフロン加工は長年使っていると効果が落ちてきます。これも、フライパンと同じです。崩れやすくなったら、効果がなくなった変え時かもしれません。

シリコン製(小さめのタルト向き)

タルト型には、シリコン製のものもあります。シリコン製は生地がくっつきにくいという点がありますが、安定性が低いため、大きなタルトではなく1人分の小さめのタルト向きです。

タルト型の種類

それでは、タルト型にはどんなものがあるのでしょう。

どういった素材のものを選ぶと使いやすいのでしょうか。

素材

タルト型の素材を大きく分けると、金属製と陶器製になります。それぞれ一長一短になりますので、好みのものを選ぶと良いでしょう。

金属製

タルト型も調理器具になるため、鍋やフライパンと同じような素材のものが多くあります。代表的なものでは、アルミ製やスチール製になります。

<アルミ・スチール>

鍋や調理器具の素材といえば、アルミ・スチール製です。割れる心配がなく、軽いのが特徴です。

素材自体が薄いため、収納もしやすいです。

*型から外しやすいフッ素加工やテフロン加工もある

アルミ製やスチール製は、鍋にもよく使われている素材です。そのため、タルト型にもフライパンのような、フッ素加工・テフロン加工されたものもあります。フッ素加工・テフロン加工されたものは、型から外しやすいのが特徴です。

ブリキ

鍋の中にも使われる、もう1つの素材がブリキ製です。ブリキ製は、使うたびに性質が変わってきます。

使うたびに型離れがよくなる

ブリキ製のタルト型は、つかうたびに油が馴染むのが特徴です。そのため型そのものに油が馴染みやすくなり、型離れしやすくなります。タルト型だけでなく、ケーキ型にも良く利用されています。底が外れるものも多いので、底が外れるブリキ製は、おすすめのタルト型です。

陶器製

見た目も可愛く、型から外さずそのまま食卓に乗せても良いのが、陶器製です。陶器製は落下によって割れてしまうこと、重いことが弱点ですが、お菓子ではなくキッシュとして使うならおススメのタルト型になります。

磁器

磁器製のタルト型は、オーブンだけでなく電子レンジで使うこともできます。熱の伝わり方が柔らかいため、生地がふんわりと焼き上がります。こちらも、落とした場合に割れてしまう、重いという弱点があります。

ガラス製

耐熱ガラスを使った、ガラス製のタルト型は中が見えるため、焼き具合が外側からもわかります。

オーブンだけでなく電子レンジでも利用できるため、温め直して熱々を食べたい、キッシュ作りには1つあると便利です。

耐熱性で割れにくくなっていますが、烈火すると突然割れます。気を付けましょう。

シリコン製 など

このほかにもシリコン製のタルト型もあります。シリコン製は型そのものがやわらかいため、生地を取り出しやすいのがメリットです。

しかし、あまり大きなタルトには向いていないので、1人1人分けて作る時におすすめです。

また、ニオイがしみつきやすいため、お菓子用とキッシュ用は分けることをおすすめします。

サイズと形

タルト型にも色々なサイズや形があります。自分でどれくらいの大きさのタルトを作りたいのか、レシピと同じサイズはどれかなどを考えて選んでください。

タルト型の大きさは、インチとcmで書かれているものがあります。

1インチは、およそ2.54cmになります。

<8.5インチ、9インチ、9.5インチなど20cm台>

タルト型のサイズは、cmでは18cm、20cmというものが多くあります。

大き目なものでは、24cmというものもあります。

インチで書かれているものは、2.54倍するとおよその大きさがわかります。

大き目の型が欲しい人は、18cm以上のものを選んでください。

<切り分け>

大きい型で焼いたタルトは、ケーキのホールと同じ大きさになります。まず真ん中で半月にし、それをさらに2回半分に切った8等分、または6等分が1人分になります。

<アルミ製は底取れ型がほとんど>

大きいタルト型で、アルミ製のものは底取れ方がほとんどです。底が取れると生地が外しやすくなるため、便利です。

<基本は丸形、角形もある>

タルト型の基本は丸型になります。

しかし、中には正方形や長方形の角型もあります。変わった形も楽しみたい人は、角型もそろえてみましょう。

基本的に中型は、1人分のタルトを使う時に利用します。大きさもほぼ決まっていて、直径が9cmのものが基準です。

3.5インチ(9cm)

大きさが3.5インチと書かれているタルト型は9cmのものとほぼ同じです。マドレーヌ型のように、9cmのものが一枚の板にいくつも並んでいるタイプもあります。

一人用タルト

9cmの中型は、基本的に一人用タルトサイズです。

一人一人切り分けることがないため、焼き上がった後とても便利です。

底が外れるタイプ、外れないタイプに分かれる

一人用のタルト型にも、底が外れるタイプと外れないタイプがあります。

いくつもバラバラになるのは面倒、という人は外れないタイプも良いかもしれません。

丸形

一人用は、丸型がほとんどです。丸型のタルト型は、大き目のマドレーヌにも使うことができます。

ミニサイズ(直径6~7cm)

ミニサイズは6~7cmのサイズのものを言います。タルトの中でも、タルトレット、ミニタルト、プチタルトになります。

タルトレット

タルトレットは一口サイズの可愛いタルトです。たくさん作って色々な味を楽しむこともできます。

タルトレットの型には、一枚の板に6個分の仕切りがあり、一度に焼くことができるシリコン製もあります。

丸形・楕円型・船型

小さい型はタルト型だけでなく、マドレーヌ型としても利用できます。丸型の他に楕円形、船型もありスイートポテトなどにも利用してみましょう。

完全攻略!タルト生地を型から外すコツについてのまとめ

タルト型にも色々な大きさや型があります。

型によって生地が外しやすいものもあれば、外すために一苦労するものもあります。

せっかくうまく焼けても、生地がきれいに型から外せないと残念ですね。

型はそれぞれ一長一短です。ご自分の使い勝手や好み、頻度などを考えて一番使いやすい型を選び、上手に生地を外してみましょう。

パイに関する記事一覧

お菓子・スイーツの資格

ベジスイーツソムリエ認定試験
ベジスイーツソムリエ認定試験
ベジスイーツに関する基本的な知識、野菜に含まれる栄養素、ベジスイーツで使用する食材、ベジスイーツを作るポイントなどの知識への理解が一定以上であると認められた人に対して認定される資格です。
ベジスイーツ資格詳細を見る
ドライフルーツソムリエ認定試験
ドライフルーツソムリエ認定試験
ドライフルーツに関する栄養素、フィトケミカルに関する正しい知識、ダイエット効果、美容効果、フリーラジカルに対する抗酸化作用効果などあらゆる健康効果に対して知識を有している人を認定する資格です。
ドライフルーツ資格詳細を見る
和菓子ソムリエ認定試験
和菓子ソムリエ認定試験
和菓子ソムリエとは、和菓子に関する種類や道具、分類、材料などのあらゆる知識を有していることを証明する資格です。
和菓子資格詳細を見る
製菓アドバイザー認定試験
製菓アドバイザー認定試験
製菓アドバイザーとして、主に洋菓子に関する知識を有していることを認定されます。
製菓資格詳細を見る
手作りパンソムリエ認定試験
手作りパンソムリエ認定試験
手作りパンソムリエとは、パンの歴史、日本のパン、世界のパン、パンの材料、パンの製法とその分類、パンの作り方や道具などに関する、あらゆる知識を有している方に認定される資格です。
手作りパン資格詳細を見る
チョコレートマイスター認定試験
チョコレートマイスター認定試験
チョコレートの起源や伝来などの歴史、チョコレートの原料、含まれる成分、カカオ豆、チョコレートの種類、テンパリングなどチョコレートに関する基礎知識を十分に身に付けた方へ認定される資格です。
チョコレート資格詳細を見る
カップケーキソムリエ認定試験
カップケーキソムリエ認定試験
カップケーキソムリエとは、カップケーキやマフィンに関する知識、技能を有していることを証明する資格です。
カップケーキ資格詳細を見る
タルトソムリエ認定試験
タルトソムリエ認定試験
タルトソムリエとして、タルトの材料、タルト生地の特徴、タルトの発祥とルーツ、タルトの保存方法などタルトに関する基礎知識を十分に身に付けた方へ認定される資格です。
タルト資格詳細を見る
認定試験一覧