イタリアン資格のイタリア料理ソムリエ認定試験

イタリア料理ソムリエイタリア料理ソムリエ
認定試験



イタリア料理資格試験概要

イタリア料理ソムリエ 資格認定試験

試験概要

イタリア料理ソムリエとは、イタリアンに関する様々な知識を有していることを認定する資格です。イタリア料理に使用するオリーブやチーズ、野菜や果物、食肉加工品などといった食材やその伝統的な製法、種類、正しい取り扱いや保存方法、北イタリアや中部、南部のイタリア料理のそれぞれの特徴、アンティパストやドルチェなどイタリアンのコースのメニュー構成やテーブルマナー、カトラリーの使い方、パスタの食べ方、ピッツァの食べ方、オリーブオイルの選び方、パスタの種類などについて、正しい知識を有していることを証明する資格です。自宅で日常的にイタリア料理を楽しみたい方はもちろん、飲食業界の方にも人気のある資格です。

 

受験の申込みはこちらの申込みページからおこなえます。

 

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
試験日程以下参照

 

イタリアンとは

イタリアンとはイタリア料理のことです。イタリア料理と言えばピザ、パスタなどを思い浮かべるかと思います。これらはイタリア料理としてひとまとめに扱われていますが実はもともと別々の国の料理であったことはご存知でしょうか。現在イタリアと呼ばれている地域はかつてはバラバラの国として存在していました。そしてイタリアというひとつの国に統合されるまでにそれぞれの土地の風土に合わせた独自の食文化を築き上げます。長靴型とも表現されるイタリアの地形ですが、食文化を考えるときに大まかに上半分の北部と下半分の南部に分けることができます。
アルプス山脈が連なる北部では酪農が盛んでバター、生クリームを使った料理が多いです。代表的な料理や食べ物としては生パスタ、リゾット、ゴルゴンゾーラチーズなどがあります。また日本の伝統的な料理であるトンカツの元となった仔牛のカツレツもイタリア北部にある大都市ミラノの名物料理です。一方、南部は海に囲まれた土地で漁業が盛んです。気候も安定しているためオリーブやトマトなどの作物や日に干して作られる乾燥パスタなども南部を代表する名産物です。魚介類や作物をふんだんに使ったパスタや耳がモチモチしているナポリピッツァが名物料理です。

 

イタリアンの仕事

イタリアンの仕事といえば何を思い浮かべるでしょうか。まず出てくるのはイタリア料理店かと思います。しかし『イタリア料理のお店』とひと口にいっても、マナーが重視されるコース料理を提供するもの、気軽にイタリアンを食べれるもの、パスタを専門に扱うもの、ピザを専門に扱うものなどさまざまです。かつてバラバラの都市国家として存在していた歴史と同じように料理店においても違いがあります。
イタリアではこのような料理店のスタイルごとに名前が付けられています。コース料理を主に提供する高級店はRistorante(リストランテ)、リストランテよりも小規模の場合や気軽に食事を取れる大衆食堂はTrattoria(トラットリア)Taverna(タヴェルナ)、Osteria(オステリア)です。ちなみにピザ専門店の場合はPizzeria(ピッツェリア)、パスタ専門店ではSpaghetteria(スパゲッテリア)となります。現在ではこれらをきちんと区別せずにイタリア料理店であるという雰囲気を出すためや語感で選ばれている傾向があるため必ずしもこの分類には当てはまりませんが、このように同じイタリア料理店でもさまざまな形態があることを知っておくとよりイタリア料理への理解が深まることでしょう。

 

試験日程

平成30年12月実施試験

受験申込期間2018年11月1日~11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2018年12月20日~25日
答案提出期限2018年12月30日必着
合否通知発送日2019年1月20日

2019年2月実施試験

受験申込期間2019年1月1日~1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年2月20日~25日
答案提出期限2019年2月28日必着
合否通知発送日2019年3月20日

2019年4月実施試験

受験申込期間2019年3月1日~3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年4月20日~25日
答案提出期限2019年4月30日必着
合否通知発送日2019年5月20日

2019年6月実施試験

受験申込期間2019年5月1日~5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年6月20日~25日
答案提出期限2019年6月30日必着
合否通知発送日2019年7月20日

2019年8月実施試験

受験申込期間2019年7月1日~7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年8月20日~25日
答案提出期限2019年8月28日必着
合否通知発送日2019年9月20日

2019年10月実施試験

受験申込期間2019年9月1日~9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年10月20日~25日
答案提出期限2019年10月30日必着
合否通知発送日2019年11月20日

2019年12月実施試験

受験申込期間2019年11月1日~11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年12月20日~25日
答案提出期限2019年12月30日必着
合否通知発送日2020年1月20日

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送りください。

受験の申込みはこちらの申込みページからおこなえます。

 

転職・就職に有利! イタリア料理の資格が活かせる職業!

イタリア料理ソムリエ

フランス料理よりは気軽に楽しめるイタリア料理。定番メニューのピザやパスタは子どもも大人も大好きな料理ではないでしょうか。たっぷりと溶けるチーズやガーリックの香りに誘われて、ついつい食べ過ぎてしまう方も多いことでしょう。すっかり日本の外食産業に溶け込んでいるイタリア料理店ですが、イタリア料理に詳しいソムリエがいるお店もあります。
イタリア料理ソムリエとは、イタリア料理について幅広い知識をマスターしている人です。イタリアでは主食がパンのことが多いですが、北部の方ではポレンタと呼ばれるトウモロコシを使ったものを主食としている地域もあります。こうした地域ごとに異なる郷土料理や食文化についての知識もあり、ワインやパスタの種類、コーヒーの知識も習得しています。イタリア料理店にソムリエとして勤務をしている方は、前菜、プリモピアットからドルチェに至るメニューの構成について提案することができます。イタリアンの深い知識を活かして、適切な提案をすることでお客様に喜んでいただける存在ですので資格を持っているとさらに有利です。

イタリア料理ソムリエの仕事内容

活躍の場はイタリア料理専門店だけではなく、一般の洋食店やカフェでも活躍できます。それほど、イタリア料理はさまざまな飲食店で提供されている人気のメニューといえるでしょう。ソムリエとしては、料理の説明だけでなく、料理に合うワインもおすすめすることも仕事です。自宅でイタリアの家庭料理を教えるサロンを開いたり、カルチャースクールでイタリアの食材や食文化について学ぶ講座を開いて講師をつとめることもできます。

イタリア料理ソムリエの給料

平均年収:280万~320万円


イタリアンコーディネーター

イタリアンコーディネーターとは、飲食店をはじめ、自宅や地域のセミナーなどで、イタリアの料理やデザートなどの食文化をコーディネートする仕事です。コーディネーターとして、食材や調理法、メニューの構成と選び方、料理に合うドルチェやカフェについてもしっかりと理解していることが求められます。
イタリアンというとカロリーが高いのではと思いがちですが、イタリア料理で使われる食材は意外に健康的なものが多いです。たとえば、抗酸化効果が期待できるトマト、血液をサラサラにするオリーブオイル、高タンパク高カルシウムで低脂肪のパルメザンチーズなどです。イタリアンコーディネーターは、このようなさまざまな知識を身につけて地域の食育にも貢献できる存在ですので資格を持っていると便利です。

イタリアンコーディネーターの仕事内容

食事をコーディネートする知識が求められるため、イタリア料理を提供している飲食店で料理の組み合わせ、ドルチェと料理の相性、ワインの選び方などについてアドバイスや説明をすることが仕事になります。そのため、主に飲食業界の仕事で活躍できるでしょう。また、カルチャーセンターなどで、「イタリア料理と食文化」といった内容でレクチャーできる可能性があります。

イタリアンコーディネーターの給料

平均年収:280万~350万円


イタリア料理専門店

家族や友人との会食にイタリアンを選ぶ人は多いのではないでしょうか?価格もフレンチほど高くなく、いろいろなメニューをオーダ―して皆でシェアできるのも楽しいですね。繁華街を歩けば、すぐに目に入るイタリア料理専門店ですが、いったいいつ頃からこんなに人気が出てきたのか調べてみました。「イタメシブーム」という言葉を聞いたことがありませんか?イタメシブーム、すなわちイタリア料理を食べることがブームとなったのは1990年~1991年のことでした。それ以来、イタリア料理店は拡大を続け、いまや日本の食文化に堂々と定着したといえます。
イタリア料理の人気の理由はおしゃれな雰囲気でリーズナブルな価格の食事を楽しめること、オリーブオイルや有機野菜が使われており近年の健康志向とうまく合致した点などが考えられます。
市場調査データによると、男性よりも女性の利用率が高く、年代別でみると、最も高いのは20代女性でその後に40代女性、30代女性、50代女性と続きます。男女ともに、若い年代の利用率が高い傾向がありますが、年代別であまり差がないことからも世代を問わず人気があることが分かります。
また、イタリア料理専門店にはたくさんの業態があり、それぞれが異なる特徴を持っています。例えば、リストランテはコース料理が中心の高級店、トラットリアはカジュアルな一般的なレストランです。また、2010年代に入って急激したバールは、お酒と一緒に食事を楽しむタイプのお店です。ピザ専門のピッツェリアでは、できたてのピザを味わえます。都内にはワンコインピザのお店も登場して話題になりました。
さまざまな業態のイタリア料理専門店がありますが、スタッフとして活躍するには、イタリア料理に関する資格を持っていると有利です。

イタリア料理専門店の仕事内容

ひと口にイタリア料理と言っても、ご説明しましたようにその種類や業態はさまざまです。そのため、イタリア料理店で働きたいという方は、自分の目指す方向性を考えた上でお店選びを行うことをおすすめします。
イタリア料理専門店の数が多い分、求人数もかなり多いといえます。調理スタッフ、ホールスタッフに加え、店長候補を募集しているお店もたくさん見つかるでしょう。職種により仕事内容は異なりますが、基本的な業務として、ホールではお客様のご案内、注文を受けて配膳、レジ対応が主な仕事です。キッチンでは経験により異なりますが、仕込みから調理、盛り付けといった流れになります。どちらの業務にも清掃が含まれます。将来的に店舗をまとめる立場の店長候補も、まずは仕事の流れをしっかりとマスターすることが求められます。

イタリア料理専門店の給料

平均年収:300万~340万円


イタリア料理教室の先生

日本に郷土料理があるように、イタリア料理も地方によって特徴が異なり、その土地で採れる食材を使った素材の持ち味を引き出す調理法が好まれているようです。イタリア料理教室は全国にたくさんあり、それぞれの先生が教える料理にも個性があります。
フィレンツェの郷土料理を教えている教室では、イタリア人の先生が英語で教えています。英会話のブラッシュアップにもおすすめです。先生のお宅で開催されるので、素敵なお家を訪問できるのも魅力ではないでしょうか。ナポリのラビオリやパンナコッタなどの料理教室も人気があります。料理教室の検索サイトには先生のプロフィールも載っています。また、個人の教室ではなく、少し規模の大きい料理教室では、初心者のコースからプロを目指す方のコースまで用意しています。本格的にイタリア料理を習いたいという方におすすめです。先生は全員日本人の先生、レッスンはコース仕立ての実習形式です。体験レッスンも提供しています。料理を教えるのに特に資格は必要ありませんが、先生としてスキルや知識の裏付けとなる資格を持っていると有利です。

イタリア料理教室の先生の仕事内容

個人の料理教室の場合、材料の下ごしらえから、テーブルセットなど全て自分で行う必要があります。当日の授業以外にも事務作業や、試作と料理の撮影などの業務があります。また、少人数の料理教室で1日2~3回行う場合は、レッスンと試食後の食器やテーブルのなどの片付けを効率よく行って、次のレッスンに備える必要があります。
大手料理教室の場合は、自分の担当時間に合わせて出勤しますが、準備のために最低でも授業の30分前には着いて材料の確認と配置、下ごしらえなどを行います。授業時間はおよそ1.5~2時間程度が多いでしょう。生徒の試食中は味を確認し、必要に応じてイベント告知などを行います。

イタリア料理教室の先生の給料

平均年収:280万~360万円

 

今後も需要が増えるイタリア料理の資格

人気のイタリア料理には素材を活かした料理が多いため、日本人の口にも合いやすく、今では日本の食生活の中にすっかり定着しています。そんなイタリア料理は、モロッコ料理などと共に「ユネスコ無形文化遺産」に登録されました。
1980~90年代にかけて起きたイタメシブーム以来、イタリア料理は一般家庭にも受け入られ日本独自のメニューも誕生しました。イタリア料理店の数は毎年増加しており、2014年にはおよそ8000店の店舗が存在していたので、現在はさらに多くなっていることでしょう。
フランス料理やエスニック料理を自宅で作るのは少し敷居が高いと感じる方も多いと思いますが、イタリア料理なら挑戦しやすいのではないでしょうか。普段からパスタを作ったり、ピザを生地から自分で焼いたりしている方もいると思いますが、もう少し詳しくイタリアの食文化から学んで、イタリア料理のスペシャリストになってみるのはいかがでしょうか。オリーブオイルやニンニクなどが使われることが多いイタリア料理ですが、実は料理の種類はさまざまです。そんなイタリア料理について学ぶための資格取得を目指して基本からしっかりと学んで、イタリア料理を極めてみるのはいかがでしょうか。


イタリア料理ソムリエ 資格試験 受験生の声

 

受験の申込みはこちらの申込みページからおこなえます。