日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

梅マイスター認定試験
試験日程
次回の試験は
2019年12月20〜25日
受験申し込み期間 2019年11月1日〜11月30日
 

梅のレシピ

梅は古くから食べられており、私達にとっても馴染みの深い食材の一つです。保存食の一つとして梅干しとして食べるのが一般的ですが、梅干しを使った料理も多くあります。また、梅を漬けた梅酒や様々な漬け方によって色んな味を楽しむこともできます。梅は、強い酸味が特徴で、クエン酸、カルシウム、カリウム、ビタミンA・B1・B2と豊富な栄養素が含まれていることで、その効能は疲労回復、ガン予防、動脈硬化や心臓病を防ぐ効果も期待されており、健康食品としても人気の高い食材です。その為、梅を使った料理も多く作られており、代表的なものとしては梅干しです。梅干しをオニギリに入れれば、殺菌効果によって腐敗を防ぎ、疲労回復効果によって体調も整い、外出先で食べるには最高の一品と言えます。また梅肉を使った料理では、梅の肉を磨り潰しペースト状にすることで、野菜や肉・魚に乗せて食べれば、梅の酸味がアクセントとなり、美味しく食べることができます。そして近年、人気があるのが梅を使ったお酒です。梅の実を酒と氷砂糖で漬けて作るお酒は梅酒として飲まれ、ストレート、炭酸割り、水割り、お湯割り、様々な方法で美味しく飲む事ができます。寝る前に少し飲む事で、美肌効果や整腸作用、上質な睡眠に効果があります。梅を有効的に食べることで健康を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

梅の料理

梅は、日本では古くから食べられており、中国に至っては紀元前から食べられていると言われております。梅が持つ強い酸味は、塩と同様に扱われ、貴重な塩分や調味料として重宝されており、世界の広い地域で食べられています。その為、梅の種類や品種は豊富で、およそ300種類あると言われています。その中でも馴染みの深い梅と言えば、生産量が多い南高梅や白加賀梅です。南高梅は、和歌山県で生産されている物を「紀州南高梅」というブランドとして売り出されており、梅の中でも高級品として扱われております。特徴は、大粒な割に種が小さく、肉厚で梅干しに適しています。またフルーティーでもある為、梅酒としてもよく利用されています。白加賀梅は、関東地方で多く栽培されており、特に群馬県の白加賀梅が有名とされています。特徴は、大粒で皮が厚く、果肉が少し硬めでしっかりしているところです。梅干し、梅酒、梅シロップなど、多くの梅の商品に使われています。近年、需要が高まってきた梅として、甲州最少梅が人気です。全国で生産されており、梅の実は小粒の部類に入りますが、果肉はしっかりしており、一口で食べることができるサイズであることから女性や子供に人気です。「カリカリ梅」として有名で、お菓子感覚で食べることが出来るのが人気です。他にも様々な梅がありますので、色んな梅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

梅マイスター資格認定試験

試験概要

梅マイスターとして、梅の実、梅の生産地、梅にまつわることわざ・ことば、梅にまつわる言い伝え、梅の品種、梅の健康効果、梅酒、梅酢、梅ジュースなど梅に関することを十分に理解している方に認定される資格です。例えば、梅の実の収穫時期、梅の実の栄養、梅の実の保存方法、梅の実の冷凍保存・解凍方法、南高梅・古城梅・白加賀梅・甲州最小など梅の品種、梅酒・梅ジュース・梅肉エキスなどの健康効果、むくみ予防や冷え性改善、ダイエット効果など梅の美容効果、美肌効果、梅リグナンの効果、梅酒・梅肉エキス・梅ジャムの作り方などの知識を有していることが証明されます。資格取得後は、梅マイスターとして活躍することができます。

試験概要
試験詳細

試験開催の詳細は下記の通りです。

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
試験日程 以下参照
試験概要

試験日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送りください。
2019年2月実施
2019年2月20〜25日
2019年2月28日
受験申込期間2019年1月1日〜1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年3月20日
2019年4月実施
2019年4月20〜25日
2019年4月30日
受験申込期間2019年3月1日〜3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年5月20日
2019年6月実施
2019年6月20〜25日
2019年6月30日
受験申込期間2019年5月1日〜5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年7月20日
2019年8月実施
2019年8月20〜25日
2019年8月28日
受験申込期間2019年7月1日〜7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年9月20日
2019年10月実施
2019年10月20〜25日
2019年10月30日
受験申込期間2019年9月1日〜9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年11月20日
2019年12月実施
2019年12月20〜25日
2019年12月30日
受験申込期間2019年11月1日〜11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2020年1月20日

転職・就職に有利! 梅の資格が活かせる職業!

梅マイスター
梅マイスター

梅マイスターは、日本古来から食されている梅の魅力を熟知し、梅の風味をうまく使った食材などを効果的に提案できる能力を認定する資格です。一口に梅といってもさまざまな種類が存在しており、酸味が強いものから甘いものまで幅広く存在します。料理やお酒など、それぞれのシチュエーションにあった梅をチョイスし、それをうまく生かすことができる技術は、とても重宝されるものといえるでしょう。

梅マイスターの仕事内容

梅マイスターの仕事内容は、梅に関するその深い知識を使って、料理に梅で彩を加えたり、効果的な引き立てを狙う梅料理を提供するところにあります。また、梅本来の能力を素材のまま生かす梅干しについて発展的な使い方を提案することも仕事内容の一つといえるでしょう。かなり酸味が強く、塩分も強いように見える梅ですが、生かし方を工夫するだけで古来のヘルシーフードとして使われることも多く、こうした梅の効果的な生かし方を期待された職業といえそうです。

梅マイスターの給料

梅マイスターの給料は、そこまで高いわけではなく、アルバイト程度といった感覚が正しものです。しかし、日本古来の風味を生かす和菓子や、ヘルシーな料理を基軸として梅を扱う一部のフィールドにおいては絶大な力を発揮する資格であることも確かであり、働き方、資格の活かし方によって非常に幅広い年収帯の人物が存在するのが実情です。また、梅という分野に特化してレシピを考案したり、講演をしたり、生徒をとったりといったビジネス展開が実現するのであれば、非常に有益な資格といえ、年収もかなり高額なものが期待できるでしょう。

健康梅干しインストラクター
健康梅干しインストラクター

梅干しインストラクターは、梅干しを自家製で制作するその知識と技術を有していることを認定してくれる資格といえるでしょう。普段から梅干しに親しんでおり、料理が大好きといった人にはかなりおすすめな資格です。単純な料理の知識やスキルだけでなく、梅本来の種類や、その生かし方なども幅広く学ぶことで、単なる梅干しづくりだけではない幅広い応用の利くスキルとして生かすことができ、特に健康食ブームの昨今においては非常に重宝される資格といえるでしょう。

健康梅干しインストラクターの仕事内容

健康梅干しインストラクターの仕事内容は、資格取得の過程で身に着けたその梅干しを造る技術とスキルをもとに、他者に対してその製法の実演と、梅の魅力について伝えることにあります。梅干しは大変ヘルシーフードとしても魅力のある食べ物であるため、健康食を売りにする店舗などでは大いに重宝される傾向にあるでしょう。また、そのインストラクター資格という特性を生かして、少しでも広範囲な人に梅干しづくりの魅力を伝えるべく、生徒さんをとってレクチャーするなど、非常に幅広い活動が期待できる資格でもあります。

健康梅干しインストラクターの給料

健康梅干しインストラクターの年収は、最も多いのはお金を取らずに友人知人などにその梅干しの魅力を伝えたり、梅干しづくりを教えたり、といった使い方が多いものです。しかし、講演をしたり、インストラクターとして生徒さんをとってカルチャースクールなどで実演などをするようになると、アルバイトかそれ以上の金額を得ることも難しくはない職業といえるでしょう。ただ、梅干しという食材を基軸にしていますので、梅干しをどれだけ発展的に利用できるかでそのビジネス、ひいては年収に影響してくるものといえるでしょう。

食品製造業
食品製造業

食品製造業は、多くの食品を加工し、そして製造する大本となる工業資格です。実際にさまざまなブランドやメーカーが売り出している食品を作る工場などで、実際に専門的な食品の製造にかかわる人物が専門の資格を取得し、プロとして働くことでも知られています。梅干しに限らず、幅広く一般的な食品製造にかかわる知識を有していることが大切であり、それだけ応用の利く資格であるといえるでしょう。

食品製造業の仕事内容

食品製造業の仕事内容は、まさにその働く職場において売り物となる食品を製造・加工するといったものです。普段から私たちがスーパーなどで手にしている食品を加工する資格ですから、非常に幅広い食材と、また食品衛生などに関する知識が求められる職業でもあります。食品によっては、その他の特殊な資格と組み合わせて製造にあたるなどが必要となりますが、広く食品製造業として実際の食材が生まれるまでの実務を担当することが仕事の大きな内容といえるでしょう。

食品製造業の給料

食品製造業の給料は、一般的かやや高給といったところです。多くが企業のサラリーマンとして仕事に従事していますから、昇給などの給与体制も一般的な企業とそん色ないことがほとんどでしょう。また、年齢と経験を経て主任や施設管理などに回ったり、経営などに参画するようになると、非常に高給を望むことができるところは一般的なサラリーマンと変わりありません。

食料品開発
食料品開発

食料品開発とは、私たちが普段口にする、スーパーなどのお店に並ぶ商品を開発するものであり、非常に幅広い食品の技術に加え、ビジネスとして商品を扱う上で新商品を生み出す発想や企画力が重要となる仕事です。会議などで概念的な企画段階から、実際にラボなどで試作品の製造を決定し、製造するなど、非常にクリエイティブな要素も含まれるため、総合力が試される職種といえるでしょう。

食料品開発の仕事内容

食料品開発の主な仕事は、多くのブランドにおいて、その主力となる商品を実際に生み出すことにあります。材料や品質、味などはもちろんのこと、パッケージやデザイン、購買層などを定義し、システマティックに開発していくため、単純に食品製造の基礎知識だけでなく、マーケティングや流行を読み取る力が必要となります。こうした企画職は、多くの人々が目指すひとつのビジョンであることが多く、非常に人気も高いのが実情です。しかし、そこに至るまでには、さまざまな技術を身に着け、総合的に発揮する能力が高いことが一つの目安になるともいえるでしょう。

食料品開発の給料

食料品開発の給与は、全般的に見て非常に高い傾向にあります。多くがサラリーマンとしてその商品ラインナップの開発に携わりますが、比較的上位職である要素の強い企画、開発食ですから、専門的な工学知識や大学院での学歴などを持つ人も多く、キャリアとしての道を嘱望されることも多いため、非常に高給取りになりやすいといえるでしょう。もちろん食品の種類によってその難易度や年収は異なりますし、企業によっても異なりますが、少なくとも生活に不自由しない年収が一般的です。

今後も需要が増える梅の資格

梅マイスターの仕事は、数ある食材の中で特に梅に特化した知識とスキルを持ち合わせた資格です。梅という概念は、日本においては四季を表す食べ物の一つとして、若の中では季語にも使用されるなど、日本文化と密接に結びついています。こうした中、昨今では日本食ブームが騒がれる流れとなり、梅という一見すっぱくて刺激的な味をしながらも非常にヘルシーである食材は、海外から見ても注目を集める一つとなっています。今後多くの外国人が日本に増える中で、梅マイスターの資格はよりその生かしどころを得ていくことが予想され、大変とっておいて損のない資格となっています。

受験生の声

資格を探す

認定試験一覧