日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

コーヒー豆の挽き方と分量

種類や焙煎度合いと並んで、コーヒーの味や香りの違いを左右するのが豆の挽き方と淹れる際の豆の分量です。挽き方の種類とそれぞれの特徴、使用する豆の分量による味の違いについて詳しく説明します。

 

コーヒー豆を挽くとは?

豆は粉砕することにより香りを発する

「コーヒー豆を挽く」とは、ミルという機械で豆を砕いて粉状にすることです。粉状にすることで豆の表面積が大きくなるので、コーヒーの成分をしっかりと抽出できるようになります。

 

また、コーヒー豆は粉砕することで香りを発するようになるので、挽いた瞬間に豆は最も香りを放ちます。挽きたての豆でコーヒーを淹れると、得も言われぬ芳醇な香りのコーヒーを楽しむことができます。

 

挽き方によって味や香りに違いがでる

コーヒー豆を挽くときは、ただ単に細かく砕けば良いというわけではありません。挽き方が雑だと、味や香りを十分に引き出すことができないのです。使うミルの性能をきちんと把握して、正しい挽き方をすることが美味しいコーヒーを淹れるための大切なポイントです。

 

また、挽き方(粉の粗さ)によって味や香りに違いが出ます。細かく挽くほど成分が抽出されやすくなるので濃くて苦味の強いコーヒーになります。逆に挽き方が荒いと酸味が出やすくなり、薄めで苦味が少ないコーヒーになります。

 

なお、抽出に使う器具によっても相性の良い挽き方はそれぞれに違ってきます。また、焙煎度合いによってもベストな味わいが出せる挽き方が違うので注意しましょう。

 

 

コーヒー豆の挽き方と特徴

 

コーヒー豆の挽き方は5段階に分けることができます。それぞれの特徴や適した淹れ方について説明します。

 

粗挽き 

最もコーヒー豆の粒が大きい挽き方で、砂糖で例えるとザラメほどの大きさです。苦味が少なくて酸味が強く、さっぱりと爽やかな味わいが楽しめます。粒が大きいぶん抽出されにくいので、使用する抽出器具はフレンチプレスやパーコレーターなどコーヒー粉がお湯に浸るタイプがおすすめです。

 

フレンチプレス

コーヒーの粉をお湯に浸して抽出する方法です。抽出したコーヒーを金属のフィルターで漉すので、油分が多くコーヒーそのものの味わいを楽しむことができます。

 

パーコレーター

直火で熱くしたお湯を蒸気圧でパーコレーターの中心部にある管から吸い上げて、コーヒー豆にかけて抽出する方法です。この循環を繰り返すことでコーヒーが徐々に濃くなります。熱いお湯で抽出するので強い味わいのコーヒーを淹れることができます。

 

中挽き 

粗挽きについでコーヒー豆の粒が大きく、そのサイズ感はグラニュー糖とザラメの中間くらいです。雑味や苦味が少なく、クリアな口当たりで後味の引かないスッキリとした味わいを楽しめます。爽やかで飲みやすいコーヒーを淹れることができ、人気の高い挽き方です。

 

サイフォン式やネルドリップ(布ドリップ)での抽出に向いています。

 

サイフォン式

蒸気圧で押し上げた熱いお湯にコーヒー粉を浸して抽出します。手順さえ覚えれば簡単に美味しいコーヒーを淹れることができ、見た目にも楽しめる方法です。

 

ネルドリップ(布ドリップ)

ネルという柔らかい布でドリップする方法です。ネルはペーパーよりも目が粗くコーヒーの微粒子が通り抜けるので、まったりとした口当たりが特徴です。また、油分も抽出されるので甘みのあるコーヒーを淹れることができます。

 

中細挽き 

一般的な粗さの挽き方で粒はグラニュー糖ほどの大きさです。クセのない味わいだということもあり、市販のレギュラーコーヒーは中細挽きが使用されることが多いです。ペーパードリップやコーヒーメーカーでの抽出に適しています。

 

苦味・酸味・風味のバランスが良く、ミルクや砂糖との相性も抜群です。この中細挽きの味を基準にしてもっと酸味が欲しい場合は荒い挽き方、苦いコーヒーが好みなら細かい挽き方というように調整していくと自分好みのコーヒーを淹れることができます。

 

ペーパードリップ

ペーパーフィルターで濾して抽出する方法です。手軽に美味しいコーヒーを淹れることができるので、日本では最も多くの人が利用しています。初心者にもおすすめです。

 

コーヒーメーカー

コーヒー粉と水をセットするだけで、自動的に美味しいコーヒーを淹れてくれる機械です。一般的なドリップタイプの他、エスプレッソやカプチーノも淹れられるタイプや自動で豆を挽いてくれるタイプなど、便利な機能がついているコーヒーメーカーもあります。

 

細挽き 

2番目に粒が細かい挽き方で、粒の大きさは白砂糖とグラニュー糖の間くらいです。コーヒー粉として販売されているものは、ほとんどが細挽きです。

 

粒がかなり細かく抽出されやすいので、苦みとコクが強くて凝縮したコーヒーの味わいがを楽しめます。ウォータードリップを使った水出し抽出がおすすめですが、ペーパードリップを使った淹れ方であえて苦味とコクを楽しむのも良いでしょう。

 

ウォータードリップ

水出しコーヒーを入れるための器具です。水を一滴ずつ落とし、時間をかけてゆっくりと抽出します。熱を加えないので苦味やエグみが少なく、柔らかい味わいのコーヒーが楽しめます。

 

極細挽き 

最も細かい挽き方で、粒は白砂糖の用に細かくパウダー状になっているのが特徴です。苦味がしっかりと出た濃い味わいで、コーヒー本来の味を楽しめます。高温かつ短時間で抽出するエスプレッソがおすすめの飲み方です。

 

エスプレッソ

専用のエスプレッソマシンで豆に圧力をかけて一気に抽出する方法です。濃厚なコクと苦味、強い香りが楽しめます。エグみが出ないよう少量だけを抽出するのが特徴です。

 

コーヒー豆を挽く際の注意点

コーヒー豆は挽いた瞬間に一番強く香りが立ちますが、粉砕して表面積が増えることで湿気やすくなってしまいます。空気に触れる面も増えるので酸化が進み、風味がどんどん落ちていってしまうので家でコーヒー豆を挽く場合は淹れる直前に必要な分だけ挽くようにしましょう。

 

また、粒の大きさが均一でなく挽きムラが出てしまうと抽出にもムラが出て美味しいコーヒーを淹れることができません。電動タイプのミルであれば時間を調節する、手動タイプならハンドルを回すスピードを一定にするなどの工夫をして、できるだけ挽きムラが出ないように注意しましょう。

 

 

豆の分量

豆の使用量でも味に違いがでる

挽き方だけではなく、淹れる際の豆の使用量でも味が変わってきます。基準の量はありますが、好みによって豆の量を増やしたり減らしたりして楽しむことができます。

 

メジャースプーン1杯(1012g)が基準

コーヒーを淹れる際は、1杯分(約150cc)でメジャースプーン1杯(1012g)が目安です。2杯分では20g3杯分では30gという具合に増やしていってください。この分量はあくまで目安なので、増やしたり減らしたりすることでお好みの味わいにできます。

 

多いと苦味やコクがあり、少ないとさっぱり

豆の分量を増やすと苦味やコクが強くなり、コーヒーの味が凝縮した濃い味わいを楽しめます。逆に減らすと、苦味も酸味も弱くなるのでさっぱりとした味わいになります。

 

自分の好みの量に調節して楽しむ

コーヒー豆の量があまりに多すぎたり少なすぎたりすると美味しいコーヒーを淹れることができません。しかし、多少の増減であれば自分好みの味を楽しむことができるのでおすすめです。

 

コーヒー豆の挽き方と分量まとめ

コーヒー豆は荒く挽くほど苦味が少なくさっぱりとした味わいになり、細かく挽くほど苦味が強くて濃い味わいになります。豆の使用量でも味に違いが出ます。豆の量が多いと苦くて濃い味わい、少ないとさっぱりした味わいになります。

 

認定試験一覧