パン作り資格の手作りパン健康ソムリエ認定試験

手作りパン健康ソムリエ手作りパン健康ソムリエ
認定試験



パン資格試験概要

手作りパン健康ソムリエ 資格認定試験

試験概要

手作りパン健康ソムリエとは、パンの歴史、日本のパン、世界のパン、パンの材料、パンの製法とその分類、パンの作り方やパン作りに使う道具などに関する、あらゆる知識を有している方に認定される資格です。パンの起源やストレート法、ポーリッシュ法、発酵種法、中種法、サワー種法などの様々な製法、パンに使う小麦粉や天然酵母やイーストの種類と働き、発酵の過程や手順、ベンチタイムの必要性、パンを焼き上げる際のポイントなどに関して熟知していること、手作りパンに関するあらゆる知識を持っていることが求められます。飲食関係はもちろん、健康的なオーガニック、無添加の自家製パンを取り入れた生活を目指す方にも人気の資格です。

 

受験の申込みはこちらの申込みページからおこなえます。

 

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
試験日程以下参照

 

パンとは

パンとは小麦粉に水、塩、イースト菌と呼ばれる微生物などを混ぜ込んだ生地をオーブンで焼きあげて作られる食品です。日本では伝統的に米を主食とした和食が中心に食べられてきました。食の欧米化が進んだ現代ではパンを中心とした洋食も受け入れられており、主食としてはお米と肩を並べている存在です。また朝食に限って言えばパンは米よりもやや比率が多くこれは和食が焼き魚やお味噌汁など比較的準備に手間がかかる事に対し、パンは軽く温めてジャムやバターを塗り、スクランブルエッグやサラダなどのおかずと共にサッと食べられることが理由として挙げられます。また同様の理由で忙しく働く人の中にも市販のパンで昼食を済ます人も多いです。
おにぎりに具材を入れるように細長いコッペパンに切れ目を入れて焼きそばやウインナーを挟み込んで焼きそばパンやホットドッグとして食べたり、2枚の食パンにハム、レタス、炒りタマゴ、コロッケなどの具材を挟んで食べるサンドイッチなどさまざまなアレンジが可能です。現代ではありふれた食品であるパンですが古代エジプトでは給料や税金をパンで支払われていた時代があったという面白い話があります。またパンがあのようにぷっくりするのはイーストの作用なのですが、あえてイーストを用いずに薄く延ばして作る『ナン』はインド料理を代表するパンの一種です。

 

パンの仕事

パンに携わる仕事としては町のパン屋さん、パンを製造する大手食品メーカー、スーパーなどにあるベーカリー部門があります。一般的にパン屋さんは小・中規模であることが多く少人数での仕事となります。一方、大手食品メーカーやスーパーのベーカリー部門では比較的人数が多く分業化されていることが多いです。町のパン屋さんでは最初はアルバイトやパートとして勤務し、パンを焼くための下準備や片づけ、完成したパンの陳列などが主な仕事となるでしょう。パン屋ではその日に販売するパンを用意するために早朝から仕事を始めることがほとんどで、弾力のあるパン生地をこねるなど非常に力仕事です。そのため町のパン屋さんで仕事をする場合には朝に早起きするための規則正しい生活ときっちりと仕事をこなすための体力づくりが重要となります。
一方、食品メーカーの工場ではパンの製作工程がある程度機械化されており、それらの管理や作業が主な仕事となるでしょう。スーパーのベーカリー部門はこれらとは少し環境が異なります。基本的にはパン屋と同様の仕事内容となるのですが、あくまでもスーパーの従業員として勤務するのでパン以外の商品の場所や取り扱いなどの質問に答える機会が多くなるため接客にも慣れておく必要があります。

 

試験日程

平成30年12月実施試験

受験申込期間2018年11月1日~11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2018年12月20日~25日
答案提出期限2018年12月30日必着
合否通知発送日2019年1月20日

2019年2月実施試験

受験申込期間2019年1月1日~1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年2月20日~25日
答案提出期限2019年2月28日必着
合否通知発送日2019年3月20日

2019年4月実施試験

受験申込期間2019年3月1日~3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年4月20日~25日
答案提出期限2019年4月30日必着
合否通知発送日2019年5月20日

2019年6月実施試験

受験申込期間2019年5月1日~5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年6月20日~25日
答案提出期限2019年6月30日必着
合否通知発送日2019年7月20日

2019年8月実施試験

受験申込期間2019年7月1日~7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年8月20日~25日
答案提出期限2019年8月28日必着
合否通知発送日2019年9月20日

2019年10月実施試験

受験申込期間2019年9月1日~9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年10月20日~25日
答案提出期限2019年10月30日必着
合否通知発送日2019年11月20日

2019年12月実施試験

受験申込期間2019年11月1日~11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
試験期間2019年12月20日~25日
答案提出期限2019年12月30日必着
合否通知発送日2020年1月20日

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送りください。

受験の申込みはこちらの申込みページからおこなえます。

 

転職・就職に有利! パンの資格が活かせる職業!

手作りパン健康ソムリエ

手作りパンの製作をメインとする「手作りパン健康ソムリエ」は、パンに関する資格を有効に扱える仕事の代表格です。
パンによって日々の生活を彩り、健康などに影響を与えることを目指す手作りパン健康ソムリエにとっては、専門資格の有無が仕事の内容を変える可能性もあります。
より専門的な職場で仕事をしたいのなら、資格取得のための勉強は少しずつでも始めておきましょう。
手作りパン健康ソムリエはパンの種類や焼き方の知識に加えて、他の食材と組み合わせる応用術などにも精通する必要があります。
特に近年は健康を考えたオーガニックで無添加なパンに注目が集まり、その製作に関する知識の需要は高まっているのです。
通常のパン作りだけでなく、健康を重視した手作りパンに興味があるのなら、専門資格を取得して専門家としての活動を目指していきましょう。
資格があれば就職は有利になり、プロとして認識されながらの仕事ができます。
それは働くときのモチベーションにもなるので、手作りパン健康ソムリエになる場合は関連資格のチェックは欠かさないようにしてください。

手作りパン健康ソムリエの仕事内容

手作りパンに関するあらゆる業務が、手作りパン健康ソムリエの仕事となります。
パンの知識を教えたり、パンが持つ健康への効果を考えたり、美味しい食べ方を提案したりといったことが、日々のなかでの業務となるでしょう。
手作りパンを作るには、道具の使い方や作業工程などをきちんと理解している必要があります。
しかし一般的な家庭料理とは違ったパン作りの知識は、誰もが完ぺきに学べるわけではないのです。
だからこそ手作りパン健康ソムリエのような専門的な職業が、知識の情報源として注目されることになります。
専門学校やカルチャースクール、そしてパンを取り扱う企業などで、手作りパン健康ソムリエは今後も活躍することができるでしょう。

手作りパン健康ソムリエの給料

手作りパン健康ソムリエの給料は、パンに関する知識の量とその応用技術によって変わります。
企業や個人に対して有益な情報提供ができれば、給与にも反映されていくでしょう。
手作りパンについて学びたい人がどんな情報を求めているのかを、考えながら働くことがポイントです。
需要に応えるということが、手作りパン健康ソムリエとしての評価を高めることになるでしょう。


パン・ベーカリーアドバイザー

パンにまつわるあらゆる知識を必要とする「パン・ベーカリーアドバイザー」の仕事でも、関連資格が有益に働きます。
専門資格があることはスキルの証明になるため、色々な職場に求められるようになるでしょう。
パンの種類や実際に作るための製法、特殊なパンが持つ魅力などを伝えることが、パン・ベーカリーアドバイザーになるために必要な能力です。
実際に自分でパンを作りつつ、その奥深さを体感していくことが、就職のためになる工程となります。
またパン・ベーカリーアドバイザーは、パンに関する資格を持つことでも就職を有利に運べるのです。
きちんと学んだ結果が資格取得という形で出ている方が、パン・ベーカリーアドバイザーに採用されやすくなるでしょう。

パン・ベーカリーアドバイザーの仕事内容

パン・ベーカリーアドバイザーは、パン作りに関する疑問や悩みを解消し、正しい知識を与えていくのが仕事となります。
実際にパンをいっしょに作ったり、オリジナルのテキストで教えたりといった形で、的確に知識をアドバイスしていくのがポイントです。
良きアドバイザーとして働いていくことが、パン・ベーカリーアドバイザーの仕事スタイルだといえるでしょう。
パン・ベーカリーアドバイザーの職場は専門学校やスクールなど、たくさんの人がいる場所が基本となります。
そのためコミュニケーション能力も重要で、交流していくための話術なども仕事には必要です。
積極的に自分の知識を晒しつつ、相手の話をきちんと聞くことが、熟練のパン・ベーカリーアドバイザーになるきっかけとなるでしょう。
単純な知識量だけでなく、いかにそれをわかりやすく伝えるかを考えて、仕事をまっとうしていくのがコツです。

パン・ベーカリーアドバイザーの給料

パン・ベーカリーアドバイザーは、その能力を評価されることで給料面に影響が出る職業です。
自身の能力を隠すことなく、積極的にアピールすることが、最終的に充実した給料につながっていくでしょう。
パン作りは誰でも挑戦できるものですが、本当に美味しい味や美しい見た目を作るには、それなりの努力が必要となります。
そんな努力をサポートするのがパン・ベーカリーアドバイザーの仕事であるため、その努力が報われた分だけ、自分自身の評価を高めることができるでしょう。


手作りパン教室の先生

パン作りを教える「手作りパン教室の先生」になるのなら、専門資格の取得はおすすめされます。
立派な知識を持つ先生であることを証明できれば、規模の大きい教室を任されることもあるでしょう。
パン教室で学習をしたいというユーザーは多く、近年は特に手作りにこだわりたい人が増えているようです。
自分の手で美味しいパンを作り、家族や友人に振る舞いたい。
そんな人たちの願望を叶えられるのが、手作りパン教室の先生なのです。
高い需要に応えるためにも、普段からパンについての知識を深め、作り方の技術を磨いていきましょう。
専門資格は当然就職にも役立ち、採用率を高めることにつながります。
パン教室を職場にしたい確固たる意思があるのなら、まずは資格勉強から始めてみましょう。

手作りパン教室の先生の仕事内容

手作りパン教室の先生の仕事内容は、とにかくパン作りのレクチャーが基本です。
パン作りで必要となる考え方や手順、道具の使い方などを教えることに、日々の時間を費やすことになるでしょう。
パン教室に集まる人たちは、基本的にみなそれぞれ目的や趣味が違っています。
そういった人たちをまとめて授業をするには、パン作り以外にもあらゆるスキルが必要となるでしょう。
教室全体を把握する視野の広さ、生徒の話を聞くための時間の作り方、その人に向いている教え方を見極める技術。
あらゆるスキルが手作りパン教室の先生としての仕事を成り立たせていくので、少しずつ自分の仕事内容を振り返りながら修正していくのがおすすめです。

手作りパン教室の先生の給料

基本的に手作りパン教室の先生の給料は、教師として契約する際に決められます。
労働時間や業務内容と照らし合わせて、満足のいく金額になっているか確認しましょう。
人気の先生になれれば、その教室を盛り上げる役割を担うこともできます。
そうなれば給料のアップなど、待遇面の向上に期待することができるでしょう。


パン屋

純粋にパンの販売を行う「パン屋」の仕事でも、手作りパンの関連資格は重要なものとなります。
特に実際にパンの製造をする場合は、資格勉強から得られる経験は仕事に直結するメリットとなるでしょう。
パン屋のスタイルは個人経営店からチェーン店までさまざまとなっているため、あらゆる街で色々なパン屋を見かけることができます。
就職先が多くなることはもちろん、自分に向いているお店も探しやすいので、パンに関わる仕事を求めるのならパン屋の求人は要チェックとなるでしょう。
パン屋はその店舗数の豊富さから、少しでも有力な人材を見つけて生き残りを図りたいと考えるお店が多いです。
パン作りの関連資格を持っている人は、そんなパン屋にとっては貴重な人材であり、ぜひ採用したい存在となるでしょう。
将来を見越して勉強をするのなら、手作りパン健康ソムリエをはじめとしたパンの資格を中心にチェックしてみてください。

パン屋の仕事内容

パン屋の仕事は色々あり、ときには多くの作業を任されることもあります。
メインとなるパン作りはもちろん、接客や陳列といった店舗の業務も、パン屋の仕事に含まれることは覚えておきましょう。
パン作りに特化した資格を持つのであれば、基本的にパンの製造に集中することになるとは思います。
しかしそれでも他の仕事をカバーする可能性はあるので、パン屋で働くのなら店舗内で必要となる仕事は一通り確認しておきましょう。
その経験は将来自分のパン屋を持ちたいと思ったときに、役に立つ知識になるのです。

パン屋の給料

パン屋の給料をアップさせたいのなら、パン作りの仕事を完ぺきにこなすことはもちろん、具体的な形でお店に貢献していくことが必要です。
新メニューを考えたり、作業の効率化を図ったりすることでお店のレベルを上げ、自分自身の評価を高めていきましょう。

 

今後も需要が増えるパンの資格

手作りパンの魅力は多くの家庭に広まっていますが、その勢いはまだまだ加速していくことになるでしょう。
しかし実際に自宅でパンを作ろうと思っても、なかなか上手くいかないのが現実です。
だからこそ手作りパン健康ソムリエの資格を持つ人は、多くの職場で求められ続けるでしょう。
今後も資格の需要が高まることは予想できるので、パン作り関連の仕事に興味があるのならぜひ取得を目指してみてください。


手作りパン健康ソムリエ 資格試験 受験生の声

 

受験の申込みはこちらの申込みページからおこなえます。