日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

中華料理ソムリエ認定試験
試験日程
次回の試験は
2019年10月20〜25日
受験申し込み期間 2019年9月1日〜9月30日
 

中華料理とは

中華料理とは世界三大料理のひとつに挙げられる中国発祥の料理です。中華料理の特徴としては中華鍋で油やラードを使って高い火力で炒めるものが多いことと、非常に多くの食材を用いることなどがあります。「中国人が食べないものはほとんどない」という言葉からもいかに中華料理では多くの食材が用いられているかがよく分かるでしょう。そして食材の多さと同様に調理法も多岐に渡ります。私たちが一般的に用いる調理法は中華料理においては炒め料理は炒(チャオ)、揚げ物は炸(ジャ)、蒸し料理は蒸(ジョン)、煮込み料理は煮る(ジュ)というようになります。
しかし中華料理ではこれらの調理法の他にもさらに細かい分類があります。一例を挙げると炒め料理では炒(チャオ)に加え、爆(バオ)や生炒(シェンチャオ)などです。炒は強火で食材を炒める基本的な調理法ですが、爆は炒以上に強い火力で一気に炒める方法です。そして生炒(シェンチャオ)は下味をつけないで調理する方法です。このように中華料理では同じ調理法でも絶妙なさじ加減がなされており、同じような料理でも少し違えば別の料理となります。このためひとりの中華料理人が調理できる料理は何万種類に及ぶと言われています。

 

中華料理の仕事

中華料理のメニューとして思い浮かべる物と言えばチャーハン、ラーメン、餃子でしょう。これらは家庭料理として、もしくは冷凍食品などの一般的なメニューとして日本でも根強い人気があります。チャーハンは油を引いた鉄鍋で米をベースにネギ、卵、エビなどの食材を混ぜ合わせて強い火力で調理して作られます。余った食材や冷ご飯を流用して作ることができるため家庭でも重宝されます。中華料理店ではチャーハンを見ればその店の技術が分かるといわれるくらい基本的でかつ、技量に左右される料理です。
ラーメンは材料に使われる中華スープ、中華麺という名称から中国料理の印象が強いですが、実は日本でお馴染みのラーメンは本来の中華料理ではなく、中国式の麺料理を日本独自にアレンジしたものです。私たちが普段親しんでいるラーメンは中国では『日式拉麺』と呼ばれています。本来の中華料理としてのラーメンは坦坦麺がもっとも近いです。ちなみに餃子はパリパリと焼くイメージが強いですが中国では蒸す料理である水餃子の方が一般的です。このように私たちの生活の中に溶け込んでいる中華料理の中には日本で独自に進化したものがあります。また中華料理店でも日本人の好みに合わせてこれらのメニューが振る舞われています。中華料理の仕事に携わるのならこうした日本式と中国本家の違いを学ぶと良いでしょう。

中華料理ソムリエ資格認定試験

試験概要

中華料理とは、中華料理の歴史、四大中華料理とは、北京料理、広東料理、四川料理、上海料理、地方料理、中華鍋や中華土鍋、中華包丁、穴杓子、玉杓子、せいろなど中華料理で使われている道具、中華料理を食べる際の基本的なマナー、中華料理と美容の関係などを十分理解している方に認定される資格です。また、麻婆豆腐や天津飯、酢豚、フカヒレスープなど中華料理の作り方の知識を有していることを証明する資格です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。中華料理が好きな方、飲食店で働きたい方などに人気のある資格です。

試験概要
試験詳細

試験開催の詳細は下記の通りです。

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
試験日程 以下参照
試験概要

試験日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送りください。
2019年2月実施
2019年2月20〜25日
2019年2月28日
受験申込期間2019年1月1日〜1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年3月20日
2019年4月実施
2019年4月20〜25日
2019年4月30日
受験申込期間2019年3月1日〜3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年5月20日
2019年6月実施
2019年6月20〜25日
2019年6月30日
受験申込期間2019年5月1日〜5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年7月20日
2019年8月実施
2019年8月20〜25日
2019年8月28日
受験申込期間2019年7月1日〜7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年9月20日
2019年10月実施
2019年10月20〜25日
2019年10月30日
受験申込期間2019年9月1日〜9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2019年11月20日
2019年12月実施
2019年12月20〜25日
2019年12月30日
受験申込期間2019年11月1日〜11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否通知発送日2020年1月20日

転職・就職に有利! 中華料理の資格が活かせる職業!

中華料理ソムリエ
中華料理ソムリエ

中国の古い時代の調理から近代の中華料理までを網羅した中華料理に関するスペシャリストが中華料理ソムリエです。中華料理の歴史、素材の使い方、美容と健康に効果的な調理法、中華料理に使われる調理道具など、総合的な知識や技術を習得しています。使用する調理道具は、中華鍋、中華土鍋をはじめ、中華包丁、せいろ、穴杓子などです。
また、中華料理とひとくちにいっても広大な中国では地域によって食材や調理法、料理の味が違います。中華料理ソムリエは、北京料理、四川料理、広東料理など、中国各地の料理に使われる食材やレシピなども理解しており、正確に区別することができます。お馴染みの炒飯や酢豚、麻婆豆腐をはじめとする数々の中華料理の作り方をマスターしています。また、中華料理を食べるときのマナーやエチケットについても身についています。中華料理には独特のマナーというものがあります。例えば、お客さんは満足したという気持ちを表すために、「もう食べきれない」という意味で食べかけを残すのがマナーとされています。基本的に、中国でのおもてなしとは、たくさんの料理を出して、お客さんにお腹いっぱいになってもらうことだそうです。
近年、中華料理は日本の家庭料理でも人気のメニューであり、麻婆豆腐、チャーハン、海老チリなどは子どもも大人も大好きなメニューです。中華料理についての知識を深めるために勉強すると、より美味しく中華を堪能できるだけでなく、知識を活かして仕事に就くこともできるので資格を持っていると有利です。

中華料理ソムリエの仕事内容

中華料理の特徴や作り方、マナーなどについて習得しているので、地域のカルチャースクールや自宅で料理教室を開いて講師として活動できます。また、中華料理店でスタッフとして働く場合にも、中華料理の知識が役立ちます。中華料理には、広東料理、四川料理などいろいろありますが、自分の得意な分野の料理に特化してレクチャーや料理実習を行うとよいでしょう。

中華料理ソムリエの給料

平均年収:260万~320万円

中華料理調理インストラクター
中華料理調理インストラクター

中華料理の食材や調理法、その料理の地域性など、中華料理に関して幅広い知識を持っており、中華料理の普及と紹介に貢献できる人が中華料理調理インストラクターです。
具体的には、中華料理の歴史をはじめ、四大中華料理や精進料理の知識、中華の食器やカトラリー、さらに中国茶や中国酒などの知識も求められます。また、中国ならではの中医学や漢方、薬膳などにも詳しく、「医食同源」についても実践していきます。中医学は健康増進につながると言われています。料理については、水餃子や小籠包、酢豚、エビのチリソースといった一般的な中華料理や地方ごとの料理の作り方をマスターしています。また、インストラクターとしてこれらの知識を実際に他の人に伝える役割があるといってよいでしょう。今後も研鑽を積んで知識をさらに増やすことは仕事にも役立つので資格を持っていると有利です。

中華料理調理インストラクターの仕事内容

身に付けた中華料理の知識を活かして飲食関係の仕事に就いたり、インストラクターとして、地域の生涯学習教室などで、地域の方のニーズに合わせて、中国料理の歴史や漢方、薬膳など幅広い知識を広めることができます。また、実際に料理実習を行い、一般的な中華料理の作り方を教える料理の先生としての活動も可能です。

中華料理調理インストラクターの給料

平均年収:240万~300万円

中華料理専門店
中華料理専門店

中華といえば、街のどこにでもあるような大衆的な中華料理屋さんか、コース料理も提供する中華料理専門店が主流です。中華料理店の魅力は、そのメニューの多さにもあるでしょう。肉・魚介・野菜のカテゴリーに分かれおり、様々なメニューを提供しています。
外食関係の企業が調査したところ、お店でよく注文するメニューは、1位:餃子、2位:チャーハン、3位:からあげでした。定番のメニューがそろいましたが、男性から支持の多かったメニューは麻婆豆腐、女性では小龍包やエビマヨが人気でした。
中華のコース料理は、前菜、スープ料理、メイン料理、麺類、デザートなど、非常に種類が多いことが特徴です。中華鍋一つで炒め物、煮物、揚げ物などを調理します。素材を油に通して、水分を閉じ込めて素早く強い火力で仕上げるため、炒め物には艶と輝きがあり、青菜は鮮やかに仕上がります。
中華料理はだれにでも愛されている親しみのある料理です。中華料理専門店によく食べに行ったり、自宅でも中華料理を作る方が多いと思いますが、中華料理に関する資格についてはご存知でしょうか?資格を取ることで、中華料理の作り方だけでなく、中華料理でのマナー、調理に必要な道具などの知識を習得でき知識の幅が広がります。中華料理が好きな方、レパートリーを増やしたい方、飲食関係で働いている方も資格を持っていると役に立ちます。

中華料理専門店の仕事内容

中華料理専門店でのスタッフの仕事は他の飲食店と同様です。ホールスタッフの仕事は、お客様のお席へのご案内、配膳、レジなどです。キッチンスタッフは、調理補助、盛り付け、材料の下ごしらえ、皿洗いや掃除などが主な仕事です。食品を扱う仕事なので、スタッフの身だしなみはもちろん、店舗内の衛生面に特に注意が必要です。
中華料理店で仕事をすると、接客に関するマナーが身につきます。アルバイトからでも、飲食店で学んだことは今後もサービス業に就くときに役立つでしょう。また、働きながら調理の知識を身につけることができます。

中華料理専門店の給料

平均年収:270万~360万円

中華料理教室の先生
中華料理教室の先生

日本では毎日の食生活でもよく食べる中華料理ですが、本格的な中華料理を作るとなると意外に難しい分野です。本場中国で使われているような食材や調味料を使っていない家庭が多く、それらに精通している方も少ないと思います。
そこで、本格的な中華料理の作り方を覚えたいという人を対象に中華料理の教室が各地で開かれています。そこで教えているのが中華料理教室の先生です。
さまざまな教室がありますが数例をご紹介しましょう。中華食材の販売会社が運営している料理教室の講師陣は日本の中華料理界の一流シェフばかり。プロの技を料理の音と香りを間近に体験しながら学ぶことができ、レッスン後には出来立てのお料理を味わえます。レッスンは1回ごとに申込みをします。中華料理のセミナーとランチを一緒に楽しめる機会ともいえるでしょう。また、月替わりで講師が変わるので、毎月参加していると四川料理や広東料理、中国料理などさまざまなプロの技を習得できます。
台湾の先生が自宅で教えている料理教室もあります。先生は台湾の小皿料理店を経営されていましたが高齢になりお店を閉じて料理教室を始められたそうです。牛肉麺、魯肉飯などの台湾の郷土料理や屋台料理を教えています。アットホームな教室でローカルな中華料理を学べるのもいいですね。
なお、料理教室の先生は資格を持っていると、生徒さんからの信頼も厚くなるので有利です。

中華料理教室の先生の仕事内容

通常、料理教室では先生が調理のデモンストレーションを行います。実際に先生がレストランで提供している料理や創作料理などを教えていきます。ただ、デモンストレーションするだけでなく、生徒さんが興味を持てるように話し方にも工夫が必要です。また、その場で生徒さんから質問があったら分かりやすく説明することも求められるでしょう。料理教室にもよりますが、シェフが教室で使っている食材や調味料などを販売することもあります。

中華料理教室の先生の給料

平均年収:280万~400万円

今後も需要が増える中華料理の資格

中華料理は、フランス料理、イタリア料理と並んで世界の三大料理といわれています。とりわけ、3千年の歴史を誇る中国の料理は世界各国のグルメに愛されている料理です。小籠包、炒飯、青椒肉絲など、名前を聞くだけでも気分が上がる中華料理の数々のメニュー。中華は青菜の炒め物ひとつをとっても、100種類以上のメニューが有るといわれています。
日本では中華料理は家庭でも作られているほど根強い人気があります。ラーメン、マーボー豆腐、餃子など定番のメニューが日々の食生活に浸透しています。また、小籠包や北京ダックなどの料理も人気が高く、横浜中華街に行けば本格的な味を堪能できます。
中華調理のメリットは、野菜がたくさん摂れること。栄養的にも優れた構成になっています。また、よく使われているトウガラシは、脂肪燃焼効果があり、ダイエットにも良いとされています。ダイエットといえば、中国茶にもプーアル茶などダイエット効果が期待できるお茶がいろいろあります。
中華料理の思想の根底に「医食同源」という考え方があるのをご存じでしょうか?つまり、「食べるものが薬」という考え方です。中国では古来より、体が弱っているとき、弱って機能が衰えている部位と同じ動物の内臓を食べることで、弱った部分を補えると考えられてきました。そのため、中華料理はおいしいだけでなく、健康に良い料理が多いのです。
そのような健康・美容にも良い中華料理について学んで、中国の人たちのように美味しく食べながら健康になりたいという人が増えています。中華料理は、基礎知識さえ覚えてしまえば、家庭でも本格的な中華を美味しく作れます。そのためには、独学ではなく、中華料理ソムリエの資格などを目指して効率的に学んでいくことをおすすめします。

受験生の声

資格を探す

認定試験一覧