漬け料理資格の漬け料理ソムリエ認定試験

漬け料理ソムリエ漬け料理ソムリエ
認定試験



漬け料理資格試験概要

漬け料理ソムリエ 資格認定試験

試験概要

漬け料理ソムリエとは、お漬物やはちみつ漬け、醤油漬け、塩麹漬け、味噌漬け、オイル漬け、酢漬け、からし漬け、ぬか漬け、ヨーグルト漬け、出汁漬け、みりん漬け、ラム漬け、ワイン漬けなどの食品を漬ける料理に関するあらゆる知識を有した方に認定される資格です。ピクルスやらっきょう漬けなどのお漬物フルーツを使ったレモンシロップ、梅シロップ、しそシロップなどの漬け液の作り方から、食材との組み合わせや料理への使い方など様々な知識を有していることを証明します。日常の食卓を彩る料理を勉強したい方や、飲食業界での就職や開業、料理教室の開催などを行う際にも役立つ資格です。

 

受験の申込みはこちらの申込みページからおこなえます。

 

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
試験日程以下参照

 

漬けておくだけ レシピ

日本に古くから伝わる料理法の一つに、米ぬか、味噌、醤油などに食材を漬けることで、食材に味が馴染み、お漬け物として食べる方法があります。近年では、様々なレシピが生まれており、また、漬けるだけという手軽さも手伝い、人気の調理法として注目を集めています。漬け物の代表格といえば、大根・茄子・キュウリなどを米ぬかで漬けた漬物、白菜を唐辛子で漬けたキムチなどですが、昨今では塩分を控える健康志向や、短い時間で手軽に作ることができる浅漬けに人気がある傾向があります。麺つゆとゴマ油に漬けたキュウリの漬物、トマトやタマネギを酢と砂糖とオリーブオイルで作るマリネ液に漬けた漬物、酢を砂糖を混ぜた甘酢にカブを漬けたカブの甘酢漬け、塩昆布に茄子を漬けて作る茄子の昆布漬け、キャベツをオリーブオイルと塩昆布で漬けたキャベツの漬物、鰹節と昆布の出汁にみりんと醤油を混ぜたものに、焼いた野菜を漬ける出汁漬け、ブリなどの魚にみりんと醤油を入れて漬けたブリのみりん漬けなどがあります。漬けてすぐに食べられる物、食材に一味のアクセントを付ける為に漬けるものなど、様々な漬け方があります。この他にも、ヨーグルトを使った漬け物、シロップに果物を漬ける物など、多くの漬け方があります。

 

漬けて焼くだけレシピ

漬け物には、大きく分けて2つの種類がります。一つは大根や白菜やキュウリを米ぬかや味噌に漬ける漬物のように、食材を漬けることで味を加えて直ぐに食べることができる物、もう一つは魚などの食材を醤油やみりんなどに漬けることで、下味を食材に付け、食材に一味馴染ませてから調理する物です。後者は、調理前の下拵えの一環として活用され、食材に一味加えることによって、食材の持つ美味しさをより一層引き出すことができたり、いつもと違った味を楽しむことができます。
この調理法は、野菜だけでなく、魚や肉などにも応用することができ、漬け置きしたものを冷蔵庫で保管し、焼くだけで美味しい一品ができると人気の調理法として注目されています。魚であれば、醤油・みりん・砂糖を加えたタレに白身魚を漬けておき、味が染み込んだ身を焼く事で、淡泊な味の白身に美味しさが加わります。鶏肉では、塩・にんにく・ゴマ油・酒を加えたタレや、醤油・みりん・酒・砂糖を加えたタレに鶏肉を漬けておき、下味の付いた鶏肉を焼くことでタレのきいたチキングリルを作ることができます。タレが染み込み、味が良くなるとともに鶏肉も柔らかくなり、美味しくいただくことができます。このように食材に下味を付ける役割として漬けることで、様々な味を楽しむことができるようになります。

 

試験日程

平成30年12月実施試験

受験申込期間2018年11月1日~11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2018年12月20日~25日
答案提出期限2018年12月30日必着
合否通知発送日2019年1月20日

2019年2月実施試験

受験申込期間2019年1月1日~1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年2月20日~25日
答案提出期限2019年2月28日必着
合否通知発送日2019年3月20日

2019年4月実施試験

受験申込期間2019年3月1日~3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年4月20日~25日
答案提出期限2019年4月30日必着
合否通知発送日2019年5月20日

2019年6月実施試験

受験申込期間2019年5月1日~5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年6月20日~25日
答案提出期限2019年6月30日必着
合否通知発送日2019年7月20日

2019年8月実施試験

受験申込期間2019年7月1日~7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年8月20日~25日
答案提出期限2019年8月28日必着
合否通知発送日2019年9月20日

2019年10月実施試験

受験申込期間2019年9月1日~9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年10月20日~25日
答案提出期限2019年10月30日必着
合否通知発送日2019年11月20日

2019年12月実施試験

受験申込期間2019年11月1日~11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年12月20日~25日
答案提出期限2019年12月30日必着
合否通知発送日2020年1月20日

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送りください。

受験の申込みはこちらの申込みページからおこなえます。

 

転職・就職に有利! 漬け料理の資格が活かせる職業!

漬け料理ソムリエ

漬け料理とは、浅漬、糠漬け、酢漬けに代表される様々な食材ををそのまま食塩、酢、酒粕などの漬け込み材料とともに漬け込み、保存性を高めるとともに熟成させ、風味を良くした食品などを参考に、発酵食品及び、熟成と保存を目的とする以外に、調理時間の短縮をはかった調理法を採用した料理になります。そのため、素材の味付けを含めて素材を漬けることでそれに含ませ、後に切り分けてそのまま惣菜にしたり、焼いたり、蒸したりして簡単な調理だけで、日々の食事の惣菜を完成させる方法して、最近、インターネットを中心に人気を博していることで知られています。漬け料理ソムリエは、日本安全食料料理協会(JSFCA)などが主催している、漬け料理関連の資格となります。

漬け料理ソムリエの仕事内容

漬け料理は、日本だけではなくアジア全体の漬物に関しての技術を採用して、野菜だけではなく、肉や魚介類も漬け込む知識や技術を応用して、日々の食卓を豊かに出来ます。漬け料理ソムリエは、漬物を含めて醤油漬け、オイル漬け、オーガニックな素材と調味料を使用した、オリジナルの漬け料理を実践的に作成、その技術や知識の普及に務めたり、料理教室などの専任講師、あるいは漬け料理の新しいレシピを、様々なメディアを通じて公開したり、漬け料理の普及と周知にその活動をしていくことが出来るようになります。例えば韓国伝統のタラの内臓の漬物であるチャンジャなどを、おかずの調理料として活用するなど、各種、漬物を応用した料理法や、世界各地の漬物についても知り得て、その紹介や普及に努めることも出来ます。

漬け料理ソムリエの給料

漬け料理ソムリエの仕事は、ほぼ漬物やその応用についての、惣菜に関する知識と技術を知り得ているので、マグロ醤油漬けや、あらゆる野菜の塩やオリーブオイル等の漬けるための素材や材料に関しても詳しいため、料理教室でも保存食についての講習が可能となります。料理教室の運営は、協会や団体に所属して、定期的に開催される講座による講習費用から報酬を得る他に、漬け料理ソムリエの知識や技術を様々な媒体で、自らオリジナルレシピを掲載する形で、コラム記事、ネット記事、著作物などで著作料、広告収入などを得る他、通販サイトを構築して、漬物などの代行販売なども手がけることが可能でしょう。また様々な素材を使って保存食としての活用も出来ることから、節約生活、防災の為の準備としての食品の製造法も人に教えることが可能となります。


保存・常備菜漬け料理アドバイザー

漬け料理を使って、保存料理や作り置き・常備菜を作るための知識を持ち、それを活かした食生活への提案ができる知識と技能を有しているのが、保存・常備菜漬け料理アドバイザーです。近年、共働き世帯が拡大し、専業主婦がこれまで家族全員の食事を準備するといった習慣は薄れてきており、男女、年齢に関係なく、誰もが日々の食卓の準備に協力することが求められている時代です。常備菜漬け料理とは、毎日普通に食べる野菜などの旬の食材などを、調理を一から始めるのではなく、素材を漬け込むことで味を素材に染み込ませ、それを保存し、食べるときには極簡単な調理だけで済ませるための工夫の一つと言うことが出来ます。また保存食も、冷蔵庫の高性能だけではなく、日々、日中、買い物に随時行けず、週末にまとめて買うような生活スタイルの場合、食材の保存は非常に重要な要素となっていきます。

保存・常備菜漬け料理アドバイザーの仕事内容

食材の劣化を防ぎながら、出来るだけ長持ちさせて風味を損なわない、これまでの非常食の枠を越えて、日々の食卓の食材として応用させるのが、今日の保存食の捉え方です。時間があるときに作って冷蔵庫に常備するおかず(惣菜)のことを常備菜と呼びますが、例えば、肉を出汁や調味料に漬け込んでから、冷凍して、後から調理するために冷凍保存するなども常備菜の方法の一つです。常備菜は時間のあるときにまとめて作っておくことで、平日の忙しいときにも、いつでも冷蔵庫から出してすぐに調理、あるいは温めるだけで済む惣菜となるので、密閉容器などの知識も必要です。保存・常備菜漬け料理アドバイザーは、こうした様々な食材の保存方法、常備菜の作り方などに詳しく、その知識と技術を、様々な家庭向けにアドバイスを可能とする民間資格となります。

保存・常備菜漬け料理アドバイザーの給料

保存・常備菜漬け料理アドバイザーは、保存と日々の忙しい中でも簡単に準備できるおかずについての工夫や作り方に詳しいため、料理教室における保存・常備菜に関する講師の他、様々なメディア、インターネットを通じて、その知識を幅広く普及に努めることが可能です。有名な一般家庭向けの料理レシピサイトなどの他に、自らオーガニックな食卓をコンセプトにしたサイトを構築し、食材の保存・常備菜の作り方のコツ、必要な道具や常備菜に相応しい食材の紹介や、その扱い方を広く普及、周知させることが出来ます。特に食材の保存や常備菜を扱えるようになると、家庭にある冷蔵庫のスペース節約や節電などにも好影響を与えるため、極めてエコロジーで、近年問題となっている食品ロスに関しても、家庭からそれを防ぐことも出来ます。


漬物工場

食品加工業の一つで、昔から伝統的に小規模事業者から、大規模な施設を有した事業化した発酵用の設備などを備えた漬物専門の食品工場です。日本では野菜の漬物が主流なので、野菜を農家と提携、あるいは市場から調達して、洗浄、磨き、切り分け、漬ける調味料や味付けのある液体の入った容器に、一定期間漬け込んでから、加工、パッケージ化して、提携食品メーカーに出荷したり、市場に出荷するまでを担います。非常に工程が力仕事になることが多く、体力がいる仕事として知られています。また発酵食品の性質上、腐敗を防ぐために低温下で作業が季節に関係なく行われ、工程も水仕事も多いことが挙げられます。また近年、地元特産物の一つとして、全国の地産地消の漬物文化が見直されて来ており、大規模な工場から、小規模な事業体で、伝統的な漬物を製造するような形態も徐々に増え始めています。

漬物工場の仕事内容

ビタミン類を壊すことなく摂取することが可能な漬物は、外食産業を含め、多くの宿泊施設の食事メニューに加えられているのと、コンビニエンスの弁当にも入っているほど、非常に身近な食べ物です。原料となる野菜の貯蔵方法には大きく「常温貯蔵」と「低温貯蔵」の2種類があり、それらの野菜に付いている土や汚れを洗う作業などは、大まかには機械洗浄ですが、取り切れない泥汚れは手作業によることが多いです。異物混入チェックも機械と人の肉眼によって検査され、切断と漬ける工程自体は自動化されていることが多いです。製造から出荷までは、幾つかの工程で人の手による検査や、梱包、出荷準備などは手作業も多く含まれます。日本の漬物工場は、創業から長い歴史を持つ事業者が多く、日本全国に、大小様々な漬物工場が点在しています。

漬物工場の給料

社員としての平均年収は、事業規模にもよりますが、大手であれば大体年収400万円前後が相場であり、最近では、慢性的な人手不足により、人員確保は派遣社員やパート・アルバイトの比率が非常に多くなっています。正社員の月給は、少しずつ、人員不足解消の動きで給与は上がってきており、平均で初任給20万円が相場となっています。製造、販売の他に。事務関係、電話対応、出荷管理などの業務も募集に含まれ、事務、製造、倉庫内軽作業として全国各地で、募集は通年、常にある状態です。どうしても発酵という自然の生成を待つ食品・加工製造業なので、野菜の旬などや、季節によって繁忙期と閑散期が分かれている場合も多いです。経験年数などは、募集ではあまり重視されていない場合が多いです。


食品加工業

漬物工場なども含めた、最終的に弁当やその他パッケージ製品、例えばレトルト食品や、コンビニエンスの弁当やおにぎりから、カット野菜の製造など、主に食材を大量に仕入れて、そのまま食べられる状態にまで加工、製造するのが食品加工業です。製造だけを請け負う場合と、食品メーカーが開発と研究、販路と流通を行う大規模事業体と、肉や野菜などの食材加工専用の加工工場のみで運営している事業体など、非常に幅広く、製造業では工業についでその裾野が広い分野の業界として知られています。また漬物などは、既に確立した伝統的な家庭の漬物づくりを、大規模な製造として成り立った形で、比較的、特別なライセンスがない食品加工業の一つです。そのため、非常に日本では全国に数多く存在することでも知られています。

食品加工業の仕事内容

大規模な大手食品加工業では、例えば精肉からハムやソーセージ、缶詰などの製造なども含め、その開発から食材となる畜産の管理までを一括で行う事業体もあります。漬物工場などでは、大規模農家と提携したり、あるいは輸入などから、大量に食材を仕入れ、それを加工してパッケージ化して、市場に流通させるような事業形態もあります。人員が非常に多く必要な業界の一つであり、製造業でも肉体労働に近い部分も多い為、最近では慢性的な人員不足に悩まされています。しかしながら、依然として日本国内では輸入加工食品への警戒感から、根強い日本製品への需要が大きく、食品加工業の将来的には、事業は更に細分化され、独自の食品加工業が増加し、日本経済の重要な位置を占めるのは間違いないでしょう。

食品加工業の給料

中小を含めた食品加工業の平均的給与は、およそ月額で約20万円前後が相場です。従って、350万円から約400万円前後が、食品加工業全般の平均年収と見て良いようです。また、非常に製造業全般に言えるのが、慢性的な労働者不足で、近年、この分野も外国人労働者の増加は見込まれていると言われています。業界全体では、待遇改善で残業の低減、給与等の引き上げも続いている現状ですが、慢性的な人手不足はなかなか解消できておりません。しかしながら、新しい業態が増えるに連れ、最近では地産地消で地方の産業などの復興も注目されて来ており、これからは、中小以外に零細企業でも、新しい食品加工業が生まれる機運が高まっています。現在の食品加工業は、その過渡期にあたるのかもしれません。

 

今後も需要が増える漬け料理の資格

前の日までに下ごしらえを済ませておけば、当日はひと手間加えるだけで食べられるという、漬け料理の需要は、「マグロの漬け」、「まぐろの漬け丼」などの海鮮を使ったものや、豚肉の味噌漬けなど、野菜以外に様々な食材を通してネットでも、様々なレシピが公開されています。また、近年の費用のかかる海外旅行から、国内旅行へシフトする傾向に伴って、オートキャンプなどでも、漬け料理は保存が効く食材の応用として、非常に人気が高まっていることは確かです。こうしたことから、漬け料理ソムリエの資格は、そうした需要を見込んで新しい漬け料理メニューの提案をしたり、家族全員で参加できる家庭内調理の方法として、これからは注目を更に集めることになるでしょう。


漬け料理ソムリエ 資格試験 受験生の声

 

受験の申込みはこちらの申込みページからおこなえます。