日本安全食料料理協会 | 『食』に関わるすべてのひとへ

column

スパイスの保存方法と賞味期限

いろいろな料理の味を美味しくするのに必要不可欠なスパイスですが、一度にたくさん使うこともないので、どうしても使い残してしまいます。スパイスは保存の仕方を間違えると、せっかくの風味が台無しになって美味しくなくなります。上手な保存方法を身につければ、スパイスの美味しさを保ったまま長期保存することも可能です。そこで、今回はスパイスの賞味期限や保存方法について、詳しくご紹介します。

スパイスの賞味期限

スパイスは乾燥しているので、時間がたってもあまり見た目は変わりません。そのため、賞味期限はいつまでなのか気になるところですが、スパイスの賞味期限の考え方について説明します。

スパイス自体は腐らないが風味が落ちる

スパイスは乾燥させたものであるため、そもそも腐るものではありません。保存方法や保存環境が良好であれば、5年~10年という長期間の保存が可能だといわれています。余程悪い環境で保存しない限り、未開封の場合は記載されている賞味期限が過ぎていても使用することができます。

ただ、年月の経過とともにスパイス本来の風味が落ちてしまうので、できるだけ早く使ったほうがおいしく食べられます。目安としては、パウダー状のものだと1~2年、ホール状のものだと2~3年です。一度に大量購入する場合は、面倒ですがホール状のものを買って使うたびに挽くほうが、パウダー状のものを買うよりもスパイスを長持ちさせることができます。

開封後は半年を目安に

スパイスは開封された直後から空気に触れるため、その香りや風味はどんどん落ちていきます。特にパウダー状のものは空気に触れる面積が広いため、劣化の速度は非常に早くなります。また、スパイスの種類や形状によっては固まってしまうものもあるので注意が必要です。そのため、開封後は半年程度を目安に使い切ってください。

開封後は適切な保存方法で保存し、使用する時には賞味期限内でもスパイスの状態を確認してから使ってください。見た目、風味ともに問題がなければ、賞味期限はあまり気にする必要はありません。

スパイスを保存する基本

スパイスは少しずつしか使わないので、どうしても保存が必要です。どのようなことに注意すれば、スパイスの風味や香りを保ちながら長く保存できるかをみていきます。

基本は乾物の食品と同様

スパイスは乾燥している食材なので、基本的にはほかの乾物の保存方法と同じです。乾燥剤を使用したり、密閉できるジッパー付きの保存袋や、しっかり密閉出来るタイプの容器に入れて冷暗所で保存します。

3つの基本

料理に使う時に手の届きやすい場所に数種類をまとめて置いておくスペースを設けておけば、調理中のアレンジにも幅が出て、かつバランス良く消費できるので便利ですが、その保存場所にはしっかりと気を配りましょう。スパイスの基本的な保存方法は以下の3つです。スパイスの保存方法の違いによって、美味しく食べられる日持ちが変わってくるので注意してください。

直射日光は避ける

 日光に含まれる紫外線によってスパイスの酸化が進み、香りも味も悪くなってしまいます。また、変色の原因となる可能性もあります。窓辺のガラスの戸棚などに置いておくと、時間によっては日が当たってしまうこともあるので、蓋のついた陶器や缶などに入れて保存するか、直射日光の当たらない場所で保管するのが最適です。

熱を避ける

調理の際に手の届きやすいところに、まとめて置いておくのが便利ですが、コンロの周りなどには置かないように注意しましょう。熱で風味が飛んでしまったり、蒸気でスパイスが湿気ってしまう原因にもなるからです。

もうひとつ気をつけなければいけないのが、蒸気の上がった鍋の上で直接振り入れないようにすることです。湯気がスパイスを入れてる容器に入り込んできて湿気る原因になるからです。面倒でも、一旦手や小皿に取り出してから入れるようにしてください。

湿度を避ける

スパイスは乾燥させたものなので、湿気を含んでしまうと急速に劣化が進みます。また、カビなどの原因となることもあるので、なるべく乾燥した場所で保管し、湿気には充分な注意が必要です。

温度変化の少ない場所で保存する

スパイスの保存場所として最適なのは、温度変化の少ない場所です。温度差が大きいと保存容器内に結露が発生し、スパイスが湿気ってしまう危険性があるからです。特にオーブンや炊飯器の近くは温度の変化が激しく、シンクの下なども夏場には高温多湿になるので、スパイスの保存場所としては適しません。

スパイスの保存方法

せっかく適した保存場所を選んでいても、保存容器が不適切なものであれば、あまり効果がありません。スパイスの保存には容器選びも重要になります。

密閉した容器にいれる

スパイスは空気に触れることで劣化が進み、特に湿気によるダメージが一番大きいので、中身を湿気させないためにも、密閉できるフタ付きの容器に保存することをオススメします。

香味成分を揮発させない入れ物で保存

スパイスは香りが重要なので、香味成分が揮発しないような入れ物に入れておくことが重要です。加えて、周りの食材に不用意にスパイスの香りがついてしまわないように配慮する必要もあるからです。

冷暗所で保存する

太陽の光が当たることによって香りや風味が劣化していくので、直射日光の当たらない場所で温度変化の少ないところを選んで保存するようにしましょう。

風味を守る保存方法

スパイスの風味を守るためには、いくつかの工夫をすることで、さらに上手に保存することが可能になります。

冷凍保存がおすすめ

スパイスの風味を守りながら、できるだけ長い期間保存するのに最適な方法は冷凍保存です。冷凍庫は温度も安定していて光も当たらないので、スパイスの風味を損なわずに長期間保存することができます。特に解凍する必要もないので、鮮度を維持したまま使えてとても便利です。

空気を抜いて密閉する

冷凍庫に保存する際に注意しなければいけないのは、空気中の水分が凍って霜になってしまうことです。また、スパイスが空気に触れることでも風味が落ちてしまうので注意しなければいけません。それを防ぐためにも、フリーザーバッグなどの容器の中の空気を抜いて密封することが大事です。

気をつけたい保存場所

スパイスを保存する際には、その風味を損なう恐れがあるので、気をつけたほうがいい保存場所があります。

コンロ付近 火の熱で劣化する

料理によくスパイスを使うので、コンロの近くに置いているという方は要注意です。コンロの周囲は調理中、火の熱で非常に高温になっているので、スパイスの劣化も早くなります。できるだけ別の場所に置くか、使う分だけ置くようにしましょう。

冷蔵庫 結露する可能性がある

熱や湿気を避けることができるという理由から冷蔵庫を保管場所に選ぶことは避けたほうがいいです。なぜなら、冷蔵庫内の温度と調理を行う室内の温度差が大きかったり、冷蔵庫内の温度よりかなり温度が高い状態のものを入れたりすると、結露が発生する可能性があるからです。結露による水滴はスパイスの香りや風味を劣化させるだけでなく、長期保存においてはカビの原因ともなるので、スパイスの保存に冷蔵庫を使うのは避けるべきです。

スパイスの保存方法と賞味期限まとめ

スパイスは、保存方法が悪ければすぐに劣化して風味や香りが落ちてしまいます。しかし、保存の方法や場所に気をつければ、香りや風味を保ちながら長く保存することも可能な食材です。スパイスの味や香りを長く楽しむためにも、ぜひ正しい保存方法を身につけてください。

スパイス資格に関する記事一覧

食文化の資格

スパイス香辛料ソムリエ認定試験
スパイス香辛料ソムリエ認定試験
スパイスの歴史やスパイスの種類を理解し、様々なスパイスを有効的に活用できる知識を持つ人へ認定されます。
スパイス資格詳細を見る
ハーブインストラクター認定試験
ハーブインストラクター認定試験
ハーブを生活に活かし、豊かな生活を促進させる知識・技術を持つ人へ認定される資格です。
ハーブ資格詳細を見る
食用オイルソムリエ認定試験
食用オイルソムリエ認定試験
食用オイルソムリエとは、様々な食用オイルに関する知識を有することを証明する資格です。
オイル資格詳細を見る
お肉ソムリエ認定試験
お肉ソムリエ認定試験
お肉ソムリエとは、鶏肉、豚肉、牛肉、ソーセージやハム、ベーコンなどの加工肉の違いといった、食用の肉全般に関する幅広い知識を有していることを認められた人に贈られる資格です。
お肉資格詳細を見る
ぬか漬けソムリエ認定試験
ぬか漬けソムリエ認定試験
ぬか漬けソムリエとして、ぬか漬けの歴史、ぬか漬けの作り方、ぬか床を長期使わない時の保存方法、ぬか漬けの栄養効果などぬか漬けに関する基礎知識を身に付けた方へ認定される資格です。
ぬか漬け資格詳細を見る
はちみつ美容ソムリエ認定試験
はちみつ美容ソムリエ認定試験
はちみつ美容ソムリエとは、はちみつに関する健康、美容の効果などの様々な知識を有した方に認定される資格です。
はちみつ資格詳細を見る
美塩ソムリエ認定試験
美塩ソムリエ認定試験
美塩ソムリエとは、塩に関する様々な知識を有していることを証明する資格です。
塩資格詳細を見る
出汁マイスター認定試験
出汁マイスター認定試験
出汁マイスターとは、出汁に関する様々な知識を有していることを証明する資格です。
出汁資格詳細を見る
ヨーグルトソムリエ 認定試験
ヨーグルトソムリエ 認定試験
ヨーグルトソムリエ として、ヨーグルトに関する基本的な知識を有していることを認定されます。
ヨーグルト資格詳細を見る
スープマイスター認定試験
スープマイスター認定試験
スープマイスターとして、スープの歴史、スープを食べる際のマナー、スープと器の関係、スープレシピなどスープの基礎知識から実践レベルまで十分に身に付けた方へ認定される資格です。
スープ資格詳細を見る
味噌エキスパート認定試験
味噌エキスパート認定試験
味噌エキスパートとして、味噌についての基本的な知識を有していることが認定される資格です。
味噌資格詳細を見る
チーズソムリエ認定試験
チーズソムリエ認定試験
チーズソムリエとして、チーズに関する基本的な知識を有していることを認定されます。
チーズ資格詳細を見る
山菜ソムリエ認定試験
山菜ソムリエ認定試験
山菜ソムリエとして、山菜の種類、山菜の適切な下処理、保存方法、それぞれの山菜に最適な調理方法、山菜の採り方、採れる時期、毒草など山菜に関することを十分に理解している方に認定される資格です。
山菜資格詳細を見る
きのこソムリエ認定試験
きのこソムリエ認定試験
きのこソムリエとして、日本国内のきのこを使った郷土料理、世界のきのこ料理に関する知識を有していることが証明されます。
きのこ資格詳細を見る
認定試験一覧