日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

幼児期に使用する食器の選び方や注意点

離乳食も終わり、幼児食を始めるにあたって食器も変えようかと考えますよね。子ども用の食器には、可愛らしいものがたくさんありワクワクします。幼児の食器は、何を基準に選ぶのが正確なのか、どんな物が使いやすいのか悩みますよね。

 

そこで、幼児期に使用する食器の選び方や注意点をご紹介致します。たくさんの種類の中からメリットやデメリットを比較し、食器の注意点も踏まえて参考にして下さい。ご家庭にあった食器を見つけて下さいね。

 

幼児食にふさわしい食器とは

スプーン(先がしゃもじ型で深さがある物、⾷物が乗せやすい物など)

幼児食を始めたばかりの子どもは、手づかみ食べが基本です。いきなりスプーンを使って上手に食事が出来るわけではないので無理に練習させる必要はありません。子どもの近くにスプーンを置いておいて、手に取ったら気の済むまでやらせてあげましょう。

 

散らかるからと親がスプーンで食事をあげてしまうと子どもの練習になりません。ある程度は自由にさせ、きちんと量が食べられていなさそうなら補助をしながら食事を与えます。スプーンで遊び食べをしているようですが、どの程度なら口に運んでも大丈夫なのかを勉強しています。

 

幼児に与えるスプーンは、先がしゃもじ型で深さがある物や食べ物が乗せやすい物など握りやすく、握ると柄が手から少しだけ出るサイズの物を選びましょう。

フォーク(とがりすぎていない安全な物など)

フォークもスプーン同様に子どもが食事をしている近くに置いておき、何かのきっかけで使い始めるのを待ちます。フォークの先端に食べ物を刺して渡してあげるなどすると真似をして使い始めるかもしれません。子どもがやりたがった時だけ渡すようにし、無理矢理フォークなどを握らせたりする必要はありません。

 

無理に練習させると食事の時間が楽しくなくなってしまいます。自然と使い方を覚え、2歳頃までには上手に使えるようになる子がほとんどですので気長に見守ってあげましょう。

振り回すと危険ですので机にフォークを置いたならば必ず大人が近くにいてください。フォークは、溝が2cmくらいで尖りすぎていない安全な物が好ましいです。

食器(おかずがお皿から逃げてしまわないように縁が直角に立ち上がった物、ある程度の重さがある物など)

幼児食の食器は、スプーンですくう時やフォークで刺した時におかずがお皿から逃げてしまわないように縁が直角に立ち上がった物やある程度の重さや深さがある物を選びます。

 

あまり軽い食器や浅い食器を使うとおかずが皿の外に飛び出してしまい、片づける側も大変です。子ども用の食器を選べば、色々な事を想定した作りなので安心して使う事が出来ます。

 

食器の材質と特徴

陶器、磁器、強化ガラス素材、プラスチックメラミン製、木製など

食器の種類には、色々な物があります。それぞれの特徴を理解してご家庭にあった物を選びましょう。

 

陶器

陶器は柔らかみがあり、熱に強く冷めにくいのが特徴です。厚みや重みがあるので食事の時にお皿が逃げることはあまりありません。

 

しかし、壊れやすく、よく乾かさないとカビなどの原因となるのが欠点です。吸水性があるので食材の色がつきやすいです。電子レンジは、使用不可な物が多いです。

 

磁器

陶器と比べると壊れにくく、水を吸わないので染みになりにくいです。磁器の欠点は、熱に強くないので温度差でヒビが入る事があります。

 

また、熱が伝わりやすいので温かい物を入れた時に熱くて持てないなどの問題が起きます。その反面、薄い作りなのですぐに冷めやすいという点もあります。

 

強化ガラス素材

大人が使う物と同じような質感で扱いやすいです。落としても割れにくく、電子レンジで使用出来る物が多いのが特徴です。強化ガラス素材は、割れた時に鋭利な破片が出やすいので注意が必要です。

 

プラスチック、メラミン製

表面に傷が付きにくい事や割れにくく軽いのがメリットです。軽いので外出時に持ち運ぶ事も出来ます。

 

しかし、軽いので安定しにくく自分で食事を食べる時に器が動いてしまう時があり、臭い移りする事があります。プラスチック製品は、電子レンジや食洗機で使用出来る物が多いです。メラミン製品は、電子レンジ不可なものが多いです。

 

木製

木製食器のメリットは、軽くて割れにくく口当たりが良いです。熱い物を入れても食器に熱が伝わりにくいのが特徴です。

 

しかし、電子レンジや食洗機で使えない物が多く、濡れたまま放置するとカビが生えやすいのがデメリットです。乾燥に弱いので冷蔵庫で保管することが出来ません。

 

吸盤や滑り止めつきの食器

吸盤や滑り止めつきの食器は、滑りにくく柔らかい素材で作られています。割れる事は、ありませ。食器用吸盤がついているので軽い食器ですが、お皿が移動してしまうことはありません。

 

また、食器に持ち手がついているのでスープなどが飲みやすいです。しかし、離乳食や幼児食専用の食器なので一定の期間限定で長く使う事は出来ません。

 

幼児食に陶磁器食器を使うメリットとデメリット

メリット(適度な重さや安定感がある、臭い移りしにくい、⼿触りがよいなど)

幼児食に陶磁器食器を使うメリットは、適度な重さや安定感がある事です。プラスチック製品などの軽すぎる食器では、スプーンを入れた時などにお皿が移動してしまいます。臭い移りしにくい事や手触りが良い事などから陶磁器食器は、幼児食にもよく使われています。落とすと簡単に割れてしまう事から物を大切にする気持ちが育まれます。

 

また、陶磁器食器は、料理の温度を感じやすい作りです。冷たいもの、温かいものと口に運ぶ前に分かるため器が熱いからもう少し冷ましてから食べようなどと子ども自身で考えられるようになります。

デメリット(落とすと割れる)

陶磁器食器のデメリットは、重みがあり落とすと簡単に割れてしまいます。大人には感じない程の重さでも子どもにとって陶磁器食器は重く、そこに料理がのると手に負担がかかります。気をつけていても割ってしまう事はありますので破片で怪我をする危険性も考えましょう。

幼児食の食器を選ぶ時の注意点

キャラクターものは避けたほうがよい(⾷事の邪魔になる可能性あり)

幼児食を始めたばかりの子どもですと食器のキャラクターに気を取られて食事が進まなくなってしまうかもしれません。

 

食事が進まない事をキャラクターものに助けてもらう事もあるのですが、まずは、食事の彩りが見えるようなシンプルなデザインの食器を選びましょう。キャラクターものの食器に頼るのは、幼児食の進み具合の様子を見てからでも良いでしょう。

ワンプレートであれば仕切りがあるものがおすすめ

ワンプレートだと洗い物も少なくなり、とても便利です。しかし、ワンプレートに食事を乗せてしまうとぐちゃぐちゃにされて食事の味が混ざってしまう可能性が十分にあります。

 

仕切りがあると子どもも手をつけやすく、ひとつひとつの味を確かめながら食べることが出来ます。

幼児期に使用する食器の選び方や注意点まとめ

 

幼児食にふさわしい食器は、先がしゃもじ型で深さがある物や食べ物を乗せやすいスプーンを選びます。とがりすぎていない安全なフォークを一緒に選ぶと良いでしょう。

 

幼児食を始めたばかりの時期は手づかみ食べが中心ですが、食事と一緒にスプーンやフォークを出してあげれば自然と使い方を覚えます。興味を持ち始めるまで無理強いはせず、子ども自身で練習させましょう。

 

おかずをすくう時、お皿が逃げないように縁が直角に立ち上がった物を選びます。食器には、陶器、磁器、強化ガラス素材、プラスチックメラミン製、木製などの種類があります。それぞれ、割れにくい事や重さ、電子レンジの使用が可か不可かなどの特徴があります。ご家庭にあった食器を選びましょう。

 

幼児食で陶磁器食器を使うメリットは、料理の温度を感じやすいなどです。熱いから冷まして食べようなどと学習する機会に繋がります。デメリットは、割れやすいことです。

 

幼児食の食器を選ぶ注意点は、キャラクター物は避ける事です。キャラクターに気を取られて食事の邪魔になる可能性があります。また、ワンプレートの食器を使用する場合には、仕切りがあると便利でしょう。

認定試験一覧