日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

漢方コーディネーター認定試験
試験日程
次回の試験は
2019年10月20〜25日
受験申し込み期間 2019年9月1日〜9月30日
 

漢方とは

漢方薬は身体を温める、利尿を促して体温を下げるといったような人体に対して何かしらの作用を起こす植物を複数ブレンドして病気や不調に対して優れた効果を発揮するように調合された薬のことです。市販薬としても広く出回っており例えば有名な葛根湯も漢方薬の一種です。
漢方と言えば中国のものというイメージがありますが、正確には古来から中国で培われた中医学と呼ばれる伝統医学が日本で独自の進化を遂げたのが私たちが普段見知っている漢方薬です。日本式の漢方薬は本場のものよりも効果が高く優れているとされ旅行者の中国人がわざわざ日本の漢方薬を買い求めるといった逆転現象まで起こっています。
漢方薬にはさまざまな効能を示すものがあり、これらの漢方を患者の症状や体質に合わせて処方することで治療したり病気になるのを予防します。この診断には中医学の理論に則って患者ごとに必要な漢方を見極める知識やさまざまな患者を診て培った熟練の経験が必要です。
中国では漢方医学は医療のひとつとして浸透しており、中医学の医者『中医師』という職業が存在しています。しかし日本においては基本的に西洋医学のみで漢方専門の医師免許はありません。日本では漢方は認知度はあるもののまだまだ医療行為としては認めれてはいないのが現状です。

 

漢方の種類

風邪の初期症状に効果的な『葛根湯(カッコントウ)』や食欲不振に効果のある『六君子湯(リックンシトウ)』や胃腸炎や下痢の改善に用いられる『柴苓湯(サイレイトウ)』などの『湯』の字がつくものはお湯に煎じて飲む薬という意味を表します。
胸焼けに効果のある『安中散(アンチュウサン)』や、下痢、めまい、頭痛に効果のある『五苓散(ゴレイサン)』や産後の不調を改善する『当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)』など『散』の字がつくものは粉末にして服用するものを表します。
やけど、しもやけに用いる『紫雲膏(シウンコウ)』や切り傷や虫刺されに用いる『神仙太乙膏(シンセンタイツコウ)』などの『膏』がつくものは塗り薬を意味します。頻尿や冷えからくる痛みを改善する『八味地黄丸(ハチミジオウガン)』や便通をよくして排泄を助ける『麻子仁丸(マシニンガン)』など『丸』の字がつくものは丸薬を表します。このように漢方薬と呼ばれるものには飲み薬や塗り薬など種類によってどのような形態の薬かを判別できる固有の名前がつけられています。ちなみにお正月に飲む長寿を願う縁起物のお酒である『お屠蘇(とそ)』にも『屠蘇延命散(トソエンメイサン)』と呼ばれる漢方が含まれています。

漢方コーディネーター資格認定試験

試験概要

漢方・漢方薬に対する基本的な知識、漢方独自の診断方法や養生などへの理解が一定以上あると認められた人に対して認定される資格です。試験では漢方の基礎知識、気・血・水、養生と四季、漢方の歴史、五臓六腑、漢方薬の特徴、漢方の思想、漢方の診断方法、漢方薬の使い方などが問われます。

試験概要
試験詳細

試験開催の詳細は下記の通りです。

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
試験日程 以下参照
試験概要

試験日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送りください。
2019年2月実施
2019年2月20〜25日
2019年2月28日
受験申込期間2019年1月1日〜1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年3月20日
2019年4月実施
2019年4月20〜25日
2019年4月30日
受験申込期間2019年3月1日〜3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年5月20日
2019年6月実施
2019年6月20〜25日
2019年6月30日
受験申込期間2019年5月1日〜5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年7月20日
2019年8月実施
2019年8月20〜25日
2019年8月28日
受験申込期間2019年7月1日〜7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年9月20日
2019年10月実施
2019年10月20〜25日
2019年10月30日
受験申込期間2019年9月1日〜9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年11月20日
2019年12月実施
2019年12月20〜25日
2019年12月30日
受験申込期間2019年11月1日〜11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2020年1月20日

転職・就職に有利! 漢方の資格が活かせる職業!

漢方コーディネーター
漢方コーディネーター

漢方の正しい使い方や魅力を伝え、その効果を最大に引き出すことをサポートするのが、漢方コーディネーターという職業です。
仕事のなかでは漢方の種類やそれぞれの効能を知ることはもちろん、その人個人のためになる漢方をおすすめするスキルが必要となります。
そのため何故漢方がこれだけ多くの場所で親しまれているのかを解説できるほど詳しい人が、漢方コーディネーターとして働いていくことができるでしょう。
漢方は薬のように直接的な影響を与えるというわけではなく、体の免疫力を高めることで体調不良に立ち向かうという性質があります。
そのため服用方法や種類選びを間違えると、なかなか期待通りの効果を得ることができないのです。
漢方コーディネーターは専門知識によってそういった間違いを防ぐことが求められるので、専門の資格を取得していると就職を有利に運べるでしょう。

漢方コーディネーターの仕事内容

漢方コーディネーターは漢方の知識の提供と、適切な処方のアドバイスが主な仕事となります。
相手がどんな症状に悩んでいるのか、どういった効果を漢方から得たいのかを知ることが、仕事を完遂するコツとなるでしょう。
漢方は動物・植物・鉱物といった生薬の組み合わせがポイントとなるため、繊細かつ明確な目的に合わせた調合が必要となるのです。
処方する相手と積極的にコミュニケーションを取り、必要とされるであろう漢方をしぼっていくこともまた、大切な仕事になっていくでしょう。
世の中には「原因不明」の症状を持つ人も多く、慢性的な冷えやだるさに悩まされていることも珍しくはありません。
漢方はそういった症状を改善するきっかけにもなり得るので、今後も漢方コーディネーターの仕事は重要とされていくでしょう。

漢方コーディネーターの給料

漢方コーディネーターの給料は、雇用される際の条件によって変動することになるでしょう。
専門の資格を持っていて、さらに確かな知識や実績があるのなら、良い条件で交渉することができます。
給料面でも充実した待遇を求めるのなら、まずは資格取得や実績作りといった形で地盤を固めていくことがおすすめです。

薬剤師
薬剤師

薬の調合や製造を行い、患者への供給を任される薬剤師の仕事も、漢方のスキルが役立つ仕事となっています。
最近はドラッグストアでも多くの漢方が取り扱われているため、専門知識を持つのならいくつもの職場で活躍することができるでしょう。
薬剤師の仕事のなかでは、西洋医学の視点から見た処方だけではなく、漢方のような別の方法によるアプローチが必要になることも多いです。
より良い薬剤師として働くためには、今後漢方に関する知識を高めていくことも欠かせなくなるかもしれません。
そういった時代に備えて関連資格の取得を目指しておけば、将来の就職をスムーズにすることもできるでしょう。

薬剤師の仕事内容

薬剤師の主な仕事は、医師の処方箋に合わせた薬を調剤し、患者に提供することです。
薬に関する知識や技術が必要なことは当然ながら、服用の方法や病気との付き合い方などをアドバイスする能力が仕事には求められるでしょう。
またドラッグストアといった店舗に就職する場合は、薬の管理や調合の他にもさまざまな雑務を行うことがあります。
デスクワークもあれば店頭での応対なども仕事になり、そのなかでは柔軟に動かなければならないため、あらゆる事態に備えておくことが必要でしょう。
薬を直接患者の手に渡す仕事となるので、薬剤師の責任は自然と大きなものとなります。
しかし同時に多くの触れ合いやコミュニケーションを実感できる仕事内容となるため、そのスタイルに向いているのであれば薬剤師という業務を心から楽しむことも可能でしょう。

薬剤師の給料

薬剤師の給料は、平均して高い水準にあるとされています。
専門の知識と資格を持って働くことができるのなら、その努力に応じた給与を手にすることができるでしょう。
一方で常に勉強と精進が必要な仕事となるので、努力し続けるバイタリティが求められることは自覚しておいてください。

病院・クリニック
病院・クリニック

病院やクリニックといった職場への就職も、漢方の知識が活かされることになります。
薬や医学の知識と合わせて漢方の魅力を伝えることができれば、優秀なスタッフとして働くことができるでしょう。
特に漢方に力を入れている職場であれば、専門知識を持つ人材として重宝されることもあり得ます。
取得している資格が就職時に目を引くことになる可能性もあるので、将来病院やクリニックでの勤務を考えているのなら漢方の資格勉強も続けておきましょう。
自身で健康を管理するセルフメディケーションという考えが広がっている昨今、漢方の存在はより大きなものとなりつつあります。
病院やクリニックで働く人もまたそういった流れに合わせて、需要のある漢方の知識を身につけていくことは求められていくでしょう。

病院・クリニックの仕事内容

病院・クリニックでは常に多くのスタッフが働いているため、仕事内容はその職場ごとに変わっていくのが通常です。
大きく分けるとすれば患者への対応、医師の補助、備品の管理、薬の処方などが、院内で行われる仕事となっていくでしょう。
いずれにせよきちんと自分の責務が果たせるように、事前の準備を欠かさないようにしておくことがおすすめです。
薬剤師であるのか、看護師であるのかといった立場で労働内容が全然変わってくるため、自分が何のために雇われたのかをはっきりと理解しておくことが必要となります。
自分の業務範囲ではない雑務を押し付けられないようにするためにも、任される仕事内容には細心の注意を払っておくといいでしょう。

病院・クリニックの給料

病院・クリニックの給料は、自分の立ち位置や労働条件によって変わります。
資格や実績があるだけ給料には良い影響が出てくるため、目に見えてアピールできるような努力を積んでいくといいでしょう。
病院もクリニックもその土地や環境によって労働内容が違ってくるので、まずは求人情報にきちんと目を通すのがおすすめされます。

生薬研究職
生薬研究職

薬・漢方の研究や開発を使命とする生薬研究職に就くのなら、漢方の知識や資格が就職時に有利に働きます。
商品開発や研究事業の現場で漢方の知識を活かせれば、特別な役職を持つスタッフにもなれるでしょう。
生薬研究職の仕事は漢方の魅力を広めて、一般的な存在とするために働くことにもなるため、将来的にはさらに広い範囲が職場になる可能性もあります。
既存の漢方を販売するだけでなく、もっと良い商品の開発に興味があるのなら、この機に生薬研究職という職業をチェックしてみるのがおすすめです。
特に漢方に特化した製薬会社への就職が見込まれ、そこで働いた実績はさらに別の製薬会社や病院といった場所で評価されます。
生薬研究職の仕事経験は重要な実績として見られることもあるため、未来を考えるのなら専門資格を取得して就職につなげてみましょう。

生薬研究職の仕事内容

新しい漢方の開発や研究、その他品質管理や分析業務といった作業が、生薬研究職の仕事内容となります。
店頭に置かれるような商品を作ることが目標とされるので、将来自分の携わった漢方薬が人気商品として広まっていくこともあるでしょう。
研究開発や設計だけでなく、商品のマーケティングも担うこともあるため、ときには巨大なプロジェクトのなかで働く可能性もあります。
やりがいのある仕事を求めるのなら、生薬研究職という選択は魅力的なものとなるでしょう。
既に販売されている商品の改良なども仕事になるので、漢方に関する能力が成果を引き寄せることになります。
積極的に勉強を重ねて、漢方業界を盛り上げていくことを目指してみましょう。

生薬研究職の給料

生薬研究職の給料は、多くの研究職とそう変わらない位置づけとなっています。
一方で特別に漢方に詳しい経歴や資格を持つのなら、その分が給与にプラスされる可能性はあるでしょう。
就職の段階で漢方の知識や熱意をアピールして、役立つ人材であることを表明していくのがおすすめです。
大きな仕事を任されるほどに信頼されることができれば、給料もまたそれに応じてアップすることになるでしょう。

今後も需要が増える漢方の資格

漢方コーディネーターのような資格は、今後さらに需要が高まっていくと予想されています。
薬ではカバーできない領域をサポートする漢方は、その使い方や魅力が認知されていくことで、これまで以上に身近なものとなっていくでしょう。
ときには漢方に詳しいということが、新しい事業を見つける手助けになるかもしれません。
確かな知識を持てれば漢方を軸にして働いていくこともできるので、資格取得を通して人生プランを練ってみるのもおすすめです。
漢方は既に多くの場所で販売・流通が行われていますが、その人の症状に合ったものをピンポイントで提供するためには、やはり中医学などの専門知識を持った人が不可欠となります。
そういった需要に応えるべく、漢方コーディネーターをはじめとした関連資格の取得は、よりいっそう活性化していくことになるでしょう。

受験生の声

資格を探す

認定試験一覧