日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

食育についての基本的な知識

「食育」という言葉は聞いたことあるけど、具体的な意味や内容はよく分からない…とそんな風に悩む方も多いと思います。食事は毎日の欠かせない生活習慣であり、人間が生きていくうえで切っても切り離せない大切な習慣ですよね。

 

食育について詳しく理解することができれば毎日の食事に取り入れることができるかもしれません。食育の目的やその方法など基本的な知識についてご紹介します。

 

食育とは

様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を正しく選択する知識を身につけて健全な食生活を実践できる力を育むことです。いわば食事を通して人間として生きる力を育んでいくことを食育と言います。

 

1日三食、ただ食事をすれば良いわけではなく、健康のためにも栄養バランスや量などをきちんと考えて摂取しなければなりませんよね。毎日当たり前に行っている食事を見直すこと、食について知ること、正しく食べることなどこれが健康な身体と豊かな人間性を得るための食育の第一歩になるのです。

 

食育の背景

 

「食育基本法」の施行

食育に関する理念や施策の基本的な方針などを定めている法律であり、2005610日に成立し715日に施行されました。食育は教育機関のみではなく、家庭や地域、そして消費者と生産者の交流などを通して食への理解を深められるよう積極的に推めています。

 

 

「食育基本法」の目的

現在日本は飽食の時代であり、「食」を大切にする意識が欠如しています。暴飲暴食や栄養バランスが悪い食事、不規則な食事、生活習慣病の増加、過度の痩身や摂食障害、安全性への欠如など「食」に対する様々な問題があります。

 

このような問題を個人的な問題ではなく日本社会全体の問題と捉え、「食」に対する考え方を見直していくために制定されました。国民11人のみではなく、地方公共団体に対しても食育の推進に関する取り組みを総合的かつ計画的に推進しています。

 

「食育基本法」の中での食育とは

1)生きるうえでの基本、知育徳育体育の基礎

規則正しい生活をして食事の大切さを改めて考え直します。また、食べる際の挨拶やマナーなども改めて見つめ直すことが大切です。

 

2)食への知識と食を選択する知識を習得、健全な食生活を実践できる人間を育てる

好き嫌いで食事を選ぶのではなく、栄養バランスを考えて食事を摂るようにします。また、食べ物の栄養価をより吸収できるように食材の良い組み合わせを知り考えます。

 

なぜ食育が必要なのか

食を大切にする心の欠如

当たり前に繰り返されている毎日の食事なので継続していると徐々にないがしろになっていきます。お腹が満たされれば良いわけではなく、美味しい食事を味わいながら、よく噛んでゆっくりと食べましょう。

 

栄養バランスの偏った食事や不規則な食事の増加

朝食を抜く日本人が増えていますが、朝食は、1日のエネルギー源です。昔からよく言われている「一汁三菜」を心がけ、きちんと主食・主菜・副食をバランス良く食べてから出かけましょう。

 

また、仕事や学校などが忙しくて夜食や間食を食べ過ぎる、「〜しながら食べ」することも禁物です。規則正しい時間にきちんと食卓に座り、食器を持ち、箸を使い、心を落ち着かせて食べましょう

 

テレビを観ながら、作業しながら食べると食事の満足感を得ることができず、だらだらと食べ過ぎてしまいます。そして忙しいかもしれませんが、食べ物をコンビニ弁当や市販、冷凍のものに頼りすぎるのはやめましょう。

 

栄養がかなり偏ってしまいますし、添加物や保存料、着色料など身体に害のある成分も多く含まれているので、忙しくても週に1~2回は栄養バランスを考えた自炊を行うことをおすすめします。

 

手間かもしれませんが、休日に作り置きをいくつか作っておくことで忙しい日も食事の支度が面倒にならずに済むのでおすすめです。また、全部自炊にするのが大変な際は、一品だけでも自炊するなど少しずつ自炊の習慣が定着していくと良いですね。

 

肥満や生活習慣病の増加

健康に害がある飲酒や喫煙は、ほどほどにしておきましょう。また、味が濃いものは控えてください。塩分や脂質過多なものは、肥満や生活習慣病の原因になります。塩分は男性18g未満、女性17g未満なので意識して塩分を減らすように心がけてください。

 

栄養バランスは低カロリーなものだけが良いのではなく、炭水化物やたんぱく質、適度な脂質などバランス良く食べることが効果的です。野菜や果物などからビタミンやミネラル、乳製品や豆類などからカルシウムなどが得られるので様々な栄養素をきちんとバランス良く摂取していきましょう。

 

食の安全上の問題

最近のニュースで度々、食の安全性を脅かす事件がよく起きています。添加物・着色料・保存料が多量に使われている、輸入品から検出される人間の身体に毒性がある薬、食品偽装、賞味期限切れ、鳥インフルエンザなど食品への信頼が失われるような問題が多く起きています。

 

もちろん私たちは、食品を購入する際に細かく調べることや疑うことはないと思います。根拠もなく信頼して購入しているのです。安全性がない食品を摂取していると身体に良くないですし、最悪の場合は死を招くこともあります。

 

特に抵抗力の弱い子どもや老人にとっては、さらに危険性が高くなります。すでに危険な食品を摂取してからでは遅いので日頃から食品に関するニュースを意識して新しい知識を常に得ておきましょう。

 

伝統ある食文化の喪失

日本人が昔から食べているお米や和食など日本特有の伝統食文化を大切にしましょう。最近は、パスタやパン、うどんなど小麦が原料となった食品を主食にする人が増えてきています。日本は、輸入に頼っている食品が多いので小麦製品や外国産のものを食べることは決して悪いことではないですし仕方ないことなのです。

 

しかし、日本が昔から大切にしている伝統や日本特有の生産などは、いつまでも忘れずに大切にしていきたいものですね。そして、私たちが次の世代にも日本の伝統食文化をきちんと伝えていく必要があります。

 

食育で育てたい「食べる力」とは

 

心と身体の健康を維持できる

先ほども紹介したように食生活の乱れや不規則な食事、偏った食事などで日本人の心と身体の健康は崩れています。特に体内時計の生活リズムが乱れてしまうのです。生活リズムが乱れると疲れやすくなり、疲れがとれにくくなります。そして、精神的にも疲労が生じて精神疾患にかかりやすくなる場合もあります。

 

また、最近は、痩せ過ぎており摂食障害など心身ともに悩んでいる方も多いのが事実です。病気になると「食べること」が苦痛になると思いますが、「食べる力」を再習得し心身の健康を手に入れる必要があります。

 

食事の重要性や楽しさを理解する

子どもの場合、家庭で食事について話をして聞かせることや食生活を見直すことだけで理解を深めることは難しいものです。そこで、学校や地域でも食事や食生活の知識の理解を深めることで子どももさらに興味関心を持つことができるかもしれません。

 

食事の重要性のみではなく、楽しさを理解することができればより良い食事や食生活を身につけることができるのではないでしょうか。大人から子どもに食育を広めるだけでなく、子どもが学校や地域で得た食育の知識を大人に広めることで浸透しやすく、周りの意識も変わっていく可能性が高くなります。

 

食べ物の選択や食事作りができる

家族や友だちと一緒に食事を作るだけでも楽しいですし、さらに美味しく感じます。「なにを作ろうか」と一緒に考えることや「美味しかったね」と話すだけでも食事の時間が楽しくなります

 

また、栄養バランスのみならず季節の食材を選択し取り入れることも食べる大切さに繋がります。季節の食材は、季節を感じることができ美味しいですし栄養価も高いです。日本にある素晴らしい四季を感じながら食材を選び食べることも素敵ですね。

 

一緒に食べる人がいる

仕事や学校、習い事で家族が一緒にいることができる時間はごくわずかになってきます。お子さんが大きくなると部活や塾、付き合いなどがあり家で食事をしないお子さんも増えてきます。また、旦那さんは接待や付き合いで飲んできてから帰ってくることもあるかもしれません。

 

毎日食事を一緒に食べることは難しいかもしれませんが、できるときには家族団らんで食卓を囲みいろいろなお話ができたら素敵ですね。全員そろうのが難しい場合は、朝の忙しくて短い時間のみでも家族みんなで朝ご飯を食べてみましょう。

 

朝ならみんな揃いやすいですし、家族と顔を合わせるだけでもとても大切な時間になります。1人でご飯を食べるよりもより美味しく感じますよね。

 

日本の食文化を理解し伝えることができる

日本の伝統食文化や伝統農作業を受け継いでいくことはもちろんのこと食事のマナーやあいさつ、箸の持ち方、郷土料理などを親世代や祖父母世代から子どもに伝える大切な時間を食事のときに取り入れます。

 

そこから社会に出ても恥ずかしくないマナーや知識を子どもが身につけていき、食事の大切さや楽しさ、必要性を理解していきます。

 

食べ物や作る人への感謝の心をもつ

食材を無駄にすることなく大切に食べます。昔は「お米を一粒でも残すと目がつぶれる」と言われていたくらい食べ物をとても大切に感謝して食べていました。今は、少し疎かになっていますね。ニュースでも廃棄の量が多くて驚きます。

 

必要な分だけ作る・用意することができなくなっているように感じます。食べ物の作る量の調整も大切ですが、賞味期限などにも配慮し食べるようにしましょう。また、自分で作ることで食べ物ができるまでの手間を実感し、さらに大切にする気持ちが芽生えるはずです。

 

農作物以外にも肉類や魚類など命あるものを頂いているのですからそのことに感謝しながら食べることが大切ですね。そして作り手の気持ちにもなり、無駄や廃棄はなくし感謝しながら食べましょう。

 

食育月間と食育の日

 

毎年6月は食育月間

国、地方公共団体、関係団体などが協力して食育推進活動を重点的かつ効果的に実施し、国民が食育に関しての理解を図るために決められました。

 

例えば、各種広報やイベントなどを通じて国民へ周知と認識を広めていきます。具体的には、「食育推進全国大会」というイベントを毎年様々な開催地で実施しています。6月である理由は、「食育基本法」が成立した月が6月だからなので覚えやすいですね。

 

毎月19日は食育の日

食育推進運動を継続的に実施し、食育の理解を一層図るために「食育推進基本計画」により定められました。毎月この日には、各地で啓発活動が展開されています。

 

例えば、新聞に掲載する、バスのステッカーを掲示して目につくようにして食育の定着を図ります。

 

年に一度の食育月間のみでは忘れやすいですし、国民の意識から薄くなっていきますよね。月に1回食育の日を設けることで私たち国民が食育について忘れることなく、意識して食育の大切さを認識できるのではないでしょうか。

 

食育についての基本的な知識まとめ

 

「食育」について理解して興味を持ってもらうことはできたでしょうか。「食育」と聞くと「食に関する教育」と少し堅苦しい響きになってしまいますが、難しいことはなにもありません。

 

食に対して興味関心を持ち、今までの食事を見直すだけでも食育の第一歩ではないでしょうか。食事は生きていくうえで欠かせないことではありますが、13回しかありません。このたった13回の食事の習慣が私たちの健康や身体をつくるもとになり、豊かな人間性を形成してくれるもとになるのです。

 

たった3回ですが、11回の食事を大切にしてみてください。食事が変われば見た目が変わります。見た目が変われば内面や意識が変わります。内面や意識が変われば健康への配慮が変わります。健康への配慮が変われば生活が変わります。生活が変われば人生が変わります。より良い人生を送るために食育を通じて食事や食を見直してみてはいかがでしょうか。

認定試験一覧