日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

スポーツフードマイスター認定試験
試験日程
次回の試験は
2019年10月20〜25日
受験申し込み期間 2019年9月1日〜9月30日
 

スポーツフードとは

スポーツフードとはスポーツ選手などスポーツを生業とする人たちが日々のトレーニングと併せて摂取する食事メニューを指します。選手として大成するには本人の体力などの素質や、トレーニングなどの積み重ねももちろん大きな要素を占めていますが、これらの努力や才能を活かすためには食事による身体の基盤づくりが大事です。その基盤づくりのために選手個人にあわせて提案された食事メニューがその選手に必要な『スポーツフード』となります。つまりスポーツフードは特定の食品や料理を指すのではなく個々人にあわせて最適化されたメニューや食生活を意味しているのです。スポーツと言えば『やる気』『根性』という熱血指導のイメージが強いです。もちろんそうした『諦めない気持ち』も大事ではあるのですが、ただやみくもにやるだけでは立派な選手にはなれません。
さらにこのような無理のあるやり方を続けてしまうと努力が無駄になってしまうだけではなく、万が一怪我をしてしまったらすべてが台無しになりかねません。スポーツで大事なのは旧来の考え方である『根性論』だけではなく、科学的に裏付けのある効果的なトレーニングや食事メニューを組み立てていくことです。スポーツフードは選手としての基盤を形成するための極めて重要な要素であると言えるでしょう。

 

スポーツフードの仕事

スポーツフードの仕事は選手の食生活や献立をアドバイスするなどマネージャー業務のような役割です。選手の体力など現状や競技に応じて身体のどの部分を強化すれば良いのかを考えて必要な栄養が摂取できる食事内容をアドバイスします。例えば砲弾投げや水泳などの選手の場合、筋肉に負荷がかかるため修復するためのたんぱく質を多く摂取する事が重要となります。これは競技やトレーニングによって若干だけ損傷した筋肉が修復され、より強い筋肉に生まれ変わる『超回復』と呼ばれる仕組みを効果的に発生させるためにたんぱく質が必要だからです。マラソンやトライアスロンなどの選手は非常に長い時間体力を維持しなければならないため、エネルギー源ととなる糖質の摂取が重要となります。そしてその糖質を身体に取り込むのを助けるビタミンB1も必要でしょう。それでは野球やサッカーなどの負荷がかかり体力も必要とする競技ではどうなのでしょうか。このような場合は前述したたんぱく質や糖質などをバランスよく摂取する事が重要となります。そしてこれらの栄養素は一度に吸収される上限があるため、それを踏まえて摂取すると無駄がありません。こうした栄養面からのアプローチも大事ですが、精神的なことを考慮するのも必要です。例えば選手の好みを考え、少量ならスナックなどの好きな食べ物を摂取できるようにするなどです。また試合前は生ものなど体調に影響を与えかねないものは控え、試合に必要な栄養素に絞って摂取することも基本中の基本です。

スポーツフードマイスター資格認定試験

試験概要

スポーツフードマイスターとして、スポーツ栄養の基本から毎日の献立・レシピなど実践レベルまで十分に身に付けた方へ認定される資格です。栄養素の働きや筋肉、脳を動かすエネルギー源、体の機能を正常に保つビタミン、スポーツ選手に不可欠な水、ジュニア・高校生・大学生・スポーツ選手のための栄養と食事、バランスの取れた献立、主食・副菜・汁物・スープ・乳製品・ドリンクのレシピなどに関する知識を有していることが証明されます。運動量・競技特性・性別・年齢等に応じた食事や競技の目的に合わせ、体を強くするための食事、試合に向けてコンディションを整えるための食事を管理・指導することができることが証明されます。

試験概要
試験詳細

試験開催の詳細は下記の通りです。

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
試験日程 以下参照
試験概要

試験日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送りください。
2019年2月実施
2019年2月20〜25日
2019年2月28日
受験申込期間2019年1月1日〜1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年3月20日
2019年4月実施
2019年4月20〜25日
2019年4月30日
受験申込期間2019年3月1日〜3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年5月20日
2019年6月実施
2019年6月20〜25日
2019年6月30日
受験申込期間2019年5月1日〜5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年7月20日
2019年8月実施
2019年8月20〜25日
2019年8月28日
受験申込期間2019年7月1日〜7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年9月20日
2019年10月実施
2019年10月20〜25日
2019年10月30日
受験申込期間2019年9月1日〜9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年11月20日
2019年12月実施
2019年12月20〜25日
2019年12月30日
受験申込期間2019年11月1日〜11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2020年1月20日

転職・就職に有利! スポーツフードの資格が活かせる職業!

スポーツ栄養士
スポーツ栄養士

スポーツの栄養学に精通している人は、スポーツフードマイスターの資格を使って「スポーツ栄養士」になることができます。
体を整え、スポーツをするための体力を作るには、適切な栄養が不可欠です。
スポーツ栄養士はそういった栄養をスマートに摂取するための、あらゆる知識を持つ職業となります。
そのスキルを活用すれば、多くの人の健康をサポートすることを仕事にできるでしょう。
本格的なスポーツをする人はもちろん、軽い運動によって健康を保ちたい人にも、スポーツ栄養士は役立つことができます。
スポーツに関わるあらゆる人たちを対象に、その能力を活かしていきましょう。
専門資格であるスポーツフードマイスターを取得していれば就職に有利となり、より高いレベルの仕事ができます。
将来的には大きな役割を担うことにもつながるので、スポーツ栄養士を目指すのなら資格取得はおすすめです。

スポーツ栄養士の仕事内容

スポーツに必要な栄養を適切に吸収するための食事メニューを考案するのが、スポーツ栄養士の仕事です。
その人の性質に合わせた食事や、不足していると思われる栄養を提供して、体の基礎を整えるのが業務となるでしょう。
スポーツフードと呼ばれる食事形態のメリットを解説し、その必要性を理解してもらうよう努めるのもスポーツ栄養士の仕事です。
ただ勢いや思いつきだけで行われるトレーニングでは、満足のいく結果を残すことは難しいでしょう。
スポーツフードを利用した栄養のサポートがいかに必要なものであるのかは、専門家でなければ説明できません。
そのためスポーツ栄養士は専門家としてスポーツと食事を結びつけ、ユーザーの求める健康や美容といった結果を引き出す仕事が求められるでしょう。
ひとりでも多くの人にスポーツに必要な食事の重要性を伝えるのが、メインの仕事になるのです。

スポーツ栄養士の給料

スポーツ栄養士はスキルの多さとこれまでの仕事ぶりが、給料に直結する職業です。
プロスポーツ選手の栄養管理をした、とある施設で多くの人の食事をサポートした、そういった実績が評価として見てもらえるでしょう。
仕事は給料がすべてではありませんが、モチベーション維持するために重要な項目であることは間違いありません。
気持ちを込めて働けるようにするためにも、給料面もしっかりと交渉していきましょう。

栄養士
栄養士

栄養関連の仕事全般に関わる「栄養士」の仕事でも、スポーツフード系の資格が就職時有利となります。
健康の維持や改善は、日々の食事から大きな影響を受けます。
特に運動を通して健康管理を実践しようという人にとっては、スポーツ選手のために作られるような食事メニューが魅力となるでしょう。
栄養士はそういった人たちの需要に応えるために、今はスポーツフードの知識も有している必要があります。
関連資格の取得を行って、運動と食事から人生を変えていこうと考える人たちの手助けをしていきましょう。
栄養士になるための資格にプラスして、スポーツフードマイスター等の資格があれば、その分職場で優遇されることもあります。
それは長く勤めるきっかけにもなるので、栄養士になりたいのならスポーツフードの知識もいっしょに勉強しておきましょう。

栄養士の仕事内容

食事の考案や調達、その他栄養に関するあらゆる事業をサポートするのが、栄養士の仕事内容となります。
さまざまな要素を考慮し、その人個人や施設の状況に最適な栄養を提供することで、栄養士の仕事をまっとうできるでしょう。
献立や食材を指示するだけでなく、栄養に関する知識をレクチャーするのも栄養士の仕事です。
スクールや専門学校を職場とすれば、教師の立場で栄養士の仕事を行うこともできるでしょう。
近年は食育などに注目が集まっているため、栄養士の知識が持つ価値は高まりつつあります。
積極的に学んだスキルを発信していくことができれば、栄養士としてあらゆる仕事にたどり着くことも可能です。
仕事の範囲を限定することなく、これからは色々な業界に挑戦していくことが栄養士らしく働くコツとなります。

栄養士の給料

栄養士の給料は職場によって変動するので、提示された待遇や条件をチェックする必要があります。
ときにはスキルや実績、資格の有無などによって、その金額が変わることもあるでしょう。
自分から積極的にプラス要素をアピールして、栄養士として有能な面を強調していくのがおすすめです。

料理教室の講師
料理教室の講師

「料理教室の講師」もまた、スポーツフードの知識とその関連資格が役立つ職業のひとつです。
美味しい料理や今トレンドとなっている食材を教えるだけでなく、スポーツへの効果を考えた調理方法を教えるのもまた、料理教室の講師が持つ役割となります。
「スポーツフードについて学びたい」「スポーツをするのでそのためになる食事を知りたい」
そういった需要に応えられる講師が、今多くの料理教室で求められているのです。
料理教室の講師として対応できる幅が広がれば、さまざまな職場で活躍することができます。
いずれはスポーツフードに関するプロの講師として、新しい働き方を生み出すこともできるでしょう。
就職や転職時には専門資格の存在が役立ち、スムーズに自分の能力を伝えるツールとなります。
目的とする職場に就けるように、早めに資格を取得して自分のスキルを固めておきましょう。

料理教室の講師の仕事内容

料理教室の講師は、生徒となる人たちに料理のスキルを教えるのが仕事となります。
基本的な調理器具の使い方や食材の知識、その他一般的な家庭で役立つ料理の技術を伝えることが必要です。
授業の計画を立てたり、新しいスキルを自ら率先して実行したりするのも、料理教室の講師がやるべき仕事になります。
生徒たちの手本となれるように、常に勉強と進歩を続けていくのが、料理教室の講師として働いていくポイントです。
特にスポーツフードに特化した講師となれれば、その知識を求める人たちに特別な授業を行うことができます。
それは将来的に自分自身を特別な講師とするきっかけになるので、スポーツフードに興味があるのなら資格取得を通してその道のプロを目指しましょう。
本当に実力がつけば、有名なスポーツ選手や将来有望な人材のためになるような仕事が舞い込む可能性もあります。

料理教室の講師の給料

料理教室の講師は、その教室との契約内容によって給料が決定されます。
事前に自分が満足できる金額を決めておくことが、スムーズな就職につながるでしょう。
専門資格を持つことで、ある程度給料を増やせる可能性もあります。
就職後の仕事内容にも関わってくるため、きちんと自分の持つ資格や知識は会社に話すようにしましょう。

飲食店オーナー
飲食店オーナー

食事を提供する「飲食店オーナー」も、スポーツフードマイスターの資格が活かされる職業だといえます。
知識やスキルがないオーナーが経営するお店と、資格を取得しているオーナーのお店では、やはり安心感が違ってくるでしょう。
その差は売上や人気に大きな影響を及ぼすと予想されるため、飲食店オーナーになる人も資格を取得しておくことがおすすめです。
スポーツフードに関する知識があれば、それを応用したメニューを考案していくことができます。
それはスポーツフードに興味があるお客様を迎えるきっかけになり、お店の特色を生み出すことにもつながるでしょう。
他にはない魅力を備えたお店を目指すのなら、スポーツフードマイスターをはじめとした専門資格は有益なものとなります。
オーナーとして働きながら別の仕事をする場合なども、資格を持つことで就職をスムーズに運ぶことができるでしょう。

飲食店オーナーの仕事内容

飲食店オーナーにとっては、お店の運営全般が自分の仕事となります。
メニューの改善や食材の調達、経営に必要な経費の使用やトラブルの解決など、自分のお店にまつわるあらゆる事業が仕事に数えられるでしょう。
現場に出て仕事をすることもあれば、裏方としてお店の現状を見守ることもあります。
そのときに必要な仕事を見極めて、的確に自分がやるべきことを見つけるのが働く際のコツです。
従業員とのコミュニケーションも重要となるので、お店のためにもみんなが気持ちよく働ける職場を作っていきましょう。

飲食店オーナーの給料

飲食店オーナーは、基本的にお店の売上などから自分の給料を計算します。
多くの人を集める人気店となれば、その分給料は増えていくでしょう。
給料は多すぎても少なすぎてもいけないので、きちんと金銭的なバランス感覚は持っておくようにしてください。

今後も需要が増えるスポーツフードの資格

さまざまな職業に活かされるスポーツフードマイスターの資格は、今後さらに需要が増していくと予想されます。
飲食関連や栄養学が役立つ仕事に就く可能性があるのなら、資格取得は優先して実行していきましょう。
スポーツフードマイスターは専門的な部分が多い資格であるため、取得した後はその知識を専門スキルとして利用することができます。
それは特別な人材として認知されることにつながるので、将来の仕事の幅を広げられるでしょう。
スポーツと食事が持つ密接な関係性を世の中に発信していくためにも、ぜひスポーツフードマイスターを取得してプロの立場を手にしてみてください。

受験生の声

資格を探す

認定試験一覧