日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

スムージーで摂れる栄養について

スムージーは豊富な栄養を手軽に摂れるため、人気が高まっています。とくに、ダイエットや美容に関心が高い女性に人気です。

 

では、スムージーで摂れる栄養とは具体的にどのようなものなのでしょうか?栄養が摂れるといっても、具体的にどのような栄養素が含まれているのか意外と知らないかもしれません。

 

そこで、ここではスムージーで摂ることができる栄養について詳しく調べました。スムージーを使って健康管理をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

スムージーで栄養を得るメリット

 

普通の食事で栄養を摂るのとスムージーを利用するのでは、何が違うのでしょうか?ここでは、スムージーで栄養を得るメリットについて考えてみます。

 

普段は食べない皮や種の栄養も摂れる

野菜やフルーツには、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養が豊富に含まれていますが、実はその栄養のほとんどが皮や種に含まれているということをご存知でしょうか?いつも皮をむいて種を取って食べている野菜やフルーツには、ほとんど栄養が残っていません。

 

その点、スムージーは皮や種もすべて入れて作ります。ミキサーで滑らかにして作るので、固い皮や種も簡単に取り入れることができます。スムージーは無駄なく野菜やフルーツの栄養を摂れる手段なのです。

 

加熱の必要がない

スムージーは野菜やフルーツを洗ってカットしてミキサーにかけるだけで、加熱する必要がありません。鍋やフライパンを汚すこともありませんし、火を使う工程も不要なので焼き加減や煮加減を気にする必要もありません。そのため洗い物も少なく手軽に作ることができるので、忙しい朝の栄養補給にもぴったりです。

 

多くの栄養素を一気に摂れる

スムージーのよい所は、入れる食材を増やせば多くの栄養素を一気に摂れるところにもあります。あまりたくさんの種類の食材を入れてもすべての栄養素を吸収することはできませんが、34種類くらいなら食材を組み合わせることができます。

 

食事を作る場合は、いろいろな食材に合わせた料理を作らなければなりません。しかし、スムージーなら手順は一つで、食材を増やせば多くの栄養素を取り入れることができます。

 

自分に必要な栄養素を組み合わせて摂れる

スムージーには、自分好みの栄養素を組み合わせて自在に摂ることができるという点も魅力です。たとえば、美容のためにビタミンCと食物繊維を摂りたいからイチゴやオレンジとプルーンを入れる、朝食をパパっと済ませるためにバナナと牛乳でエナジーチャージするなど、自分に必要な栄養素を組み合わせることができます。

 

スムージーで摂れる代表的な栄養素

 

スムージーを飲むことで、どのような栄養素を摂ることができるのでしょうか?代表的な栄養素についてみていきましょう。

 

食物繊維

スムージーで摂ることがもっとも適している栄養素が、食物繊維です。野菜やフルーツの皮や種まで手軽に取り入れることができるスムージーなら、皮や種に豊富に含まれている食物繊維をたっぷり摂ることができます。

 

食物繊維はたいていの野菜やフルーツに含まれていますから、スムージーを作ればほぼ摂取することができます。また、ミキサーで細かく砕いて滑らかにするので、摂りにくい食物繊維もスムージーなら簡単に摂ることができます。

 

 

ビタミン類

ビタミン類を摂りたいなら、生の野菜やフルーツをしっかりと食べる必要があります。しかし、生野菜やフルーツをたくさん食べるのは難しいです。そこで、スムージーなら野菜やフルーツを加熱せずに摂るため、熱に弱いビタミン類も豊富に摂取することができます。

 

 

鉄分

女性には鉄分が不足して貧血気味の方も多いはずです。そのような時にスムージーを利用すれば、鉄分が豊富なほうれん草や小松菜などを入れることで鉄分をたっぷり摂ることができます。ほうれん草や小松菜などをたくさん食べるのは難しいですが、スムージーにすれば飲みやすいのでたくさんの量の野菜を摂ることができるでしょう。

 

 

カリウム

足や顔がむくみやすい人は、体内に過剰な塩分が溜まっていることが考えられます。むくみを摂るためには、カリウムを補給して体内の水分量を調整する必要があります。スムージーなら、カリウムが豊富なパセリやほうれん草、スイカなどの食材をたっぷり摂ることができます。

 

 

カルシウム

カルシウム不足になると、イライラして情緒不安定になったり骨が弱く骨粗鬆症になったりすることがあります。スムージーにカルシウムが豊富な牛乳やヨーグルトなどの乳製品やパセリなどを入れることで、カルシウムをたっぷりと摂ることができます。

 

 

マグネシウム

マグネシウムと言われてもピンとこない人が多いかもしれませんが、筋肉や神経伝達の働きに大きく関係してくる栄養素です。マグネシウムが不足すると、うつ症状がでたり集中力が低下したりすることがあります。

 

マグネシウムが豊富な食材には、ナッツや枝豆、プルーン、アボカド、ほうれん草などがあります。これらの食材もスムージーに適していますから、たっぷりと使えばマグネシウムを補給することができるでしょう。

 

 

酵素

酵素は、体内の消化や代謝を促進させてくれます。体内の代謝を高めることで、肌をはじめ体全体を美しく保つことができます。

酵素は生の野菜やフルーツに豊富に含まれていますが、熱に弱いのでスムージーにすることはとても理にかなっています。

 

スムージーで栄養を摂る時の注意点

 

ここまでご説明してきたように、スムージーという形は栄養を摂るためにとても適していることがわかります。しかし、スムージーで栄養を摂ればそれで万全ということでもありません。スムージーを飲む際に注意することについて、お話しします。

 

スムージーだけでの栄養補給は万全ではない

スムージーを飲めば、食物繊維やビタミン類、カルシウムなどの多くの栄養素を効率よく摂取することができます。しかし、それだけで栄養補給が万全ということではありません。

 

スムージーでは、動物性タンパク質や炭水化物を摂ることができません。そのため、身体の筋肉を作ることもできませんし、体を動かすエネルギーも不足します。

 

よくダイエットや美容を意識し過ぎてスムージーだけで食事を済まそうとして、栄養不足で骨や筋肉がスカスカになり体を壊してしまうという話を聞きます。スムージーだけでは栄養補給は十分ではありませんので、毎日の食事を大事にしたうえでスムージーで足りない栄養素を補うという形がよいでしょう。

 

つくったら早めに飲むこと

スムージーは基本的に作り置きせず、作ったらすぐに飲み切ってください。なぜなら、作り置きすると素材が酸化したり栄養素が失われたりしてしまうからです。味が落ちることもあるので、作ったらすぐに飲み切るようにしてください。

 

氷をいれすぎない

スムージーは素材を凍らせてミキサーにかけたり氷を入れたりして、冷たくして飲むことが多いと思います。しかし、あまり氷を入れすぎたり冷たくしすぎたりすると、体を冷やしてしまいます。体が冷えると血行や代謝が悪くなりますので、できれば常温で飲んでください。

 

糖分の摂り過ぎに注意

スムージーにはフルーツを入れることが多いですが、フルーツには思ったよりも糖分が多く含まれています。そのため、スムージーを飲みすぎることで糖分の摂り過ぎにつながることがあります。ダイエットに気をつけている方は、とくに気を付けてください。

 

スムージーで摂れる栄養についてまとめ

 

スムージーで摂れる栄養素には、食物繊維やビタミン類、カルシウムやカリウム、酵素などがありました。スムージーは加熱の必要もありませんし、食材を洗ってカットしてミキサーにかけるだけなので手軽で簡単です。忙しい朝などの栄養補給にぴったりです。

 

しかし、スムージーだけでは必要な栄養がすべて補給できるわけではありません。普通の食事を大事にして、不足している栄養素をスムージーで補うのがよいでしょう。スムージーを上手に活用して、健康的な毎日を過ごしてください。

認定試験一覧